• ホーム
  • 音楽
  • 【動画】鬼束ちひろ、ホラー作主題歌で自虐「世間のイメージでは呪う側」

【動画】鬼束ちひろ、ホラー作主題歌で自虐「世間のイメージでは呪う側」

 歌手の鬼束ちひろが28日、都内で行われた映画『呪怨 -終わりの始まり-』の初日舞台あいさつに出席。同映画の主題歌を担当した鬼束は、「すごくうれしい」と喜びつつも、「また次もお話をいただければ、世間のイメージでは呪う側なので“呪わせて”いただきます」と自虐的に意気込み笑わせた。

 この日、サプライズで登壇して主演の佐々木希トリンドル玲奈らを驚かせた鬼束は、佐々木に花束を渡すと、「かわいいな〜」とメロメロ。「たまらんっすね。肌がめちゃくちゃ綺麗。写真集買います!」とすっかりファンになっていた。

 一方、佐々木は独特のオーラを放つ鬼束に「びっくりして、迫力にやられています」と圧倒。それでも「歌声もすごく印象的…。また共演しましょう!」と呼びかけると、鬼束も笑顔で応えていた。

 同作はハリウッドリメイクや番外編も作られた『呪怨』シリーズの劇場版第3弾。不登校の生徒の家を訪問した小学校教師が、大勢が不審死を遂げているその家の過去を追体験する恐怖を描く。

 舞台あいさつにはそのほか、青柳翔落合正幸監督、最所美咲、小林颯が出席した。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 同作で主題歌を担当した鬼束ちひろ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)最所美咲、小林颯、青柳翔、トリンドル玲奈、鬼束ちひろ、落合正幸監督

オリコントピックス