• ホーム
  • 芸能
  • 乃木坂46大和里菜、仙台市内3.6kmを完走 “復興のたすき”つなぐ

乃木坂46大和里菜、仙台市内3.6kmを完走 “復興のたすき”つなぐ

 宮城県出身の乃木坂46大和里菜が31日、東日本大震災で被災した地域を縦断して東京までたすきを繋ぐ『未来(あした)への道 1000km縦断リレー』にゲストランナーとして参加。仙台市内3.6kmを走りぬけ、見事完走した。

【写真】その他の写真を見る


 走り終えた大和は「中学生以来マラソンを走っていなくて走り切れるか不安でしたが、沿道の皆さんの応援や、一緒に走ったランナーの皆さんのおかげで走り終えることが出来ました」とほっとした様子。「懐かしい街並みを見ながら、一緒に走ったランナーの方と声を掛け合って楽しく走ることが出来ました」と笑顔で語った。

 震災で自身も被災し、祖母は津波の被害にあっていたという大和。復興に向けて「歌やダンスのパフォーマンスで、皆さんに少しでも元気や勇気を与えられる存在になりたいです」といい、「目に見える復興だけでなく、心が豊かになるような復興になるように願いをたすきにこめて、頑張って走りました」と力を込めた。

 
 到着地点には乃木坂46の永島聖羅が駆け付け「リレーで全力で頑張って走っている姿を見て感動して泣きそうになった。『よく頑張ったね』って褒めてあげたいです」と完走した大和をねぎらった。

『未来(あした)への道 1000km縦断リレー』オフィシャルページ

関連写真

  • 『未来(あした)への道 1000km縦断リレー』に参加した大和里菜
  • (左から)乃木坂46の永島聖羅、大和里菜
  • 『未来(あした)への道 1000km縦断リレー』に参加した大和里菜
  • 『未来(あした)への道 1000km縦断リレー』に参加した大和里菜
  • 走り終え、たすきを渡す大和里菜
  • 『未来(あした)への道 1000km縦断リレー』に参加した大和里菜

オリコントピックス