• ホーム
  • 音楽
  • JKT48レナ・ノザワがAKB兼任発表 海外姉妹グループから初

JKT48レナ・ノザワがAKB兼任発表 海外姉妹グループから初

 AKB48の海外姉妹グループで、インドネシア・ジャカルタを拠点に活動するJKT48のレナ・ノザワ(15)が、野澤玲奈としてAKB48を兼任することが18日、わかった。JKT48専用劇場で行われた公演でサプライズ発表された。海外姉妹グループの生え抜きメンバーがAKB48メンバーになるのは初となる。

【写真】その他の写真を見る


 両親が日本人でジャカルタ在住の野澤は、2011年11月に開催された第1期生最終オーディションに合格し、唯一の日本人メンバーとして活動開始。昨年11月にAKBから移籍してきた高城亜樹(21)と仲川遥香(21)を迎え、共にチームJのメンバーとして活動してきた。

 日本に帰国し、AKB入りが決まった野澤だが、引き続きJKT48チームJにも所属。AKBの所属チームや活動予定は詳細が決まり次第、あらためて発表される。



関連写真

  • JKT48のレナ・ノザワが野澤玲奈としてAKB48を兼任することが発表された
  • 1期生として活動してきたレナ・ノザワ JKT48劇場公演の模様
  • 1期生として活動してきたレナ・ノザワ JKT48劇場公演の模様
  • 1期生として活動してきたレナ・ノザワ JKT48劇場公演の模様
  • 1期生として活動してきたレナ・ノザワ JKT48劇場公演の模様
  • 1期生として活動してきたレナ・ノザワ JKT48劇場公演の模様
  • 1期生として活動してきたレナ・ノザワ JKT48劇場公演の模様
  • 1期生として活動してきたレナ・ノザワ JKT48劇場公演の模様
  • 1期生として活動してきたレナ・ノザワ JKT48劇場公演の模様

オリコントピックス