• ホーム
  • 音楽
  • キスマイ新曲は玉森主演ドラマ主題歌 胸キュンソングで新境地

キスマイ新曲は玉森主演ドラマ主題歌 胸キュンソングで新境地

 人気グループKis-My-Ft2の新曲「キミとのキセキ」(発売日未定)が、メンバーの玉森裕太(23)主演ドラマ『ぴんとこな』(毎週木曜 後9:00 TBS系7月スタート)の主題歌に決まったことが13日、わかった。玉森は「伝統ある歌舞伎を舞台とした連続ドラマの主演を務めさせてもらうだけでも光栄なのに、主題歌もキスマイでやらせていただけるということで本当に感謝しています」と喜んだ。

 春から制作を開始した同曲は、「切ない片思い」「10年に及ぶ純愛」「奇跡の出会い」といったキーワードを元に「大切な人と共にいるときが最高の瞬間であり、最上の幸せ」というテーマを表現。レコード会社とドラマ制作のスタッフ間で何度もやり取りし、時間をかけて完成させた。関係者は「キスマイの楽曲制作でここまで時間を要したのは初めて。いつものエッジの立ったダンスサウンドではなく、切なく胸がキュンとするようなミディアムナンバーをキスマイらしく表現すべくチャレンジした」と新境地に自信をにじませる。

 作詞作曲は、豪華制作陣が合同制作。SMAPの「Triangle」「オレンジ」を手がけた市川喜康氏、一青窈の「ハナミズキ」やEXILE、関ジャニ∞らの楽曲を手がけるマシコタツロウ氏、嵐やKAT-TUNの楽曲を多数手がけるha-j氏の3人が担当した。

 玉森は「一途に大切な人を想い続ける胸が締めつけられるような歌詞、さわやかで夏にぴったりなメロディーからなる恋愛ソング。ここまでストレートな楽曲はキスマイ史上初だと思います。聴いてくれた人の恋が実るような“キセキの曲”になるように心を込めて歌いましたので、ドラマと共に主題歌もチェックしてみてください!」とアピールした。

 キスマイはこれまでに7枚のシングルを発売しているが、そのうち玉森主演ドラマの主題歌「Everybody Go」(2011年8月発売)、「My Resistance -タシカナモノ-」(今年2月発売)はいずれも初週売上30万枚超えのヒットを記録しており、本作にも期待がかかる。同曲は、今月29日放送のTBS系音楽特番『音楽の日』で初披露予定。



オリコントピックス