• ホーム
  • 音楽
  • ホリプロ、タツノコプロの株式取得 海外市場視野に

ホリプロ、タツノコプロの株式取得 海外市場視野に

 大手芸能事務所ホリプロは13日、アニメ『科学忍者隊ガッチャマン』などで知られる竜の子プロダクション(以下、タツノコプロ)の株式13.5%を取得したことを発表した。

 タツノコプロは、創立50年を超えるアニメーション企画制作会社の老舗で、海外でも人気の『ガッチャマン』や『タイムボカンシリーズ ヤッターマン』などオリジナル作品の原作権を多く保有。一方、ホリプロはアーティストやタレントのマネージメント、映像、音楽、舞台公演などのコンテンツ制作を国内中心に行っており、両者の実績とブランド力を掛け合わし、企業価値の向上を図る。

 ホリプロは過去5年間、所属の歌手・May'nが海外でアニメソング分野のライブ実施やアニメフェスティバルに参加するなど、アニメーション産業との連携を模索してきた。今回の株式取得により、広く海外の市場を視野に入れ、日本のコンテンツやアーティストをプロモーション展開していく。

 さらに、将来的には新作アニメーションの制作を国内各メディアと共同して行い、それと連動した楽曲の制作、歌手や声優による放送地域国への現地プロモーションなどを行なっていく予定。また、これに伴いホリプロの堀義貴代表取締役は非常勤取締役に就任する。



オリコントピックス