• ホーム
  • 音楽
  • AKB48、篠田初センター曲が初日首位 初動売上歴代3位の95.9万枚

AKB48、篠田初センター曲が初日首位 初動売上歴代3位の95.9万枚

 人気アイドルグループ・AKB48篠田麻里子(25)が初のセンターを務める新曲「上からマリコ」(7日発売)が初日に95.9万枚を売り上げ、12/6付オリコンデイリーシングルランキング首位に初登場した。初日売上枚数は、前作「風は吹いている」(10月発売/初日売上104.6万枚・累積141.4万枚)、前々作「フライングゲット」(8月発売/初日102.6万枚・累積158.6万枚)に次ぎ、歴代3位の好スタートを切った。

 本作は、9月に東京・日本武道館で行われた『第2回じゃんけん大会』で優勝した篠田をセンターに、上位16人の選抜メンバーが歌唱。昨年の第1回大会で優勝した内田眞由美が初選抜・初センターを務めたシングル「チャンスの順番」(昨年12月発売/累積:59.7万枚)が記録した初日売上47.1万枚の2倍以上となる95.9万枚を売り上げた。



関連写真

  • 「上からマリコ」(通常盤Type-A)
  • 「上からマリコ」(通常盤Type-K)
  • 「上からマリコ」(通常盤Type-B)

オリコントピックス