ORICON STYLE

2006年08月09日

STACIE ORRICO ステイシー・オリコ
SPECIAL INTERVIEW
変化と進化を遂げた3年ぶりのアルバムに迫る!
日本だけで90万枚のセールスを記録したアルバム『ステイシー・オリコ』から3年。音楽活動を休んでいたステイシーが、遂にシーンに復帰。新作『ビューティフル・アウェイクニング』での変化と進化を語ってくれた。

自分で作っていた心の壁をいかにして取り払うかがひとつの課題でもあった

――3年振りだね。
【ステイシー】 そう。やっと戻って来れたわ(笑)。


――新作を完成させて、どんな気分?
【ステイシー】 素晴らしい気分よ。本当に新しい気持ちで今作に臨むことができたの。とっても私らしいアルバムよ。ソウルフルで、R&Bのテイストが前面に出ていて。歌詞はすごくパーソナル。自分が言いたかったこと、思っていたことを、ちゃんと歌えていると思うわ。


――前作を聴きなおすことはある?
【ステイシー】 この前、友達と小旅行に行ったときに、たまたま車に前作のCDがあったので聴いてみたんだけど、若いな〜って思っちゃった(笑)。気に入ってないわけではないのよ。でも、新作ほどには感情を込めることができてなかったと思う。今回はまさに今の自分、正直な自分を表現できたと言えるわ。この3年の間に、いろんな痛みも経験したからね。


――痛み?
【ステイシー】 ええ。普通、人は大人になるにつれて自立していくものよね。でも私の場合は逆で、10代の初め頃からこの世界で仕事をしていたせいか、早くから自立しなきゃって気持ちが強くて、それによって自分と周りの人との間に壁を作ってしまっていたのね。その壁を崩そうとする人がいたりすると、“かまわないで、大丈夫だから”って態度をとったりして。実はある男性とおつきあいしてね。その人は私の壁を取り払おうとしてくれたのだけど、なかなかそれに応えることができなくて・・・・・。だから、休養期間は、自分で作っていた心の壁をいかにして取り払うかがひとつの課題でもあったの。それは痛みでもあったけど、それによって成長することができたと思うわ。


もっとオープンにして、自分を正直に表現することが大切

――そうした痛みも含めて、全て表現したのが、今回のアルバムだったということ?
【ステイシー】 その通りよ。今まで私は、痛みの部分をあまり表に出さないようにしていたところがあったと思うの。でも、今はそういうところも人前に出していいんだって思っている。もっとオープンにして、自分を正直に表現することが大切だなって、そう思うの。私が好きだったアーティストも、そうやって自分の全てを音楽にして表現していたしね。


――実際、前作よりも大人っぽい音楽性に変わっているよね。ポップからR&B主体に変わって、落ち着きが出ているというか。
【ステイシー】 洗練された大人の曲を作らなきゃって意識してたわけではないけど、この3年の間に経験したことを踏まえて作ったら、自然にこういうふうになったの。で、もともとR&Bやソウルは大好きだったから。そうね、これからはもっとそっちの方向性に進んでいくと思うわ。


――ポップシンガーって言われることに抵抗があるの?
【ステイシー】 そういうわけではないけど、最近の傾向を見ていると、ポップ=セレブっていうようなイメージがあったりするでしょ?どこかのブランドと契約してたりとか、自分のテレビ番組を持っていたりとか、セレブな彼氏がいたりとか・・・・・・。私はそういうんじゃないから。そんな時間があるなら、もっといい曲を書けるように努力したいと思うほうだからね。


――なるほど。そういえば歌い方も、元気にポップを歌う感じではなくて、すごくリラックスして歌うように変わったよね。
【ステイシー】 ええ。前作のほうが力んで歌ってたわね。今回はとても自然に歌えた。これが本当の私のスタイルだって、ハッキリ言えるわ!

(文:内本順一)
COMMENT & PV
PLAY MOVIE
1. コメント映像
PLAY
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
RELEASE

ビューティフル・アウェイクニング
ステイシー・オリコ
2006/08/14[アルバム]
\1,980(税込)
東芝EMI
TOCP-66611
CDを購入する
PROFILE
1986年3月3日生まれ、米国ワシントン州シアトル出身。
1998年、コロラド州エステス・パークで開催された音楽セミナーに出席し、コンテストに出場。当時12才のオリコが優勝し、デビューのきっかけを掴む。
2000年、デビューアルバム『ジェニュイン』をリリース。ビルボードのヒートシーカーズ・チャートで1位を獲得。50万枚を売り上げる。
2001年、デスティニーズ・チャイルドのアメリカツアーのオープニングアクトを務める。
2003年8月6日、アルバム『ステイシー・オリコ』で日本デビューを果たす。3位を獲得し、日本でも90万枚を超えるセールスを記録。
2006年8月14日、アルバム『ビューティフル・アウェイクニング』をリリース。
オフィシャルサイト