ORICON STYLE

B'z「清々しく鮮やかに謡われる“覚醒した瞬間”」 話題沸騰の「さよなら傷だらけの日々よ」に続きリリースが決定したB'zの新作「Don't Wanna Lie」。今年15周年を迎えた人気アニメ『名探偵コナン』劇場版&テレビオープニングテーマにもなっている、清々しい意志の込められたミディアムチューンだ。

 スローガンと表現してしまうとやや煽動的でいかついイメージを受けてしまうかもしれないが、これはあくまでも“自分自身への誓い”という意味。ジャケットの意志が浮き彫りになったかのようなアートワークを併せて考えれば、「Don't Wanna Lie」という楽曲のタイトルは、人が誠実に真摯に生きていくうえでのとてもシンボリックな主張といえるから。そう、B'zのニューシングルは、自問自答を繰り返しながらも、心や精神の弱さや脆さを知りながらも、「人生における大切な決断をする瞬間には、自分の心に誠実に、嘘をつかずに信念を持って臨もう」と覚醒した瞬間が、清々しく鮮やかに謡われているのだ。

 しかも、「ただ誓いをたてただけの約束の歌」とは明らかに一線を画している。稲葉浩志が非常に輪郭のはっきりとした発声で届けてくれる<モーメント>というワードは、まさにこの誓いと覚醒の瞬間が、実践に移すべき状況とシンクロしていることを明確に、鮮明に描き出しているのだから。

 そして、その主人公の心をときに導き、ときに支え、ときに高揚させるような音色やフレーズを鳴り響かせているのが、松本孝弘のギタープレイ。ゆっくりとスパイラルを描くように上昇していく、3連を基調としたミディアムチューンの楽曲なのだけれど、セクションごとに表情や色彩を豊かに変化させていく、さらに躍動感を絶妙のバランスで織り込んでいく、ギターが奏でるメロディーとサウンドには、魂を震(奮)わされずにはいられない。

 人の内なるパワーを喚起させ、後押しもしてくれるような「Don't Wanna Lie」に対して、2nd beatに収められた「Homebound」は、味わい深い美しさがかもし出されている“松本バラードの王道”とも呼べるようなナンバー。豊潤な肌触りを感じるメロディーライン、芳醇な香りがフワッと立ち上がってくるような陰影に富んだサウンドスケープ――。目をそっと閉じてそこに身を委ねれば、なんともいえない郷愁感のなかで、<あなたが待っているから>という幸せの灯のような言葉が、琴線に優しく触れてくれる。ときは刻々と進み、風景はめまぐるしく変化していくけれど、決して変わることのないあたたかくも強い絆。情、そして愛の尊さがゆっくりと、じんわりと染み渡ってくるような、ハートウォームな楽曲となっている。こちらも必聴!の作品だ。

 さて、作品の発表とともに気になるのがやはりライブ。7月に遂行される北米ツアーに続き、9月から年末にかけては9本のドーム公演を含むツアー『B'z LIVE-GYM 2011』へと突入!今年の後半はライブで彩られるB'zの活動展開、さらなる吉報にも期待しつつ――まずは本シングルを体感、そして堪能していただきたい。ダブルAサイドではないのが不思議なくらい、珠玉の作品集なので。

(文:竹内美保)
リリース

Don't Wanna Lie【初回限定盤】
B'z
発売日:2011/06/01[シングル] 価格:\1,470(税込)
VERMILLION RECORDS 品番:BMCV-5018

CDを購入する(Amazon) このCDについて語ろう!

Don't Wanna Lie【通常盤】
B'z
発売日:2011/06/01[シングル] 価格:\1,050(税込)
VERMILLION RECORDS 品番:BMCV-5019

CDを購入する(Amazon) このCDについて語ろう!
プロフィール

松本孝弘/TAK MATSUMOTO
3月27日生まれ。大阪府出身
ギターおよび楽曲の作曲、プロデュースを担当

稲葉浩志/KOSHI INABA
9月23日生まれ。岡山県出身
ボーカルおよび楽曲の作詞を担当

ARTIST PAGEARTIST COMMUNITYOFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る