ORICON STYLE

2010年09月09日
 デビューアルバム『Tapestry』から半年。WEAVERが早くもニューアルバムをリリース。フジテレビ系ドラマ『素直になれなくて』(主演:瑛太、上野樹里)の主題歌「Hard to say I love you〜言い出せなくて〜」、au「LISMO!」のCMソング「僕らの永遠〜何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから〜」を含む全7曲。シンプルでいて情熱的なメッセージに溢れています。

人気&実績共に誰もが納得!最強グループの嵐が1位に!!

 2010年、もっとも愛され支持されたアーティストは人気&実績共に誰もが納得の嵐!理由は大きく分けると「歌、ダンス、トークすべて完璧なバランス力」「5人の仲の良さ」「5人5様の個性的なキャラ」の3つで、年齢を問わず全世代がまんべんなく高評価。  昨年の初TOP10入りに続き、ついに首位に輝いた。そしてそんな嵐同様、2位のいきものがかり、4位の木村カエラ、9位のスピッツと10位のYUIもまた飛躍的に票を伸ばしたランクアップ組。いきものがかりは元々10代、20代から絶大な支持があったが、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』主題歌「ありがとう」で30代、40代層の人気も獲得。TOP2の快挙を生んだ。続く木村カエラは前回38位からの大幅アップで、昨年の紅白で披露し今やウエディングソングの定番となった「Butterfly」のロングヒット。加えてこの曲を自身が地でいくおめでたいニュースで好感度が上がり、大躍進に繋がったよう。さらにスピッツは精力的なツアー活動が全世代からの人気を底上げ、YUIは昨年リフレッシュ休暇から復帰後、オリジナルとしては2年3ヵ月ぶりにリリースしたアルバム『HOLIDAYS IN THE SUN』がランキング初登場1位を記録。10代、20代の票をさらに伸ばしたことが好結果となった。  またそんなジャンプアップ組をがっちり囲い込むように並ぶ3位のMr.Children、5位のaiko、6位福山雅治、7位宇多田ヒカル、8位のB'zと、毎年確実にランクインを果たす鉄板アーティストの圧倒的な存在感ももはや貫禄のひと言。それら常連組と躍進組が僅差でぶつかり渾然一体となった今ランキングはいつも以上にバラエティに富み、まさに“激戦”といった感じ。でもそれぞれが強烈な個性を持つと同時に、2010年の“顔”であることは間違いないだろう。

(文:若松正子)

【調査方法】
雑誌『オリ★スタ』読者及び自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員にアンケートを実施、集計。

 表紙・巻頭には、『2万人が選んだ好きなアーティストランキング』でNo.1に輝いた嵐が登場!ランキングを一挙大公開&人気のヒミツも徹底解剖します!!
 BOOK in BOOKは、『'00〜'10 SINGLE・ALBUM ミリオンセラーRANKING』!00年から現在までの10年間で、ミリオンセールスを記録した作品を売上枚数でランキング!さらにここ10年でミリオンを突破した作品の雑学もあわせて紹介!

オリ★スタ
9月20日号
\420(税込)
【定期購読に関するお問い合わせ】
TEL:03−3405−8186/FAX:03−3405−0109

オリスタ >> 定期購読 >>

▲このページの最初に戻る