ORICON STYLE

2009年09月03日
収録現場オフショット映像 PV 未来予想図U
ソロデビューアルバム『つるのうた』が見事1位を獲得し、この秋からは初の全国ツアーを開催するなど、俳優・タレント活動だけでなく、“歌手”としても活動の幅を広げるつるの剛士。そんな彼の2ndアルバム『つるのおと』のPV収録現場に密着!DREAMS COME TRUEの名曲「未来予想図U」を“つるの流”に歌い上げる姿や、オフショットを大公開!
収録現場ルポ インタビュー

星空のセットを間近で見て「すげぇ!」 星空のセットを間近で見て「すげぇ!」
8月某日。東京お台場・フジテレビにほど近い湾岸スタジオにて撮影。スタジオに入ったつるのは、セットとは思えないほど奥行きのある星空に「すげぇ!」を連発。映像スタッフは前作「M」と同様に『クイズ!ヘキサゴンU』チーム。「やばくない?これ。いや、ほんとにすげー。みなさん、ありがとうございます!」と、旧知の間柄でもちゃんと感謝の気持ちを伝える彼の姿勢に感動!
“天の川”セットでの撮影はカメラ5台!
セットに広がる夜空には、今回撮影する「未来予想図U」と同じく、DREAMS COME TRUEの名曲「7月7日、晴れ」を思い起こさせる天の川が流れている。実際にセットに立ったつるのは「あれ?天地がよく分からなくなってくるね。なんか不思議な感じ」。通常のPV撮影ではカメラ1〜2台で行われることが多いが、この日は合計5台のカメラで全ての角度をフォロー。
インタビュー
インタビュー リハから全力で熱唱!
リハの段階から口パクではなく、毎回全力で熱唱するつるの。撮影現場は静かにしていなければいけないのに、歌い終わるたびに思わず拍手をしたくなるほど。この熱気と迫力は、映像を観る人にも絶対に伝わるはず。ちなみに、空調が効いたスタジオにも関わらず、3回目の撮影ですでに汗びっしょり。「本日、第1弾の“汁だれ”がきました!」というスタッフの声に、スタジオ中が笑い声に包まれる。
歌詞はバッチリ!カンペはいりません
歌詞を書いたカンペが用意されていたものの、1回もカンペを見ずに歌いきるつるのは「歌詞、完璧に覚えたよ。フェイクの位置も完璧!」と得意満面の様子。さらに、「カンペを持ってくれているADさん、今日はお休みの日にしてもいいですよ!」と自信たっぷりのひと言で、スタジオは和やかムードに。そしていよいよ撮影もラストスパート!
インタビュー
インタビュー ラストは、バックショットに“哀愁”を
前作「M」のPV収録現場に続き、今回も密着取材中の我々に対し「今回は、楽器がないから寂しいね。車からウクレレ持ってくればよかった」と気遣ってくれる。最後にバックショットの撮影を迎えると、「背中に哀愁でお願いします」という監督からのリクエストに「分かりました!」とひと言。彼の背中に哀愁がにじみ出てるかどうかは、完成したPVでぜひご確認ください!
収録現場オフショット映像 PLAY

(文:永堀アツオ)

収録現場ルポ インタビュー
PHOTO GALLERY
つるの剛士 つるの剛士 つるの剛士 つるの剛士 つるの剛士

and more・・・>>

RELEASE
つるのおと【DVD付き】
つるの剛士
発売日:2009/09/16[アルバム]  価格:¥3,500(税込)
ポニーキャニオン  PCCA-03003
CDを購入する(Amazon) 着うた配信
このCDについて語ろう
つるのおと
つるの剛士
発売日:2009/09/16[アルバム]  価格:¥2,940(税込)
ポニーキャニオン  PCCA-03004
CDを購入する(Amazon)
PROFILE
1975年5月福岡県生まれ。1997年、テレビ番組『ウルトラマンダイナ』のアスカ隊員役で出演。以降、ラジオやテレビ番組など幅広く活躍し、バンド活動も行う。
2008年、CX系バラエティ番組『クイズ!ヘキサゴンII』から生まれたユニット羞恥心でCDデビュー。「羞恥心」(最高2位)、「泣かないで」(最高2位)、「弱虫サンタ」(最高1位)のシングル3作をリリースしている。
2009年4月22日、ソロとしてのデビューアルバム『つるのうた』をリリース。最高1位。
2009年9月16日、2ndカバーアルバム『つるのおと』をリリース。
ARTIST PAGEARTIST COMMUNITYOFFICIAL SITE
過去の特集

▲このページの最初に戻る