ORICON STYLE

2009年06月24日

 7月2日より開催される『TOHOSHINKI PREMIUM SHOWCASE 2009 in OMOTESANDO』。初のイベントで販売されるグッズの制作工程とメッタに見ることできない制作会議の模様と、貴重な舞台裏をちょっと見せします!

 SHOWCASEでは、フィギュアやオリジナルのお菓子、ガチャガチャなど、ファンにとってはたまらない貴重なグッズが販売される。そのSHOWCASEで一番の目玉となる等身大のバーチャルドールとリアルフィギュア制作現場に潜入。3Dスキャンのほか、早朝よりメンバー1人ひとり、様々な方向から数人のスタッフによる写真撮影が行われた。フィギュア制作サイドによると、「正面、サイド、バック、靴のディテールまで、たくさんのカットが多ければ多いほど、再現がうまくできますね」とのこと。

 そのリアルフィギュアについて、「リアルフィギュアですよ。どうなるんでしょう〜?!」(ユンホ)「いっぱい写真を撮りましたが、写真よりもかっこいい表情で作ってもらいたいですね(笑)」(ジェジュン)と、出来上がりが楽しみだとか。会場では、等身大のものが展示され、12分の1に縮小したメンバー5人のリアルフィギュアがセット販売される。

 「屋上での撮影は、とても寒かったですね」(ジュンス)「寒すぎて鼻水が・・・風邪をひかないといいけど・・・」(ジェジュン)と、同日強行スケジュールの中、ツアーパンフレットの撮影も決行。吹き抜けになっている屋上での撮影中、「僕、高いところぜんぜん平気なんですよ!」と楽しそうにするジュンス。他のメンバーも平気なのか、「ムリ、ムリだから〜高いところが苦手なんだよ」というスタッフと一緒に、無邪気にジャレ合う姿に、メンバー&スタッフが本当に仲が良いことがうかがえる。

 来月行われる初の東京ドーム公演については、「実際に東京ドームのステージに立ったことがないので、どんな感じになるかわからないけど、やっぱり感動すると思います。早くライブをやりたいですね」と、意気込みを語るユンホ。

 撮影も終盤に差し掛かり、「あともう少し残っているけど頑張ります」(ジェジュン)「今日は、たくさん写真を撮りましたねぇ〜。でも実はこの後、ダンスリハーサルがあるんですよ!終わったらラーメンが食べたいですね」(ユチョン)と、疲れを見せず頑張るメンバー。忙しいスケジュールをぬって終日行われた撮影、本当にお疲れさまでした!

  ジュンス        ユチョン       ジェジュン      チャンミン       ユンホ

開催日時:7月2日(木)〜7月6日(月)
SHOWCASE 001 会場:原宿クエストホール
SHOWCASE 002 会場:表参道ヒルズ 本館B3F スペース オー
入場料:\500(税込)【2会場共通パス】
※チケットは当日券のみの販売となります。
※当日券の販売は原宿クエストホールのみとなります。

Stand by U【CD+DVD】
東方神起
発売日:2009/07/01[シングル] 価格:\1,890(税込)
rhythm zone 品番:RZCD-46210/B

Stand by U【CDのみ】
東方神起
発売日:2009/07/01[シングル] 価格:\1,050(税込)
rhythm zone 品番:RZCD-46287

 ジュンス(シア)、ユチョン(ミッキー)、ジェジュン(ヒーロー)、チャンミン(マックス)、ユンホ(ユノ)の5人組。
“東方の神が起きる!”という意味で、韓国をはじめとするアジア全域から世界にその名を広げられるグループとして名付けられる。
2004年2月、韓国でデビュー曲「HUG」をリリースすると同時に、一躍コーラスグループとして絶大な支持を受ける。
2004年11月25日、シングル「HUG〜来日記念シングル〜」で待望の日本デビュー。
2006年3月23日、アルバム『Heart,Mind and Soul』をリリース。
2007年3月14日、アルバム『Five in the Black』をリリース。
2008年1月23日、アルバム『T』をリリース。
2009年3月25日、アルバム『The Secret Code』をリリース。
2009年4月22日、シングル「Share The World/ウィーアー!」をリリース。
2009年7月1日、シングル「Stand by U」をリリース。

【関連リンク】
■アルバム『The Secret Code』&シングル「Share The World/ウィーアー!」インタビュー
  『最新アルバムの制作秘話から女性観まで密着!』(2009/04/01)
■アルバム『T』インタビュー
  『いろんな意味で成長した最新アルバム!』(2008/01/23)
→ その他特集&インタビュー 一覧はこちら

▲このページの最初に戻る