2009 卒業ソング決定版!皆の心に沁みる定番の卒業ソングは?!

それぞれの思い出とリンクする曲がランクイン

 数ある卒業ソングの中から1位に選ばれたのは、レミオロメンの「3月9日」。「卒業式の雰囲気にとても合っていて、感動的」(京都府/20代/男性)というのはもちろんだが、「卒業式にみんなで歌った思い出の曲だから」(千葉県/10代/女性)というように、10代〜20代にとっての定番の卒業ソングとして定着しているようだ。これに対し、2位と3位には、30代以上の人にもなじみ深い懐かしい曲が並んだ。海援隊の「贈る言葉」は、今から30年も前に発表された曲でありながら、「時代が変わっても伝わる歌詞だと思う」(東京都/10代/男性)。松任谷由実の「卒業写真」も「いろいろな人がカバーしている名曲。心にしみてくる」(東京都/20代/男性)と今でも卒業ソングとして輝き続けている。

 4位にランクインしたのは、学校で取り組むことも多い合唱曲「旅立ちの日に」。「男女混合三部合唱という正統派の合唱曲で、ある程度練習が必要だからこそ、みんなで取り組む最後のイベントという感じがして感動する。ラストのサビを繰り返すところで必ず泣ける」(滋賀県/20代/女性)というように、皆で練習して歌う曲は思い出に残るはず。 5位は「桜ソングの火付け役」(北海道/10代/女性 )ともいうべき森山直太朗の「さくら(独唱)」。確かにこの曲以降、様々なアーティストが桜に関する曲を次々と発表し、新たな桜ソングや卒業ソングが生まれた。「SPEED世代だったので、卒業っていうとこの曲」(三重県/20代/女性)と、20代の男女に圧倒的な人気だったSPEEDの「my graduation」は6位。7位から9位には個性の違う男性アーティストの曲が並んだ。コブクロの「桜」は「卒業というキーワードに対して、歌詞がとても共感できる部分が多いから」(兵庫県/20代/男性)、尾崎豊「卒業」は「永遠の卒業ソング。いつ聴いてもあたたかくて切ない」(滋賀県/20代/男性)、EXILE「道」は「PVが学生生活の思い出を思い起こさせる」(岐阜県/20代/女性)と、それぞれの“卒業”への思いを代弁してくれる曲として選ばれた。そして10位は「学校、先生、友達に感謝している歌だから」(千葉県/20代/男性)で、お父さんお母さん時代からの定番曲「仰げば尊し」がランクイン。卒業ソングは、きっとどの曲にも、たくさんの思い出と“ありがとう”の思いがつまっているはずだ。

勇気や元気をくれそうなアーティストに人気集中

 最近ではこれも定番となった卒業式ライブ。すべての学校で行なわれているわけではないが、希望のアーティスト1位はコブクロ。その理由は「「桜」や「Yell」など、卒業や新たなスタートを応援してくれる曲がたくさんあるから」(鳥取県/20/代男性)。2位はいきものがかりで「盛り上がれる曲と、しっとり聴ける曲があるから」(神奈川県/10代/女性)。3位のMr.Childrenは「詩、歌、演奏とかすべてにおいてパーフェクトだからきっと一生の思い出に残ると思う」(沖縄県/20代/女性)と、欲張りな(?)生徒たちの希望をかなえてくれそうなアーティストに人気が集中。

 4位のYUIには「ギター1本で歌って欲しい」(神奈川県/20代/女性)と、アコースティックライブを期待する声多数。5位は卒業の定番ソングで1位に輝いた「3月9日」のレミオロメン。やはりここでも「「3月9日」を歌ってほしい」(愛媛県/10代/男性)という人が多かった。6位のチャットモンチーは「歌詞が等身大で親近感がわくし、3人のまったりした雰囲気が卒業式にぴったり」(静岡県/10代/女性)と、学生と同世代の感覚に支持が集まった。

 7位〜10位には、別れの涙だけではなく、新しい門出に勇気や元気をくれそうなアーティストが選ばれた。7位のGReeeeNは「前向きな応援歌的な内容の歌が多い」(東京都/20代/男性)、8位のEXILEは「かっこいいいし、男女共に人気があって、盛り上がる曲が多い」(東京都/10代/女性)、9位のゆずは「2人の絶妙なデュオで盛り上げてくれそう」(神奈川県/10代/女性)。

 結論として、皆が卒業式に来てほしいアーティストに望むものは、1位のコブクロと10位FUNKY MONKEY BABYSに対する同じコメントに集約されている。「しっとりした曲から、盛り上がる曲まで幅広い」(三重県/20代/男性)。しっとりと盛り上がりの両方ある卒業式は、きっと思い出深いものになるはずだ。

(文:内山磨魅)
【調査方法】
2009年2月12日〜2月17日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、10代、20代の男女、各250人、合計1000人にインターネット調査したもの。
この春オススメの最新卒業ソング
人気若手俳優の田中圭が甘酸っぱい恋を熱演!青春ラブソングの決定版!

school life
KAME&L.N.K
発売日:2009/02/18 [シングル] 価格:\1,000(税込)
EMIミュージック・ジャパン 品番:TOCT-40245

 タイトル曲「school life」は、学生時代の純粋な片思いの恋と日常を歌った青春ラブソングで、本人の実話をもとにしたリアリティある歌詞が、誰にでも経験のあるせつない思い出とオーバーラップしてストレートに胸に響く。PVは、ケツメイシ「さくら」コブクロ「赤い糸」のPVを手がけた山口保幸が監督、ドラマ『ウォーターボーイズ』などで人気の若手俳優・田中圭が主演という豪華な内容で、甘酸っぱく、せつない歌の世界を表現する。またPVやジャケットに登場するキャラクター“こいくま”は、恋が叶うお守りとして中高生に大人気。話題満載の1枚だ。

皆で歌う卒業ソング

桜ノ雨
absorb/absorb feat.初音ミク
発売日:2008/11/26
[シングル]
価格:\1,200(税込)
日本クラウン
品番:CRCP-10209

男の友情ソング決定版

親友よ
湘南乃風
発売日:2009/02/25
[シングル]
価格:\1,260(税込)
トイズファクトリー
品番:TFCC-89272

 全国40校以上の学校からの問い合わせも殺到した、“初音ミク”こと、ボーカロイドソフトの声をフィーチャーしたニコニコ動画発の話題曲。

 不器用だがまっすぐな男の魂がこもった友情の歌は、明日に立ち向かう勇気をくれる。話題の映画『ドロップ』の主題歌。

カラオケ熱唱ソング!

泪のムコウ
ステレオポニー
発売日:2009/02/11
[シングル]
価格:\1,223(税込)
ソニー・ミュージックレコーズ
品番:SRCL-6947

友達への贈り物に最適!

卒業のうた
オムニバス
発売日:2009/02/25
[アルバム]
価格:\2,625(税込)
エイベックス・トラックス
品番:AVCD-23756

 ルックスもサウンドもハイレベルな女の子3人組の新曲。弾けるサウンドとキャッチーなフレーズに思わず口ずさみたくなる。

 懐かしの名曲から新たな定番まで、“卒業”にまつわる曲ばかりを集めた、今までありそうでなかったコンピレーションアルバム。

過去の特集