ORICON STYLE

2009年01月14日

  • PAGE1

 特番続きだった年末年始も一段落し、世の中が再びいつもの姿に戻り始めた。2009年最初のドラマ枠に収まったのはどんな作品なのか、どんな歌が盛り上げてくれるのか。映画との連動、スペシャル編を経てのレギュラー版スタート、豪華な顔ぶれで製作された開局○○周年記念ドラマなど、話題満載の今シーズンを曜日ごとに見ていってみよう。

話題の新曲をドラマでチェック!
GReeeeN
ROCK‘A’TRENCH

 月曜日といえば何といっても“月9”。CX系月曜9時の『ヴォイス〜命なき者の声〜』(1月12日スタート)は、人の“死”から受け止めたことを残された者たちへの“生”につなげていこうと葛藤する医大生の姿を描いた、ヒューマニズムに満ちたストーリー。大河ドラマ『篤姫』でさらに演技の幅を広げた瑛太が月9初主演でどんな輝きを放つか、見ものだ。そして、数々のヒット曲を生んだ月9の主題歌に今回抜擢されたのはGReeeeN 。昨年の「キセキ」「君想い」に続くドラマ主題歌「刹那」は、超話題枠でのオンエアということで再びヒットの予感。この曲もじっくりと噛みしめてみたい。

 火曜日に放送されるドラマは3本。1月13日から火曜9時の“定番”となるのがCX系『メイちゃんの執事』。近年注目度を高めている“執事”モノだが、この作品のポイントは、生徒一人ずつに優秀なイケメンの“執事”が付くスーパーお嬢さま学校が舞台という『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』の執事バージョン的な存在。榮倉奈々演じるメイに仕える執事・理人に水嶋ヒロ。他にも、佐藤健向井理阿部進之介などイケメンがズラリ。疾走感と切なさが綯い交ぜになったROCK‘A’TRENCH (ロッカトレンチ)の主題歌「My Sunshine」がこのファンタジーをさらに加速させる。

 KAT-TUN亀梨和也が主演するNTV系『神の雫』(1月13日スタート)は火曜10時から。ワイン評論家の父が残した謎めいた遺書をきっかけに、天才的な嗅覚を持つ主人公がワインに目覚め、遺産を狙う義兄と対決するという原作コミックは、日本と韓国でそれぞれ200万部以上を売り上げたほか、ワインの本場であるフランスでもニュースで取り上げられた話題作だ。主題歌もKAT-TUN の「ONE DROP」に決定。イチ早くチェックするためにも火曜10時はNTV系にロックオンするしかない?

音楽が“不可能”を“可能”に!?
MiChi MiChi

その火曜10時枠に関西テレビ・フジテレビ系でオンエアされるのが、関西テレビ開局50周年記念ドラマ『トライアングル』(1月6日スタート)。25年前に少女が殺害された事件を軸に、さまざまな人間模様が交錯する大型サスペンスは、東京、大阪、パリ、上海を舞台に壮大なスケールで描かれる。謎が謎を呼ぶスリリングな展開と江口洋介稲垣吾郎広末涼子相武紗季堺雅人風吹ジュン北大路欣也といった豪華すぎるキャスティングで話題を呼ぶことは必至。さらに、エンディングを盛り上げるのが小田和正の書き下ろしナンバー「さよならは言わない」。小田の透明感あふれる歌声が炸裂する感動の1曲。全てが破格の内容だ。

 水曜日のNTV系に菅野美穂が登場。“働きマン”だった彼女が今回挑むのは“刑事”。1月21日にスタートする『キイナ−不可能犯罪捜査官−』(水曜10時)は、捜査一課の刑事キイナが、常識では考えられない不可能な犯罪に立ち向かい、女性ならではの観察眼とひらめきを発揮して解決に導く物語。世界で実際に発生した現象や事件を題材としているという点でも、多くのミステリーファンに支持されそうだ。主題歌はMiChiの2ndシングル「ChaNge the WoRLd」。KDDI『au Smart Sports』のCMで話題になったデビュー曲の「PROMiSE」の勢いを受け継いだポジティブなポップスが“不可能”を“可能”にする。

(文:田井裕規)

⇒ 次のページへ

▲このページの最初に戻る