ORICON STYLE

2008年07月23日

早摘み!早すぎ!? 2008年はこのコがくる!! 金のタマゴ発掘隊

File.21 田中あさみ

 2007年にファッション雑誌『SEVENTEEN』のミスセブンティーンに輝いた田中あさみちゃんは現在15才。8頭身のスタイルはもちろん、笑顔がキュートな彼女は、現在公開中の映画『ジャージの二人』でも瑞々しい存在感を放つ。“ポスト広末”の呼び声高い、期待の新星に注目!!

【人物紹介】自分にはムリだと思ってました

  長野在住で仕事のたびに上京している、現在中3の田中あさみちゃん。「長野は夏も涼しいほうですけど、冬が厳しくて。雪かきもしますよ。スコップで雪を道の両脇にきれいに固めるのが得意です(笑)」とにこやかに話す。

 芸能界に憧れを持ったきっかけは、小4の頃に観た映画『ハリーポッター』。「お話の中だけでも魔法使いになれたりするのは素敵だなって。単純なんですけど(笑)。でも、自分にはムリだと思ってました」

 素朴さを残しつつ光り輝くようなルックスは、誰が見てもスター性十分だが、本人は「普通に高校に行って、就職するつもりでした」という。だが、友達が持ってたオーディション雑誌をたまたま見て、ファンだった戸田恵梨香さん所属の現事務所の募集を発見。「やってみようかな」と応募。見事合格して、昨年夏には雑誌『SEVENTEEN』のグランプリに輝いた。

 仕事を始めてからも続けたのが、部活のバレーボール。「一度は辞めたんですけど、やっぱり恋しくなって戻りました(笑)」。夏前の最後の大会で強豪に敗れて引退したが、「クサイんじゃない?ってぐらい、抱き合って大泣き(笑)。部活でしか学べないことがたくさんあったので続けて良かった」と満足そう。

 質問の受け答えの中でも、真面目でしっかりとした素顔がのぞくあさみちゃん。高校受験を控え「“帰りにカラオケ行こう”とか、女子高生らしい会話をするのが夢です(笑)」とニッコリ。「自分がこれからどうなるか、イマイチ分からなくて」と言いながらも、女優としては「特定のイメージがなくて、“どんな役でも似合うね”と言われるようになりたいです」と、高い理想を持っている。

【ブレイクポイント】まず台詞を全部覚えられるか心配で

 「人生が変わりました。自分が映画に出るなんて、2年前は思いもしなくて」とあさみちゃんが語るのが、スクリーンデビュー作となった映画『ジャージの二人』。父親と母違いの兄と共に、夏休みを北軽井沢で過ごす女子高生・花子を演じた。「話の順番通りに撮影をしていると思っていたし、同じシーンを何度も撮る意味も分からない、完全な素人でした」と振り返る。

 「雑誌の企画でニューヨークに行った帰りに、直接軽井沢に入って撮影だったんです。まず台詞を全部覚えられるか心配で・・・ニューヨークのホテルでは、他のモデルの子に頼んで、ひたすら台詞合わせをしてました」

 特に印象深いというのが、滝つぼでの兄との会話。「兄といっても母違い。微妙な距離感があるけど、でも、ディープな話も持ち出す場面。少しずつ心を開いて距離が縮まるのを表現するのが、難しかったです」

 初演技の中で「会話のテンポがつかめてきました」とも。「普通に話すときは、言葉が出るまで多少“間”がありますよね。演技だと次に来る台詞も分かってるけど、自然に見せるには間が大事。相手の言葉を聞いてから次……というテンポが、自分の中でだんだん分かってきました」と、芝居の流れに自然に身を任せる演技でのカンの良さを感じさせた。

 「終わり頃に花子のことがつかめてきて、もっと撮影が続けば、もっとできたのに」との想いもあるそうだが、経験を生かす機会は今後いくらでもありそうだ。

(文:斉藤貴志)
田中あさみの写真
プロフィール主な出演作品注目★初主演映画

【名 前】 田中あさみ ASAMI TANAKA
【生年月日】 1993年06月06日
【出身地】 長野県
【身 長】 165cm
【血液型】 A型

OFFICIAL SITE
PRESENT
田中あさみ直筆のサイン付きポラロイド

直筆サイン入りポラロイド写真を
限定2名★読者プレゼント!

とにかくきらきらとした笑顔がキュートなあさみちゃん★インタビュー中もその笑顔を絶やさず、仲良しのお兄さんとのエピソードも披露してくれました!インタビュアーからは「数年内での大ブレイクは間違いないですね」とのコメントも!!

多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ

金のタマゴ発掘隊 ブレイク必須のイケン君と美少女は、ここを見れば間違いナシ!!一覧ページでまるごとチェック!
最新のバックナンバー
山本ひかる
Vol.44 山本ひかる
金澤美穂
Vol.43 金澤美穂
岡本 玲
Vol.42 岡本 玲
山下リオ
Vol.41 山下リオ