ORICON STYLE

2008年07月09日

早摘み!早すぎ!? 2008年はこのコがくる!! 金のタマゴ発掘隊

File.19 小野恵令奈

 等身大の“可愛い妹”的存在として、AKB48・チームKのなかでも圧倒的な支持を集める小野恵令奈ちゃん。2007年には映画デビューも果たし、今後は「女優としてもアイドルとしても活躍したい」と意欲的に語る14才の素顔に密着!

【人物紹介】AKBに入ったのは運命なんです!

 恵令奈ちゃんの愛称は“えれぴょん”。「ぴょんぴょん跳ねているから“ぴょん子”と呼ばれていたんですけど、ペットの犬にその名前を取られてしまって(笑)。AKB48に入ったときに“えれぴょん”になりました」

 妹系の愛らしさからチームK屈指の人気者の彼女が、AKBのオーディションを受けたのは小学6年のとき。「エレナがAKBに入ったのは運命なんです」という。「まず、いつもは夜11時に寝るのに、たまたま夜更かしして深夜テレビをつけたんです。そしたらAKB48出演の番組が放送中で、しかもオーディション告知。『応募したほうがいいよ』って声が聞こえました(笑)」と振り返る。

 翌日にはランドセルを背負ったまま本屋さんに行き、片っ端から応募方法を探したんですけど結局分からなくて。ただ、秋葉原のドン・キホーテの8階に劇場があると書いてあったから、またまたランドセルのまま電車で秋葉原まで行きました(笑)」。受付でいきなり「応募したいんです」と告げると、すでに1次審査が終わっているからムリだと断られて…。 「それでも『どうしても受けたいんです』と粘ったら、偉い人が話を聞いてくれて。『特別に2次審査から受験してもいい』と許可をいただけたんです!」

 度胸を買われたようだが「普段はそんな行動は全然しません」とも。最近では個人で映画『ひぐらしのなく頃に』に出演。「ホラーは自分で観るとお風呂に入れなくなるから、厄介なんです(笑)」と言いつつ、グループを離れた仕事で刺激を受け、メンバーやスタッフに「ちょっと大人になった」と言われるように。

 将来の目標は女優だが、バラエティにも意欲的。「しゃべるのが好きなんです。うるさいと言われるんですけど(笑)」と、どこまでも元気いっぱいだ。

【ブレイクポイント】カメラの向こうにお客さんがいっぱいいる

 「昔からヘナチョコ踊りしかできなくて(笑)、ダンスはみんなに全然ついていけませんでした」というえれぴょん。直談判が実って受けたオーディションのダンス審査でも出題された課題がこなせず、“できる子が受かるんだ”と思って落ちこんだという。「“できない子の成長を見たい”ということで選んでもらえたのかも?」と、合格理由を振り返る。

 それからレッスンを重ね、選抜メンバー入りを果たし、初めてレコーディングに加わったのがメジャーデビューシングル「会いたかった」。そして、初のPV撮影に挑戦。「すごく緊張したし、チームAの先輩たちのように上手にできず『もうちょっとアゴを引いて』とか何度も注意を受けました」

 だが、2ndシングル「制服が邪魔をする」では、「だんだんPVでのコツがつかめてきて」と、自分の成果を実感できるように。その“コツ”とは・・・。

 「前はカメラをうまく見られなくて、監督さんに『もっと笑って』とか言われると、そちらに目線が行っちゃっていたんです。でも、劇場でお客さんの前で歌うのに慣れてきたからか、“カメラの向こうにお客さんがいっぱいいる”と思えるようになって。そうしたら、自然とカメラを見られるようになりました」。PV撮影だけでなく、テレビに出演するときも「緊張はしますけど、カメラは見られます」と、日に日に成長を遂げているえれぴょんだ。

(文:斉藤貴志)
小野恵令奈の写真
プロフィール主な出演作品注目★冠番組

【名 前】 小野恵令奈 ERENA ONO
【生年月日】 1993年11月26日
【出身地】 東京都
【身 長】 149.5cm
【血液型】 A型

OFFICIAL SITE
PRESENT
小野恵令奈直筆のサイン付きポラロイド

直筆サイン付きポラロイド写真を
限定2名★読者プレゼント!

少し鼻にかかる甘い声が愛らしいえれぴょんは、まさに“可愛い妹”的存在。写真の背後にある番宣ポスターを指差しながら「私の唇はどれかなぁ〜」と1人クイズをする姿がキュート☆

多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ

金のタマゴ発掘隊 ブレイク必須のイケン君と美少女は、ここを見れば間違いナシ!!一覧ページでまるごとチェック!
最新のバックナンバー
山本ひかる
Vol.44 山本ひかる
金澤美穂
Vol.43 金澤美穂
岡本 玲
Vol.42 岡本 玲
山下リオ
Vol.41 山下リオ