ORICON STYLE

2008年04月23日

早摘み!早すぎ!? 2008年はこのコがくる!! 金のタマゴ発掘隊

File.09 加藤慶祐

『仮面ライダーキバ』で、仮面ライダーイクサに変身する名護啓介を演じている加藤慶祐くん。自信満々過ぎなところはありつつカッコイイとの評価のわけは、彼自身の正統派なイケメンぶりと相まってのこと。さらに花王CM『メンズビオレ』でもさわやかな笑顔を見せる慶祐くんの意外な素顔に密着!!

【人物紹介】僕自身は名護啓介のキャラとは正反対

 「トランポリンでジャンプして石がいっぱいある道に転がったりしても、怖さは全くありません。ちゃんと形になっているかが気になるだけ。楽しいです。スポーツをやってたからですかね?」と『キバ』でのアクションシーンについて、語る慶祐くん。そのスポーツとはテニスだった。「中1から始めて、週5日、学校の後でテニススクールに通ってました。高校も通信制にして、朝から晩まで練習の2文字。遊んだ記憶はほぼありません」。折り目正しいたたずまいは今もスポーツマンらしさを感じさせる。

 実は慶祐くん、テニスの県大会で2位に入る実力者だったが、膝のケガによりテニスの道を断念したのだ。「ショックでした。けど、僕の場合はそれを引きずるより“なら、次はドコに行こうか”と考えるタイプなんです」

 2006年のデビュー以来、学園のプリンスやクールな2枚目といった役柄が続いている。「でも、僕自身は名護啓介のキャラとは正反対です。普段はうるさいし、ゲラゲラ笑ってばかり(笑)。『キバ』の撮影現場では役とのギャップが一番大きいと、みんなに言われます」。

 その一方、「人前で疲れているところを見せたくない」さらに「自立心はすごく強いと思う」と自分を分析。デビュー当初から「10代のうちに子供たちのヒーローをやって、その後に等身大の青年役をやりたい」と考えていたとか。「だから、この1年はヒーローでしかできない経験をして、いろんな感情を出せるようにしたいです」。端正な顔立ちに、クレバーさと意志の強さが感じられた。

【ブレイクポイント】『イケパラ』で先輩から学んだこととは?

 デビュー1年で、TX系ドラマ『ハッピィ★ボーイズ』、映画『タクミくんシリーズ』など大きな役を手にした慶祐くんだが、一番刺激を受けたのはCX系ドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』だという。

 「あのメンバーの中では、すごく刺激を受けました。演技に対する姿勢とか。みんなで“こうすれば面白いんじゃないか?”って、アイディアを出し合って。それぐらい考えて演じないとダメなんだ、と思いました」。

 イケメンブームを巻き起こした『イケパラ』。でも、慶祐くんには「カッコつけるんじゃなくて、表情や感情で役の幅を広げることを学んだ」という印象が強いそう。「小栗旬くん、生田斗真くん、水嶋ヒロくん・・・すごく色々な表情をするんですよ(笑)。そしてそれを映像で見るとカッコいいし面白い。自分もそうならなきゃと」

 そして『キバ』に入ってから、自分の殻が破れてきたとも。「今は何をするにも思い切りが良いです。人前で叫ぼうが、セリフでおかしなことを言ってようが。テレビを観る人がどう思うか考えながらやるのが、すごく楽しいんです」

(文:斉藤貴志)
(写真:小林ばく)
加藤慶祐の写真
プロフィール主な出演作品エリートハンター「名護啓介」に注目
加藤慶祐の写真

【名前】 加藤慶祐 KEISUKE KATO
【誕生日】 1988年9月2日
【出身地】 埼玉県
【身長】 183cm
【血液型】 O型

OFFICIAL SITE
PRESENT
加藤慶祐直筆のサイン付きポラロイド

直筆サイン付きポラロイド写真を
限定2名★読者プレゼント!

カメラを向けるとクールにポージング。ですが・・・サインを書き込むペンを持った途端に「頭に“ナイス”とか書いちゃおうかな。小島よしおみたいに」と、19才らしいあどけない表情がこぼれていました。

多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ

金のタマゴ発掘隊 ブレイク必須のイケン君と美少女は、ここを見れば間違いナシ!!一覧ページでまるごとチェック!
最新のバックナンバー
山本ひかる
Vol.44 山本ひかる
金澤美穂
Vol.43 金澤美穂
岡本 玲
Vol.42 岡本 玲
山下リオ
Vol.41 山下リオ