心弾むウキウキ季節の到来!日本の春といったらやっぱり“桜”と“お花見”!

桜ソング&一緒にお花見に行きたい●●特集

桜ソングと言って思い浮かぶ曲ランキング
順位 タイトル/アーティスト名
1
コブクロ
2
森山直太朗
3
インタビュー
ケツメイシ
4
特集
福山雅治
5
インタビュー
いきものがかり
6
7
インタビュー
いきものがかり
8
244 ENDLI-x
9
インタビュー
YUI
10
河口恭吾
桜ソング躍進のきっかけとなった曲は?!

 日本には四季があり、自然が描き出す色彩とともに人々は季節の移ろいを実感してきた。そのなかでも多くの人が待ち焦がれるのが、桜の開花である。考えてみれば、ニュースをはじめとする報道番組がこぞって“開花までのカウントダウン”を逐一報告するような花なんて世界中捜しても他には例がない。この花が日本人にとって、いかに特別なものかを教えてくれる“証拠”と言っていいだろう。それだからこそ、桜にまつわる歌に対しても人々の思い入れは深く強いものがある。いうなれば、ここに掲載された作品たちは日本人の心が選んだ10曲でもあるのだ。

 トップはコブクロの「桜」。でも、この曲の中の「桜」は、春に咲く、満開の「桜」ではなく、“その時”のために土の中で準備している冬の「桜」です。「桜」の儚さ、切なさを重ねて描写した鮮やかすぎる表現力は、これが“原点”というコブクロの類まれな才能を改めて感じさせもする。「今までに数え切れないくらいこの曲を聴いたし、何度聴いても飽きない名曲だと思うから」(群馬県/10代/男性)「私が卒業する時に全校生徒で歌った曲でもあり、思い出が詰まった曲です」(埼玉県/10代/女性)。桜が繰り返し花を咲かせるように、春が来るたびにその人の心の中でこの曲が流れ、人生の糧となっていく。スケールの大きな曲に人気が集まった。

 このランキングにはいずれも2000年以降、すなわちここ10年以内のヒット曲が並んでいるのだが、そんな桜ソング躍進のきっかけとなった作品といえば、森山直太朗の「さくら(独唱)」だろう。「桜ソングといったらこの曲が火付け役じゃない

でしょうか」(東京都/20代/女性)「桜ソングは売れる、というのを先駆けた曲だと思うので」(兵庫県/10代/女性)という評価は、J-POPに桜の美しさをもたらしてくれたナンバーとして、これからも生き続けていくはずだ。

 上位2曲が“卒業”のイメージを色濃く宿しているのに対し、桜をモチーフに男女の出会いと別れを鮮やかに描いたのがケツメイシの「さくら」だ。ドラマを観ているようなPVも話題となったが、「桜の時期に、この曲で出会い、別れをともに経験したから」(東京都/20代/男性)など、自身の恋の思い出をダブらせている人も少なくない。情景と心理が絶妙にシンクロした傑作と言えるだろう。

 福山雅治の「桜坂」は、実在の場所を扱った歌であり、厳密には桜ソングという部類には入らないのかもしれないが、「春を代表する大ヒット曲だから」(京都府/10代/男性)と、そこに描かれた恋愛模様や作品の発売時期が4月だったこともあって、多くの人に桜ソングとして認知されている。

 「SAKURA」に続いて「花は桜 君は美し」もランクインしたいきものがかりにも注目したい。「SAKURA」の鮮烈な印象を乗り越えて、2曲目の桜ソングを築き上げた実力は本物。今後も桜ソング発信バンドとして期待大だ。

桜
この作品について語ろう
さくら(独唱)
この作品について語ろう
さくら
この作品について語ろう
桜坂
この作品について語ろう
SAKURA
この作品について語ろう
一緒にお花見に行きたいアーティストランキング
コブクロ 順位 アーティスト
1
2
3
4
5
一緒にお花見に行きたいお笑い芸人ランキング
小島よしお 『第45回ゴールデン・アロー賞』授賞式 順位 お笑い芸人
1
2
3
4
5
一緒にお花見に行きたい女優ランキング
新垣結衣 主演映画『フレフレ少女』記者会見 順位 女優
1
2
3
4
5
一緒にお花見に行きたい俳優ランキング
玉木 宏 映画『KIDS』初日舞台挨拶 順位 俳優
1
2
3
4
5
ベテラン、実力派を抑えて若い世代に人気が集まった

 桜にちなんで、一緒にお花見に行きたい人物をアーティスト、お笑い芸人、女優、男優の各部門で集計した。なかでも興味深いのはお笑い芸人で1位に選ばれた小島よしお。水着姿が衝撃的という評価がついて回る彼だが、花見という賑やかな席において、名だたるベテラン、実力派を抑えての高い人気となった。「まだまだテレビで見せていない面白い部分があるように思うから」(愛知県/20代/男性)。花見に海パンというミスマッチも彼ならでは、といったところだろうか。俳優部門は男性も女性も若手がズラリと並んだ。回答者と同じ世代ということもあるだろうが、“無礼講”の場に“重鎮”がいると気を遣ってしまうからなのかも。

(文:田井裕規)
【調査方法】
自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】による全国の10代、20代の男女、計1,000人にインターネット調査したもの。