ORICON STYLE

2008年03月19日
出会いと別れの季節!春といったらやっぱり恋

遠距離恋愛&春恋ソング特集

遠距離恋愛ソングランキング
順位 タイトル/アーティスト名
1
インタビュー
青山テルマ feat.SoulJa
2
インタビュー
SoulJa
3
RADWIMPS
4
インタビュー
絢香
5
DREAMS COME TRUE
6
インタビュー
スキマスイッチ
7
レミオロメン
8
山下達郎
9
ゴスペラーズ
10
HY
最強遠距離恋愛ソングの誕生・・・?!

 第1位は、この冬のラヴァーズソングの決定版ともいえるほど大ヒットを記録した、青山テルマ feat.SoulJaの「そばにいるね」。「女性側からの目線での歌詞と、男性側からの目線での歌詞と、それぞれがすごく切なくて、まさに遠距離恋愛にピッタリの歌」(千葉県/10代/女性)など、寂しさを隠し強がってみせる女性のけなげな姿が、多くの共感を集めたが、この曲が起用され、現在オンエア中のNTT DoCoMoのCMの映像が“遠く離れて暮らすあの人に”といったニュアンスを醸し出しているというポイントも加わって、人々の脳裏に鮮烈に焼きついたのだろう。

 さらに2位には、その「そばにいるね」を生み出すきっかけにもなったロングヒットナンバー、SoulJaの「ここにいるよ feat.青山テルマ」がランクイン。「すごく歌詞が切なく、胸をうたれた」(千葉県/20代/男性)。まんま遠距離恋愛を映像化したPV、SoulJaの実体験に基づいた複雑な男心を歌った詞など、自分の想いをダブらせやすい素材が揃ったことも大きい。「そばにいるね」に気持ちを乗せる女性、「ここにいるよ」に本音をぶつける男性。昨年から今年にかけて生まれたこの2曲が、21世紀の“最強!遠距離恋愛ソング”として君臨し続ける可能性はとても強い。

  3位には、昨年人気に火がついたロックバンドRADWIMPSのアルバムから、そのものズバリのタイトル「遠恋」がランクイン。「遠距離恋愛の歌を作ってください」というファンの要望から誕生した曲だが、「遠距離恋愛の歌だけれども、前向きな歌であるから」(神奈川県/20代/女性)と、アップテンポで明るい曲調に惹かれたという意見が目立った。

 4位は絢香の「三日月」。この楽曲は、遠距離恋愛をテーマにしているが、絢香自身が上京時に綴った地元の大切な人たちへの想いも込められている。

 若手アーティストの楽曲が並ぶ中、5位にはベテランDREAMS COME TRUEの「大阪LOVER」がランクイン。テーマパークのアトラクションの為に書き下ろされたこの曲は、関西弁を使用した歌詞が話題となった。

 “遠距離恋愛”は誰もが必ず体験する恋愛の形というわけではないかもしれない。しかし、誰もが感じる、ふとした日常の擦れ違いなどによる切なさや寂しさが歌詞にリンクし、多くの共感を呼ぶのだろう。“遠距離恋愛ソング”は、そんな恋人たちの心をつなぐ“赤い糸”なのかも。

そばにいるね
この作品について語ろう
ここにいるよ feat.青山テルマ
この作品について語ろう
遠恋
この作品について語ろう
三日月
この作品について語ろう
大阪LOVER
この作品について語ろう
春恋ソングランキング
順位 タイトル/アーティスト名
1
インタビュー
YUI
2
インタビュー
aiko
3
インタビュー
ケツメイシ
4
福山雅治
5
インタビュー
大塚 愛
心を包み込んでくれる曲に人気が集まった

 新たな出逢いから生まれる“春の恋”のイメージにぴったりな曲というテーマで1位を獲得したのはYUIの「CHE.R.RY」。「タイトルのように、甘酸っぱい雰囲気が春の恋にぴったりだから」(山口県/10代/男性)という意見をはじめ、PVのふんわりとした雰囲気、サビの印象的なフレーズ、可愛らしいメロディーライン等、全てが甘酸っぱい“春の恋”に結びつくようだ。

 2位はaikoの「桜の時」。「春の軽やかさと、恋愛のせつなさがつまった曲だから」(東京都/20代/女性)と、ラブソングの神様が歌う爽快な楽曲に圧倒的な女性の支持が集まった。

 「PVが恋物語仕立てになっていたので」(茨城県/20代/男性)など、PVのイメージが大きく影響したのが、3位のケツメイシ「さくら」。HIP HOP&レゲエユニットならではのリズム感が心地よい1曲だ。

 4位には「この曲しか思い浮かばない」(兵庫県/20代/女性)というほど春のバラードの王道となっている、福山雅治の「桜坂」がランクイン。

 5位は、「温かくなって、ウキウキ気分になれる恋歌だと思います」(埼玉県/10代/女性)という最高にハッピーな春恋ソングに、大塚 愛の「さくらんぼ」が選ばれた。

 恋人ができたときに“春が来た”と表現することがある。希望に胸を躍らせる10代。新しい地で地盤を固めるべく奮闘する20代。“春の恋歌”は、果敢な気持ちを後押しし、心を包み込んでくれる、そんな存在である。

(文:田井裕規)
CHE.R.RY
この作品について語ろう
桜の時
この作品について語ろう
さくら
この作品について語ろう
桜坂
この作品について語ろう
さくらんぼ
この作品について語ろう
【調査方法】
自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】による全国の10代、20代の男女、計1,000人にインターネット調査したもの。