ORICON STYLE

2008年03月12日

柴咲コウ

『Single Best』&『The Back Best』発売記念、好きなシングル&魅力を徹底解剖

 柴咲コウのベスト盤が登場する。しかも2作品!ひとつはシングル曲ばかりを集めた“おいしいところ”ひとり占めの『Single Best』。もうひとつは、本人選曲の“ディープな魅力”満載の『The Back Best』。どちらもアーティスト柴咲コウの魅力を存分に味わうことができる。このリリースを記念してORICON STYLEではファンの皆さんに「柴咲コウの好きなところ」「好きなシングル曲」を大調査!まだ気づいていない彼女の魅力が判明するかも?

歌手”柴咲コウ“として印象に残っていることは?

柴咲コウの好きなところ

柴咲コウの好きなところ

音楽と向き合う姿勢に共感
 柴咲コウのすごさは、女優としてのスタンスとアーティストとしてのスタンスを切り離しているところにある。それはすなわち、歌の世界で何があっても「女優なのでそこまではちょっと・・・」というような“言い訳”を一切断ち切った世界で勝負しているということ。女優、あるいは歌手の立場に逃げ込むことを潔しとしない彼女の哲学は、よどみのない演技や歌唱となって作品に反映され、ファンのもとへ届く。だから、彼らも真っすぐにその作品と向き合い、女優とかアーティストといった“肩書き”を排して、柴咲コウをしっかりと評価できるのだろう。

 では、彼女の「好きなところ」をファンはどこに見出しているのだろうか。最も多かった回答は「声」。「切なさも力強さも表現できるあの声が素敵です」(神奈川県/10代/女性)「甘すぎないけど、どこかかわいらしい感じも漂わせるカッコイイ声」(広島県/10代/女性)「かわいさと切なさを併せ持った、魅力的な声だと思う」(富山県/20代/男性)。多面的な表情を持った声、それは女優として培った“表現力”かもしれない。しかし、彼女の歌唱は“女優としての演技”とは異なる、歌手・柴咲コウが描く“歌の世界”で躍動し、我々を驚かせてきた。女優とは明らかに違う“声質”だからこそ、多くの人が彼女の歌を認めるのである。

 次に選ばれたのは「ビジュアル」。“かわいい”“きれい”という女性としての美しさばかりでなく、「凛としているところが好き」(埼玉県/10代/男性)「目がステキだと思う。媚びない強さを持った表情も好きです」(神奈川県/20代/女性)など、“生きかた”や“姿勢”にまで言及した回答が寄せられたところも彼女ならでは。女性にも輝いて映る彼女の立ち居振る舞いは、目で見ることのできる最大の魅力かもしれない。

 「J-POPのなかでも上質感があるメロディー構成に惹かれる」(東京都/20代/男性)という「メロディー」への投票を際立たせているのは、ほかならぬ彼女自身が描く「歌詞」によるところも大きいはず。「全て作詞しているところがすごいし、どの歌詞も心に響くものがある」(静岡県/10代/女性)。作詞をすることで、歌手としての自分を成長させている柴咲コウ。歌詞に共感する人が多いという事実は、彼女の進んでいる道が間違いでないことを指し示していると言えるだろう。

 

好きなシングル

好きなシングル

出会いの1曲が思い出の1曲に
 一方、『好きな曲』の投票結果は、やはり、大ヒットを記録した2曲が上位を占めた。RUI名義でリリースされた「月のしずく」には、この曲が使われた映画『黄泉がえり』に関連する回答も多かったが、「初めて聴いて好きになった曲だから」(奈良県/10代/女性)「柴咲コウを知ったきっかけの曲だから」(千葉県/10代/女性)「この曲で初めて歌声を知ったから」(大阪府/20代/男性)など、“出会いの1曲”としての思い入れを語る声も少なくない。

 2位の「かたちあるもの」もドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』に絡んだ回答が寄せられる一方で、「彼女の歌唱力が存分に発揮できている曲だと思うから。音の高低がある曲なので、生半可なアーティストでは歌い切れないと思います。歌詞も共感を得ることができ、すごく耳に残る素敵な曲」(兵庫県/20代/男性)という鋭い分析も。本人が構築した歌詞が、歌唱力の魅力を最大限に引き出したということを示すコメントといえる。

 

(文:田井裕規)

1位:月のしずく

月のしずく

この作品について語る

2位:かたち あるものく

かたち あるもの

この作品について語る

3位:invitationく

invitation

この作品について語る

4位:ひと恋めぐりく

ひと恋めぐり

この作品について語る

5位:影く

影

この作品について語る
 

【調査方法】自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】による全国の10代、20代の男女、計1,000人にインターネット調査したもの。

■RELEASE

Single Best /柴咲コウ
発売日:2008/03/12[アルバム]
ユニバーサルミュージック


【初回盤】
価格:\4,800(税込)
品番:UPCH-29010
CD購入(Amazon)
このCDについて語ろう


【通常盤】
価格:\3,000(税込)
品番:UPCH-20082
CD購入(Amazon)
このCDについて語ろう

 

The Back Best /柴咲コウ
発売日:2008/03/12[アルバム]
ユニバーサルミュージック


【初回盤】
価格:\2,800(税込)
品番:UPCH-29011
CD購入(Amazon)
このCDについて語ろう


【通常盤】
価格:\2,500(税込)
品番:UPCH-20083
CD購入(Amazon)
このCDについて語ろう

 
 

▲このページの最初に戻る