ORICON STYLE

2008年02月20日
B'z B'z Special Issue
配信終了
貴重映像が満載!LIVE DVD『B’z LIVE in なんば』に迫る!!
激レアなライブが実現!

 2006年9月1日、大阪なんばHatch。この年の夏の全国ツアー『B’z LIVE-GYM 2006“MONSTER’S GARAGE”』からそのまま突入して行われたこのライブは、ステージと客席の距離も近く、観客の興奮や熱気がいつもより高く感じられる。1曲目の「ALL-OUT ATTACK」から、その熱気は一気に上昇する。ハードにドライブする松本孝弘のギター、突き抜けていく稲葉浩志のボーカル、そして骨太なバンドサウンド。メンバー全員の一体感とともに、ハイテンションな音が会場を大きく揺らす。

 ステージ上は いたってシンプル。ビジョンに映像が映し出されるものの、大がかりなセットを使用することもなく、そこにあるバンドのサウンドと歌がむき出しになって迫ってくる、まさにギミックなしのロックスピリットを感じさせる熱いステージだ。


音楽の深みと重厚さを聴き手に刻み込む

 ライブの定番曲ともいえる「juice」「LOVE PHANTOM」などヒット曲も満載。さらに、「Real Thing Shakes」「DEVIL」「Brighter Day」「HOME」といった英語詞のナンバーも披露されるなど、ワールドワイドなアプローチも聴かせる。

 また、後半に登場した、どっしりとした「雨だれぶるーず」は大きな見せ場。松本がブルージーなギターフレーズを奏でるインストナンバー「TAK’S SOLO」から続いて、ゆるやかに始まりながらも段々とダイナミックなウネリを作り出し、曲の後半で松本のギターと稲葉のボーカルがせめぎ合うようにして絡まりながら高揚していくさまは、壮大なスケールを感じさせた。ダイナミックに展開する「MONSTER」もやはり大きな見どころ。この曲の持つ広がりやメッセージまでを含めた、深みと重厚さをしっかりと聴き手に刻んでくれた。

 そして、「衝動」「愛のバクダン」といったアップテンポなナンバーで場内はさらに盛り上がっていく。4ビートのスリリングなフレーズによる導入部が用意された「ギリギリchop」では、この日の最高潮といえる爆発力を発揮。高まるスピード感とあふれ出すパワーで、B’zのライブの根源的な魅力を見せつけてくれた。

 ガレージロック的とも言える生々しいサウンドでありながら、的確なテクニックに裏づけられた演奏。心地よくプレイする松本と伸びやかに歌う稲葉。そして何より、心から彼らの音楽を楽しんでいる観客たちの笑顔が、この日のライブの素晴らしさを物語っている。  現在行われているツアーへの期待を確実に高めてくれるDVDといえるだろう。

(文:岡本明)


Release
B'z LIVE in なんば

B'z LIVE in なんば
B'z
発売日:2008/02/20 [DVD] 価格:\3,990(税込)
VERMILLION RECORDS 品番:BMBV-5001

DVDを購入する(Amazon)
このDVDについて語ろう
Profile

松本孝弘(G)、稲葉浩志(Vo)によるロックユニット。
1988年に結成、9月21日にシングル「だからその手を離して」でデビュー。
1990年6月13日、シングル「太陽のKomachi Angel」をリリース。同年11月7日、アルバム『RISKY』をリリース。両作品ともに1位を獲得。
2006年1月25日、シングル「衝動」をリリース。1位を獲得。
2006年4月12日、シングル「ゆるぎないものひとつ」をリリース。1位を獲得。
2006年6月7日、シングル「SPLASH!」をリリース。1位を獲得。
2006年6月28日、アルバム『MONSTER』をリリース。1位を獲得。
2007年5月9日、シングル「永遠の翼」をリリース。1位を獲得。
2007年9月、アジア圏のミュージシャンとしては初となるハリウッド・ロック・ウォークに殿堂入りを果たす。
2007年10月3日、シングル「SUPER LOVE SONG」をリリース。1位を獲得。
2007年12月5日、アルバム『ACTION』をリリース。1位を獲得。
2008年2月20日、DVD『B’z LIVE in なんば』をリリース。