ORICON STYLE

2007年12月19日

ラブソングからクリスマスソングへ
 「クリスマスソングを歌って欲しいアーティスト」の1位はMr.Children。数多くのラブソングを歌ってきたミスチルだけど「クリスマスソングのイメージがない」(神奈川県/20代/女性)、「たくさん名曲はあるけど、クリスマスソングの定番はないから」(福井県/20代/男性)という声が多かった。彼らの人気、実力、実績を考えれば、ミスチルにクリスマスソングを作って欲しいというメッセージも当然といえば当然かも。贅沢なお願いだけど、実現すればそれこそ正真正銘のクリスマスプレゼントとなることだろう。

 甘くて切ない、大人も共感できるクリスマスソングを聴かせてくれそうなミスチルに対し、ポップで可愛らしいイメージから、2位にランクインしたのは大塚 愛。「アップテンポなかわいい感じのクリスマスソングが聴きたい」(東京都/20代/男性)「明るくて、ポップなクリスマスソングの定番を作って欲しい」(広島県/10代/女性)など、彼女が歌うハッピーなメッセージに共感する人が多い。「サンタの衣装が似合いそう」(東京都/10代/男性)という言葉には、う〜ん、納得!

 3位には、俳優・歌手として大活躍の福山雅治。「あの素敵な声で歌って欲しい」(千葉県/10代/女性)など女性から圧倒的な人気を誇っている。

 今回の結果を見ると、「クリスマスソングを歌って欲しいアーティスト」は2つのパターンに分けられそうだ。ひとつはミスチル、福山、ドリカム票のように“しっとり系クリスマスソング”を期待するパターン。もうひとつは大塚 愛、YUKI票のように“ポップでカワイイ系クリスマスソング”を期待するパターン。ツリーを飾って、靴下を用意したら、あとは素敵なサンタを待つばかり!?

Mr.Children 福山雅治 倖田來未
特集ページへ 特集ページへ インタビューページへ



聖夜にライブを観たいアーティスト
  Mr.Children 
  浜崎あゆみ 
  DREAMS COME TRUE 
  B'z 
  ゴスペラーズ 
  CHEMISTRY 
  L'Arc〜en〜Ciel 
  Every Little Thing 
  EXILE 
  KinKi Kids 

自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】による全国の10代、20代の男女、計1,000人にインターネット調査したもの。

Mr.Childrenが2冠獲得!
 「聖夜にライブを観たいアーティスト」の1位もMr.Children。「ライブといえばミスチルというイメージがある」(東京都/20代/男性)「クリスマスに一緒の空間にいたい」(東京都/20代/女性)。「包容力のあるラブソングを聴いて”感動したい”」(神奈川県/10代/女性)という声も多数。桜井和寿の伸びのある歌声は、クリスマスの夜にもぴったりとフィットすることだろう。

 2位は浜崎あゆみ。「すごい演出をしてくれそう」(東京都/20代/男性)「豪華なライブをしそう」(東京都/20代/女性)など、スケールの大きな演出や凝りに凝ったPVでいつも新鮮な驚きを提供してくれる彼女にクリスマスならではのサプライズを期待する票が集中。華やかさと透明感が相まった“メガ”なステージを見せてくれるはず。

 3位はDREAMS COME TRUE。「SNOW DANCE」「雪のクリスマス」など数々のウィンターソングのヒット曲を持つ彼らには「幸せな気分になれそう」(埼玉県/10代/女性)「歌声が心をなごませてくれる」(神奈川県/20代/男性)といった票が集まった。吉田美和の歌声とクリスマスの聖なるイメージを重ねた結果なのかも。

 海外とは異なる日本独自のクリスマスの楽しみかたもすっかり定着したこのごろ。家族のものから恋人たちのものへとその中心は移っても、クリスマスを特別な日にしたいのはみな同じだと実感させられるランキングと結果と言えそうだ。

(文:田井裕規)

浜崎あゆみ DREAMS COME TRUE B'z
特集ページへ インタビューページへ 特集ページへ
クリスマス特集トップへ
プレゼントに応募する