2007年 年間シングルランキング大発表!
年間オリコンランキングトップページ 年間シングルランキング 年間アルバムランキング アーティストトータルセールスランキング 年間総合DVDランキング
順位
タイトル/アーティスト
推定累積売上数(枚) 着うた(R)関連記事
1
1,115,499
着うた(R)
2
644,259
着うた(R)
インタビュー
3
441,799
着うた(R)
インタビュー
4
429,832
着うた(R)
5
404,339
着うた(R)
6
371,628
着うた(R)
7
359,326
8
354,851
インタビュー
9
341,007
着うた(R)
10
333,856
着うた(R)
11
326,335
着うた(R)
インタビュー
12
320,628
特集
13
310,505
着うた(R)
14
304,101
着うた(R)
15
271,869
着うた(R)
16
252,441
インタビュー
17
251,112
着うた(R)
18
235,140
着うた(R)
19
231,748
着うた(R)
特集
20
228,716
着うた(R)
インタビュー
21
228,018
着うた(R)
22
224,937
着うた(R)
23
223,332
着うた(R)
24
221,978
25
220,902
インタビュー
26
205,655
着うた(R)
特集
27
204,775
着うた(R)
28
196,118
29
195,322
着うた(R)
インタビュー
30
188,129
着うた(R)
インタビュー
【集計期間】2006年12月25日付〜2007年12月17日付
着うた®に※のついている楽曲のダウンロードは、12月21日15時〜2008年1月4日15時までとなります。
“沁みる”楽曲が制覇!!

 昨年末の『NHK紅白歌合戦』で脚光を浴びた作品が今年前半の日本列島を、文字通り“風”のように吹き抜けた。唯一のミリオンセラー・シングルとなったのは秋川雅史「千の風になって」。命を軽んじる出来事が頻発する現代に舞い降りた、“絆”を呼びかけるナンバーは、多くの人々の“純”な心に響いたと言えるだろう。クラシック・シングル初の1位、初のミリオンセラーといった話題を振りまいた“荘厳な歌声”は年間でも大きな足跡を記録した。


  秋川雅史の写真

 

■秋川雅史

 インターネットにおけるダウンロードで驚異的な数字を叩きだした宇多田ヒカルの「Flavor Of Life」が2位にランクイン。配信と実売という両部門において高い支持を集めたという事実に、改めて宇多田ヒカルという“才能”のポテンシャルの高さを感じずにはいられない。ベスト10のなかで唯一の女性アーティストという点(ベスト20にまで範囲を拡大しても単独アーティストとしては唯一の女性)を加味すると、そのパワーの高さはいっそう際立つ。


コブクロの写真 絢香×コブクロの写真

■コブクロ

■絢香×コブクロ

 人気ドラマ『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』で流れていたのがコブクロの「蕾」。彼らの歌の真骨頂は、その“息の長さ”にある。耳に触れた時点で“いい”と思わせ、もう一度心で噛みしめて“いい”と思わせ、身体中になじんだ後も“いい”と思わせる“感動を伝播するパワー”は、日本の音楽シーンで1、2を争う。年間3位も納得のロングセラーだ。


 こうしてみると、1〜3位までを心に“沁みる”楽曲が占めたこととなるが、このあたりからも、人々が今年、音楽に求めていたものを伺い知ることができるだろう。


殿堂入りに“新たな遺伝子にキッズ・マーケットまで話題満載!

 KinKi Kids、嵐、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUNといったジャニーズアーティストの安定した強さが目立つなか、新たな注目株として彗星のようにシーンに現れたのがHey! Say! JUMP。デビュー曲の「Ultra Music Power」が年間ランキングの14位に顔を出すという成功を収めた彼らには、来年の更なる飛躍が期待できそうだ。


 Mr. Childrenもクオリティの高い楽曲を次々と送り出してきた1組。「旅立ちの唄」「フェイク」がそれぞれ映画主題歌(『恋空』『どろろ』)に抜擢され、ともに高い実績を残したところに、結成20年を目前に控えた彼らの“貫録”を感じさせもするが、一方でそういった年月を感じさせない“純粋さ”が幅広い層に支持され続ける理由でもあるのだろう。


  同じく映画主題歌組としてピックアップしたいのが『ALWAYS 続・三丁目の夕日』のテーマ曲「花の名」をヒットさせたBUMP OF CHICKEN。これまでにも十分な成果を残してきた彼らだが、年間20位以内に名を残す今回の結果によって、ファン層の拡大は確実なところとなった。2008年も引き続き目が離せない。

BUMP OF CHICKENの写真 GReeeeNの写真
■BUMP OF CHICKEN ■GReeeeN

 目が離せない存在といえば、「愛唄」が24位にランクされたGReeeeNもこの1年のチャートを賑わせたアーティストだ。ミュージックシーンに彗星のように登場した彼らは、“感情”や“ひたむきさ”を鮮やかに描写し、メディア露出がないという“ハンディ”を負いながら、自身の作品だけではなく、年間10位にランクされたNEWS「weeeek」を手がけるなど、ソングライティングとしての実力も発揮、ミュージックシーンに強烈な足跡を残した。彼らのようなスタンスが今後も増えていく気配すら漂う、シーンの“新たな遺伝子”の誕生と言える。


 ベテラン勢の衰えぬパワーにも驚かされた1年。ソロ活動をスタートさせた桑田佳祐は精力的な楽曲リリースを重ねたが、「明日晴れるかな」が年間7位を記録。ロックの殿堂入りを果たし、もはや“世界の”という形容句が必要となったB'zもまた「SUPER LOVE SONG」「永遠の翼」の2曲を30位以内に送り込んだ。


 トップ30にこそ入らなかったものの、今年後半のキッズ・マーケットを席捲した「おしりかじり虫」は堂々の43位。まだまだその“人気”は衰えていない。

(文:田井裕規)

▲このページのトップに戻る

年間シングルランキングTOP100はこちら

【過去の特集】
■上半期ランキング 特集
 『2007年 上半期ランキング大発表!』(2007/06/20)
■2006年 年間ランキング 特集
 『2006年 年間ランキング大発表!』(2006/12/21)
■2005年 年間ランキング 特集
 『発表!!2005年 年間ランキング第2弾』(2005/12/28)
■2005年 洋楽年間ランキング 特集
 『21世紀洋楽元年到来!?』(2005/12/21)
■2005年 年間ランキング 特集
 『2005年 年間ランキング大発表!』(2005/12/19)