ORICON STYLE

2007年10月31日
Mr.Children
Special Issue
明日へと歩き出す背中をそっと押してくれる「旅立ちの唄」
PLAY MOVIE
PV「旅立ちの唄」 配信終了
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
 2007年のMr.Childrenは、本当に精力的に活動を行っていた。1月に40万枚限定シングル「フェイク」、3月に13thアルバム『HOME』、5月にシングルのカップリング曲をセレクトしたアルバム『B-SIDE』をリリース。5月からは全国アリーナツアー、8月からはスタジアムツアーを行い、このふたつのツアーの合間には『ap bank fes ’07』に出演。そしてそんなあわただしい日々のなかでも、彼らは新曲のレコーディングを行っていたのだという。07年のMr.Childrenの日々は、いつも音楽がそばにあった。10月31日にリリースされた約9ヶ月ぶりのシングル「旅立ちの唄」は、そんな彼らの日常から生まれた作品だ。

別れの歌なのに、新しい始まりを祝福している

 タイトルチューン「旅立ちの唄」は、スタジアムツアー『Mr.Children “HOME” TOUR 2007 -in the field-』のいちばん最後に演奏されたミディアムバラード。この曲は映画『恋空』の主題歌だが、実は彼らの元に主題歌の依頼が届く前に、すでに桜井は「旅立ちの唄」を作っていて、しかもアルバム『HOME』の制作が終わった直後にメンバーと小林武史がスタジオに集結し、ファーストセッションが行われていた曲だった。
 映画『恋空』はケータイ小説『恋空』を原作にした映画で、主人公の女子高生が様々な体験や出会いのなかで成長していく姿を描いている。桜井はその原作を読んだとき、あまりにもその物語と「旅立ちの唄」との共通点が多いことに驚いたらしい。主題歌のために書き下ろした曲じゃないのに、何かに導かれるように、まるで出会うことが決まっていたかのように、運命みたいに繋がっていた「旅立ちの唄」と『恋空』。別れの歌であると同時に、新しい始まりの日を祝福している「旅立ちの唄」は、優しさと強さにあふれた歌になり、きっとたくさんの人たちの日常のなかにじんわりと浸透していく歌になるのだろう。

音楽と共に生きている

 2曲目に収められたのは、なんと全国スタジアムツアー『Mr.Children “HOME” TOUR 2007 -in the field-』の合間にレコーディングされたピカピカの最新曲「羊、吠える」。アルバム『HOME』制作終了直後にレコーディングした「旅立ちの唄」といい、ツアーの合間にレコーディングした「羊、吠える」といい、彼らはなんとアクティブに音楽と共に生きているんだろうと思う。新しい歌ができたから、ステキな歌が生まれたから、その思いをすぐにでもスタジオで鳴らし、形に残しておきたいという素直な衝動が、このシングルには収められている。
 そして、3曲目に収められたのは、アリーナツアー『Mr.Children “HOME” TOUR 2007』で演奏された「いつでも微笑みを」のライブバージョン(‘07年6月15日に行われた名古屋公演を収録)。アルバム『IT’S A WONDERFUL WORLD』に収められていた「いつでも微笑みを」も、とても温かな歌だったけれど、このライブバージョンはより優しく、愛しくなって私たちの元に届き、音のみなのにそのライブ会場の雰囲気やメンバーや観客の笑顔までもが見えてくるような歌になった。さて、11月14日にはライブDVD『Mr.Children “HOME” TOUR 2007』をリリースする彼らだが、きっとすでに“ステキな曲ができたから”と、次なる新しい未来に向けて、音楽と共にある毎日を過ごしているにちがいない。
(文:松浦靖恵)
RELEASE
旅立ちの唄
Mr.Children
2007/10/31[シングル]
\1,200(税込)
トイズファクトリー
TFCC-89221
CDを購入する(Amazon)
Mr.Children“HOME”TOUR 2007
Mr.Children
2007/11/14[DVD]
\5,800(税込)
トイズファクトリー
TFBQ-18077
DVDを購入する(Amazon)
PROFILE
1989年、桜井和寿(Vo&G)、田原健一(G)、中川敬輔(B)、鈴木英哉(Dr)の4人により結成。
1992年5月10日、小林武史プロデュースによるミニアルバム『Everything』でデビュー。徐々に注目を集めるようになり、1993年11月10日、シングル「CROSS ROAD」で大ブレイク。ミリオンセラーを達成。
1994年9月1日、アルバム『Atomic Heart』で300万枚のセールスを記録。日本のトップアーティストへと登りつめる。
その後も桑田佳祐とのコラボシングル「奇跡の地球」「シーソーゲーム〜勇敢な恋の歌〜」「名もなき詩」など数々の名曲を生む。
2005年9月21日、アルバム『I ♥ U』をリリース。ミリオンヒットとなる。
2006年7月5日、シングル「箒星」をリリース。1位を獲得。
2006年11月15日、シングル「しるし」をりりース。1位を獲得。
2007年1月24日、シングル「フェイク」をリリース。1位を獲得。
2007年3月14日、アルバム『HOME』をリリース。1位を獲得。
2007年5月10日、アルバム『B-SIDE』をリリース。1位を獲得。
2007年10月31日、シングル「旅立ちの唄」をリリース。
2007年11月14日、ライブDVD『Mr.Children“HOME”TOUR 2007』をリリース。
オフィシャルサイト