ORICON STYLE

2007年09月26日






“in the field”ならではの自然効果

 “in the field”。日産スタジアムという場所は、3年前の9月にも彼らがライブを行ったことがある会場だった。あのときは、約3年ぶりの全国ツアーで、約2年ぶりのアルバム『シフクノオト』を携えたツアーだった。あのとき、彼らは初めて自分たちの目の前に6.5万人を超える観客がいる光景を見ていた。あのときのスタジアムと今回のスタジアムは同じ場所だけれど、きっと彼らにはあのときと違う風景を見ているのかな、なんて思った。

 今回のツアーはアリーナツアーもスタジアムツアーも、アルバム『HOME』に参加してくれたミュージシャン(ホーンセクション、ストリングスチーム)がステージに上がり、Mr.Childrenの4人と小林武史と共に音を奏でている。セッションのように音と音が呼び合い、思いを重ね合わせながら作った『HOME』の延長線上にあるライブがそこにあった。それでも、やはりアリーナツアーとスタジアムツアーのそれぞれのライブには変化があった。それは桜井が9月9日のステージ上から言った言葉が重要な意味を持っていた。「せっかくのスタジアムでのライブ。星が見えたり、飛行機やヘリが飛んでいたり、風もすごく気持ちいいので、音楽だけじゃなく周りの人たちの表情や声を味わっていただきたいと思います」。

 夕暮れが夜を呼びよせて、空の色が次第に変わっていく。照明が暗くなれば、スタジアムの上に星が見える。in the fieldならではの自然の効果。これはアリーナでのライブでは作れない。3年前の日産スタジアムのライブでも、彼らはもちろん音楽を奏でる心地よさを感じていただろう。でも、なんだか今回のライブでは、風や空気までもしっかり体の中に取り込んで、この場所で奏でられる音や歌を笑顔でかみしめながら、私たちに届けてくれているように見えた。目に見える変化を言えば、アリーナツアーとスタジアムツアーでは、演奏曲目が何曲も変わっていた。

“HOME”から見える風景が新しい旅の始まり

 アリーナツアーのために用意してくれた新しいメニューは、約6万7千人の観客が大合唱できる歌が揃っていた。『HOME』に収録されている新しい曲も、彼らがずっと育ててきた昔の曲も、ひとつのライブのなかに一緒にいた。彼らが『HOME』と名付けたアルバムには、私たちのすぐそばにある日常がたくさん刻まれていた。いい事も、そうじゃない事も一緒に両手を広げて受けとめながら、私たちはそれでも毎日を生きている。Mr.Childrenは「Any」でこうメッセージを届けた。「答えはひとつじゃない」そして「そのすべて真実」だ、と。

 ひとつのライブのなかにある、ひとつひとつの曲にメッセージがあって、それは私たちが彼らと共有できる言葉や思いだったりする。そう、“HOME”とは、きっと彼らと私たちを結び付けてくれるキーワード、曲と曲を結びつけてくれる絆だったんだな、と思った。

 アンコールの最後に、彼らは新曲「旅立ちの唄」を披露してくれた。この“HOME”という場所から見えた風景が、新しい旅の始まりになる。「旅立ちの唄」は、歌詞のなかの“笑顔”という言葉が、とても印象的な歌だった・・・。

(文:松浦靖恵)
(写真:石渡憲一、渡部伸)

旅立ちの唄
Mr.Children
2007/10/31
[シングル]
\1,200(税込)
トイズファクトリー
TFCC-89221

CD購入(Amazon)

Mr.Children
“HOME”
TOUR 2007

Mr.Children
2007/11/14
[DVD]
\5,800(税込)
トイズファクトリー
TFBQ-18077

DVD購入(Amazon)

HOME
Mr.Children
2007/03/14
[アルバム]
\3,059(税込)
トイズファクトリー
TFCC-86221

CD購入(Amazon)

B-SIDE
Mr.Children
2007/05/10
[アルバム]
\2,667(税込)
トイズファクトリー
TFCC-86231

CD購入(Amazon)

1989年、桜井和寿(Vo&G)、田原健一(G)、中川敬輔(B)、鈴木英哉(Dr)の4人により結成。
1992年5月10日、小林武史プロデュースによるミニアルバム『Everything』でデビュー。徐々に注目を集めるようになり、1993年11月10日、シングル「CROSS ROAD」で大ブレイク。ミリオンセラーを達成。
1994年9月1日、アルバム『Atomic Heart』で300万枚のセールスを記録。日本のトップアーティストへと登りつめる。
その後も桑田佳祐とのコラボシングル「奇跡の地球」「シーソーゲーム〜勇敢な恋の歌〜」「名もなき詩」など数々の名曲を生む。
2005年9月21日、アルバム『I ♥ U』をリリース。ミリオンヒットとなる。
2006年7月5日、シングル「箒星」をリリース。1位を獲得。
2006年11月15日、シングル「しるし」をりりース。1位を獲得。
2007年1月24日、シングル「フェイク」をリリース。1位を獲得。
2007年3月14日、アルバム『HOME』をリリース。1位を獲得。
2007年5月10日、アルバム『B-SIDE』をリリース。1位を獲得。
2007年10月31日、シングル「旅立ちの唄」をリリース。
2007年11月14日、ライブDVD『Mr.Children“HOME”TOUR 2007』をリリース。

OFFICIAL SITE