ORICON STYLE

2007年05月09日
B'z SPECIAL ISSUE 音楽性と楽曲に込められたエネルギーが伝わるナンバー
B'z SPECIAL ISSUE
大事なものを忘れないでほしい

 曲のなかにあふれているのは、愛する人を守りたいという強い気持ち。会いたい人のいる場所や仲間と約束した場所に戻りたいという想いと願いが込められた感動的な作品に仕上がっている。

 シンプルに聴こえるサウンドだが、施されているのは練り上げられたアレンジ。静かに始まるピアノの導入部からやがてスケールが広がり、エモーショナルな歌声とともに高まっていく場面は圧巻。ダイナミックでありながら、上昇していく感覚とともに大空の澄んだ空気が感じられるようだ。

 そんなダイナミックさを多彩なギターサウンドでさらに際立たせる松本孝弘のプレイも素晴らしい。ベーシックなバッキングと印象的なギターソロとの対比によって、曲がこまやかに表情を変えていく。

 目の前にある幸福、それは自分の大事な人の笑顔に他ならない。当たり前のように思えるけれど、かけがえのないものほど身近にあって気がつかないものだ。映画のストーリーに通じる、ささやかな日常こそがこのうえなく愛しく思える感覚はいつの時代にも当てはまるものだろう。失くしてはいけないものを知ってしまったからこそ、日々を大事に過ごしてほしい。そんなふうに受け止められる稲葉浩志の歌詞も深い印象を残す。

 「永遠の翼」とは、そんなさりげない優しさやあたたかさをしっかりとつかむために羽ばたき続けることを指しているように思えてくる。さっきまで見ていた景色も身の回りの人々も、ありふれたものだと思っているけれど、失くしてしまうと二度とは戻ってはこない。そこに楽曲が訴える、強い信念を持って羽ばたくことで、大事なものを忘れないでほしいというメッセージを感じ取ることができるだろう。

心に深く美しい余韻を残すバラード

 そして「ロンリースターズ」は、シーケンサーのフレーズで始まりながらも、途中でハードロック的なサウンドへとシフトする独特の構成が耳を引く。さらに途中でテンポチェンジしたり、独特なギターソロが聴けるなど、さまざまなトライアルが楽しめるナンバー。

  待っているだけの日々に別れを告げ、恐れをなして楽をする自分を壊し、その先へ進んでいこうと鼓舞する歌詞。それこそが生きる手ごたえだと、ここでは高らかに宣言している。

 厳かに響きながら、心に深く美しい余韻を残すバラード「永遠の翼」。そして強く思う意志とともに日々を戦い抜いていく熱を感じさせる「ロンリースターズ」。聴き手にダイレクトに迫る楽曲たちがまぶしく輝いている。
(文:岡本明)
RELEASE
永遠の翼
B'z
2007/05/09[シングル]
\1,050(税込)
VERMILLION RECORDS
BMCV-5015
CD購入(Amazon) 着うた(R)配信
PROFILE
松本孝弘(G)、稲葉浩志(Vo)によるロックユニット。
1988年に結成、9月21日にシングル「だからその手を離して」でデビュー。
1990年6月13日、シングル「太陽のKomachi Angel」をリリース。同年11月7日、アルバム『RISKY』をリリース。両作品ともに1位を獲得。
2005年8月10日、シングル「OCEAN」をリリース。1位を獲得。
2005年11月30日、ベストアルバム『B'z The Best“Pleasure II”』をリリース。1位を獲得。
2006年1月25日、シングル「衝動」をリリース。1位を獲得。
2006年4月12日、シングル「ゆるぎないものひとつ」をリリース。1位を獲得。
2006年6月7日、シングル「SPLASH!」をリリース。1位を獲得。
2006年6月28日、アルバム『MONSTER』をリリース。1位を獲得。
2007年5月9日、シングル「永遠の翼」をリリース。
オフィシャルサイト
【過去の特集】
■アルバム『MONSTER』特集
 『まさに“モンスター”級のアルバムが完成!』(2007/06/28)