2006年 アーティストトータルセールスランキング大発表!
年間ヒットチャートトップページ 年間シングルチャート 年間アルバムチャート アーティストトータルセールスランキング 洋楽年間ヒットチャート
順位 タイトル/アーティスト 総売上金額(単位10万円) 着うた(R)関連記事
1
127,022
着うた(R)
インタビュー
2
95,193
着うた(R)
インタビュー
3
85,206
インタビュー
4
69,421
5
68,927
特集
6
66,596
着うた(R)
7
63,853
着うた(R)
特集
8
43,066
インタビュー
9
40,984
インタビュー
10
39,742
インタビュー
2005年12月5日付〜2006年12月18日付
着うた®に※のついている楽曲のダウンロードは12/22〜1/4までとなります。

2006年の顔となった倖田來未

 2005年に大いなる躍進を遂げた倖田來未の勢いが止まらない。12週連続リリースに始まった怒濤のような新曲ラッシュ、そして05年から立て続けに放たれた2枚のベストアルバムと、前年以上の“盛りだくさん”な内容で初のトータルセールス1位を獲得した。“エロかっこいい”という表現が目立った2005年に比べると、そのような評価はやや鳴りを潜めたが、それはそんな表現を使わなくても彼女のアーティストスタイルが浸透しきった証拠。もっと上を目指して倖田の2007年はスタートする!
 抜群のソングライティング能力と痛快無比の歌唱力。2位にまで昇り詰めたコブクロの“武器”を表すとすればこの2つだろうか。ストリートで鍛えてきた歌心に加え、数々のアーティストとのコラボを通して培ったセルフプロデュース能力が見事に花を咲かせた1年。170万人を超える人々を虜にした奇跡のハーモニーは驚異の一言。世界的名デュオ“サイモン&ガーファンクル”を超越する存在になる日まで彼らの快進撃は続く。


倖田來未の写真 コブクロの写真

■倖田來未

■コブクロ

 200万枚を突破したシングルコレクションを背景に平井堅が前年8位から5ランクアップ。実直で親しみやすいキャラクターがマイクを手にした瞬間、孤高の存在へと姿を変える。その“歌バカ”ぶりが存分に堪能できた今回のアルバムで大きなステップを刻んだ彼は、次なるステップではどんな表情を見せてくれるのだろうか。


 4位にランクされたのはSMAP。2005年の19位から15ランク飛び越えての躍進だ。このジャンプアップを支えたのは、資生堂『TSUBAKI』のCM曲「Dear WOMAN」に加え2タイトルのDVD。05年12月にリリースされた『SMAPとイッちゃった!SMAP SAMPLE TOUR 2005』と06年12月の『Pop Up! SMAP LIVE! 思ったより飛んじゃいました!ツアー』。日本が誇る屈指のエンターテイナーSMAPの魅力を余すところなく楽しめる映像作品には常に高いセールスがついてくる。プレミアチケットを手に入れられなかった人の多さが、この上昇劇を演出したと言えるだろう。

B'zの写真 浜崎あゆみの写真
■B'z ■浜崎あゆみ

 そして、今年も年間トップ5内を堅持したのが浜崎あゆみ。実に8年連続での5位圏内である。シングルは2枚ながら、この位置をキープし続けるのはやはり不滅の存在だ。調査期間中のリリースとなった『(miss)understood』『Secret』の2枚のアルバムも、常にチャレンジ精神に満ちた彼女の音楽への愛と向上心の強さが覗き見られて実に心地よい。


 2006年最大のムーブメントを巻き起こしたKAT-TUNは6位。リリースする作品の好結果を見ているとこの位置が不思議な気もするが、それはシングル中心で動いてきたため。逆に言うと、デビュー時の3タイトル(シングル、アルバム、DVD)同時発売でほぼこの位置を確保してしまったわけで、やはり並ではないポテンシャルの高さを感じさせる。2007年はトップ3へ一直線か!?


偉大な記録を作り続けるB'z

 2005年の16位から9ランクのアップを見せたのはB'z。歴代アーティストトータルセールスでトップをひた走る彼らだが、そのスピードに鈍りはなく、現在もこのハイレベルのまま突っ走り続けている。これを偉大と言わずして何と言う。


 8位は大塚 愛。これまでの“弾ねた”キャラクターから一歩進み、大人の情感を漂わせるシンガーへと成長した彼女。主演映画のビデオ作品もリリースされるなど、その活動のフィールドは確実に広がっている。


 「粉雪」のロングヒットで名を上げたレミオロメンが、前年64位から怒濤の急上昇。一気のトップ10入りは文字通り“ブレイク”の証である。3ピースバンドとは思えない重厚なサウンドと描写力に優れた歌詞は、次代のスタンダードの香りを漂わせている。


 2005年度は15位で惜しくもトップ10入りを逃した中島美嘉がベストアルバムの余勢を駆って10位へ。ライフスタイルを含めてスタイリッシュなイメージを感じさせるシンガーらしいシンガー。次はどんなアプローチを見せるのか。


(文:田井裕規)

▲このページのトップに戻る


【過去の特集】
■年間ヒットチャート 特集
 『発表!!2005年 年間ヒットチャート第2弾』(2005/12/28)
■洋楽年間ヒットチャート 特集
 『21世紀洋楽元年到来!?』(2005/12/21)
■年間ヒットチャート 特集
 『2005年 年間ヒットチャート大発表』(2005/12/19)