ORICON STYLE

2006年02月03日
BUMP OF CHICKEN  1/28 幕張メッセ
全国ツアーは早くも折り返し地点。

今年のバンプ・オブ・チキンのライブはスケールが違う!

「安心しろ、全部見えてるから!」

1月13日のZEPP SAPPOROからスタートした全国ツアー『run rabbit run』も中盤にさしかかった1月28日の幕張メッセ。約1万5千人の期待に包まれて4人は登場した。
ステージからいきなり鳴り響いたダイナミックなサウンドに歓声があがる。スタートからアップ・ナンバーが続けて演奏され、性急なまでに加速していく鋭い音の中で、黒いシャツを身にまとった藤原が吠えるように歌っていたのが印象的だった。客席は何度も明るく照らされて、会場全体の熱狂ぶりが見渡せた。曲の間に放たれた「安心しろ、全部見えてるから!」という直井の第一声も、みんなの心を繋いでいく。
「プラネタリウム」では彼らが奏でる音の層が大きく、そしてゆったりと広がっていった。ミディアム・ナンバーをじっくりと聴かせる、冒頭とはまるで表情の違う彼ら。豊かになった表現力と、音楽性の深まりをあらためて感じさせられた場面である。いつもは客席からメンバーの名前を呼ぶ声が飛び交う曲間も、この時間だけはみんながじっと、次の曲に耳を澄まそうとしていたのだ。


ちょっぴり痛んだ気持ちを抱きしめるように歌は流れた

その後はアップ・ナンバーが届けられ、一気に興奮が弾ける。ステージから客席へ、客席からステージへ、闘志のようなエネルギーが交差。嬉しそうに体を動かしながらプレイする直井と、みんなの拳を煽る増川が盛り立てた。
「みんなの歌声がすげー届くよ!」と直井が声をかけて始まった「fire sign」では、そこにいる全ての人の、ちょっぴり痛んだ気持ちを抱きしめるかのように歌は流れた。藤原が指揮を執ると、会場も“ナーナ、ナナナナナナ〜”の大合唱。それはほんとうに綺麗な歌声で、ピースフルに空間をひとつにまとめていく音楽の力と、頼もしくなったバンドの心意気を見せ付けられた。
そして、終盤で演奏された最新シングル「supernova」も圧巻。片手にパーカッションを持ってバスドラを足で刻む升のビートには生命力が溢れ、藤原の歌に合わせて3人がゴスペルのようなコーラスを重ねていく場面も感動的。ライブならではの温もりが加わって、大切な人との一瞬や、感謝の気持ちを歌ったこの歌に、この日だけの鼓動が生まれていた。
思わず飛び跳ねたくなるアグレッシヴなナンバーから、心の奥をギュッと掴まれるようなスロウ・ナンバーまで、名曲を幅広く備えている今のバンプ・オブ・チキン。まるで大きな船を4人で操縦するかのような、力強い表現で、乗客の全てを連れて行く覚悟が感じられた。このツアーが終わる時、彼らはまたどんな場所を見据えているのだろうか、楽しみでならない。

(写真:古渓一道)
(文:上野三樹)
PV
PLAY MOVIE
1. PV 「supernova」
配信終了
2. PV 「カルマ」
配信終了
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
RELEASE
supernova/カルマ
BUMP OF CHICKEN
2005/11/23[シングル]
\1,050(税込)
トイズファクトリー
TFCC-89153

CDを購入する
カルマ/supernova
BUMP OF CHICKEN
2005/12/14[シングル]
\1,050(税込)
トイズファクトリー
TFCC-89154
CDを購入する
LIVE INFORMATION
BUMP OF CHICKEN 2006 TOUR“run rabbit run”
日 程
会 場
開場 / 開演
お 問 合 せ
2/3(金) 広島サンプラザホール 17:30 / 18:30 夢番地広島 082-249-3571
2/7(火) 大阪城ホール 18:00 / 19:00 GREEN’S 06-6882-1224
2/8(水) 大阪城ホール 18:00 / 19:00 GREEN’S 06-6882-1224
2/11(土) 福岡マリンメッセ 17:00 / 18:00 キョードーインフォメーション 092-715-8900
2/12(日) 福岡マリンメッセ 16:00 / 17:00 キョードーインフォメーション 092-715-8900
2/15(水) 名古屋レインボーホール 17:30 / 18:30 ジェイルハウス 052-936-6041
3/4(土) 国立代々木競技場第一体育館 17:00 / 18:30 VINTAGE ROCK/ディスクガレージ 0180-99-3655
3/5(日) 国立代々木競技場第一体育館 17:00 / 18:30 VINTAGE ROCK/ディスクガレージ 0180-99-3655
PROFILE
藤原基央(Vo&G) 1979年4月12日生まれ、O型
増川弘明(G) 1979年12月20日生まれ、A型
直井由文(B) 1979年10月9日生まれ、A型
升秀夫(Dr) 1979年8月10日生まれ、A型

全員が千葉県佐倉市出身で、幼稚園からの幼なじみ。
1994年、中3の文化祭でBUMP OF CHICKEN結成。
1999年3月18日、1stアルバム『FLAME VEIN』をインディーズよりリリース。その圧倒的なまでの楽曲と演奏で大きな話題に。
2000年9月21日、2ndシングル「ダイヤモンド」でメジャーデビュー。初登場15位を獲得。
2001年3月14日、3rdシングル「天体観測」が大ヒット。
2002年2月20日、3rdアルバム『jupiter』をリリース。初の首位獲得。その人気を不動のものとする。
2004年8月25日、4thアルバム『ユグドラシル』をリリース。さらに評価を高め、同年12月には幕張メッセにて2日間で3万人を動員したライブを成功させる。
2005年7月21日、10thシングル「プラネタリウム」をリリース。
2005年11月23日、11thシングル「supernova/カルマ」をリリース。初登場2位を獲得。
2005年12月14日、RPGゲーム『TALES OF THE ABYSS』限定仕様シングル「カルマ/supernova」をリリース。
オフィシャルサイト
■「supernova/カルマ」インタビュー
『特別ロングインタビュー!コメント映像&PVも!!』(2005/11/16)
■「プラネタリウム」インタビュー
『バンプだとか関係なくむちゃくちゃ高揚!』(2005/07/25)