ORICON STYLE

曽根由希江 Special Interview言いたいのに言えない心の叫び。「君のとなりに」に続く、切なすぎるラブソング!

曽根由希江
女子共感度100%の「君のとなりに」に続くセツナラブソング第2弾は、思わせぶりな態度の相手に対する複雑な気持ちを歌った「ねぇ、どうして」。哀しすぎて泣けます…!

「君のとなりに」に続いて…

ねぇ、どうして【初回盤】

――今作もまた泣けてきますね…。
【曽根】 そうなんですよ。前作の「君のとなりに」は、女子会で盛り上がった話がキッカケだったんですけど、この曲もちょうどまた恋の悩みを書こうと思っていたときに、私の親友と恋の話をして、親友が過去に“もしかして?”と思うような思わせぶりな態度の男の子に、イケるかも…と思って告白をしたらしいんですよ。そしたらフラれてしまって、あれ?みたいな経験をして。自分も過去に似たような経験をしていて、そういうことって恋愛においては男の子でも女の子でも結構あるなと思って、それをテーマに書き始めました。

――男と女だからこそ、そういう気持ちのすれ違いってありますよね。
【曽根】 相手に好かれたいからこそ、いいところしか見せなかったりしますよね。それで誤解してしまったり、されてしまったり。この歌では、相手に詰め寄るくらいの気持ちを叫んでいるけど、主人公の女の子はたぶん、相手の男の子にはここまで言ってないんですよね。

――心の叫びですね…。
【曽根】 告白をする前に、その男の子から“好きな子がいるんだ”ってことを親友として打ち明けられちゃうんですよ。

――こんなヤツ、いるな〜って今思いました(笑)。
【曽根】 本当、そうですよね〜(笑)。でもこの歌では主人公の女の子を、ただの勘違い女にはしたくなかったので、最後の<どうして>4連発のところで、リアルに彼がしてくれたことを書きました。ここまで優しくされたら勘違いしちゃってもしょうがないよねって、聴いた人が思える部分をどうしても作ってあげたかったというのもあって。

気持ちを表現するためにこだわったメロディーライン

ねぇ、どうして【通常盤】

――今回のピアノは“涙色”ですね。
【曽根】 この曲に関しては、テーマは決めていたんですけど、しっかりとした歌詞を作る前に先にメロディーに取りかかったんです。そうすると、自然とこういう哀しいフレーズだとか、ピアノの切なさみたいなところが出てきたんですよね。

――そしてサビ前ですごく切実になってくる。
【曽根】 Bメロは怖いくらいにイメージをガラッと変えたかったんです。実は最初、全然違うBメロがついていたんですけど、レコーディングでスタジオに入ったときに思ったのが、主人公の女の子はすごく言いたい気持ちと言えない気持ちの両極端を抱えているんだから、サラッと流れていくよりも、ちょっと展開が読めないようなメロディーラインにしたほうが、この子の気持ちや世界観を表現できるんじゃないかな?って思って。スタジオで「Bメロ変えます」って言ったんですよ。スタジオで即興で変えたっていうのは初めてでしたね。

――かっこいいですね!
【曽根】 いやいやいやいや!何が起きるか、わからないなって思いました(笑)。

――あと、今回は“弦”がすごく効いてますよね。
【曽根】 そう言って頂けると嬉しいです!「君のとなりに」があったからこの曲が書けたっていうのもあったので、ある程度、近い世界観のサウンドにはしたかったんです。だからといって似すぎていてもイヤだったので、前回にはなかった大きな違いとして“弦”を入れてみたんですよね。弦もすごくキレイな部分と、訴える部分の両方を表現してくれました。感謝です!

――いや〜それにしても辛いですよね。好きな人に親友以上に思ってもらえないなんて。
【曽根】 そうなんですよねぇ…。歌詞を書きながらも、“男女の友情ってあるのかな?”って、考えさせられながら書いていましたし、自分でも答えが出ているワケじゃないんです。ただ、この曲を聴いて、女の子が“こんなことされたら女子はキュンとしちゃうよね”とか“こういうのズルイよね”とか、“男女の友情ってあると思う?”とか、恋バナに発展してくれたら嬉しいなと思います。

――あと、男子に対して“気づいてよ”みたいな?
【曽根】 それもあります(笑)。まぁでも、逆のパターンもあると思いますけどね。そう考えたら気をつけないといけないなって(笑)。

次ページへ進む

(文:三沢千晶)

RELEASE

ねぇ、どうして【初回限定盤】

  • CDを購入する(Amazon)
  • CDを購入する(HMV)
  • このCDについて語ろう
ねぇ、どうして
【初回限定盤】

曽根由希江
2012/04/25[シングル]
¥1,600(税込)
Dreamusic
MUCD-9031/2

ねぇ、どうして【通常盤】

  • CDを購入する(Amazon)
  • CDを購入する(HMV)
  • 着うた配信
ねぇ、どうして
【通常盤】

曽根由希江
2012/04/25[シングル]
¥1,260(税込)
Dreamusic
MUCD-5199

PROFILE

  • 曽根由希江
  • 1985年4月27日生まれ、東京都出身。
    3才からピアノを習い、学生時代よりシンガー・ソングライターを志す。大学在学中にラジオパーソナリティーのオーディションを受け合格。その後、その明るく軽快なトークが評価され、テレビに活動の範囲を広げ『王様のブランチ』(TBS系)『まもなくHEY!HEY!HEY!』(BS FUJI)など3つのレギュラー番組を持つようになる。bayfmや文化放送でラジオパーソナリティーとしても活躍する。
    2010年10月6日、シングル「ギンモクセイ」でメジャーデビュー。
    2010年12月8日、ミニアルバム『スマイル』をリリース。
    2011年5月25日、シングル「HOME」をリリース。テレビ朝日系木曜ミステリー『おみやさん』主題歌。
    2011年11月9日、シングル「君のとなりに」をリリース。テレビ東京ドラマ24『ここが噂のエル・パラシオ』エンディングテーマ。
    2012年4月25日、シングル「ねぇ、どうして」(『フジテレビフラワーネット』イメージソング)をリリース。カップリング曲「手をたたこう」が、『プレナスなでしこリーグ 2012/プレナスチャレンジリーグ 2012』のオフィシャルソングに起用。

▲このページのTOPに戻る