ORICON STYLE

より生歌に近い声に

――ツアーの手応えはいかがですか? 【のっち】 みんなからの笑顔で元気をもらいに行ってる感じで、すっごく楽しいです!ついついしゃべりすぎちゃいますね。
【かしゆか】 今回のライブは今まで以上に自然体で、今の等身大のPerfumeを見て頂けていると思います。本当に楽しくて時間が短く感じます。
【あ〜ちゃん】 全アリーナツアーなので、走ったり踊ったりが多くて体力がいるんですけど、ここまで無事にやれているので、この調子で最後までいきたいです!

――「Spring of Life」は、大きなステージで歌っている3人がイメージできる曲だなって思いました。サウンドがダイナミックだしね。 【のっち】 あ、確かに始まりから勢いがありますよね。終わり方も潔い感じだし。

――そうそう。特効がバーン!と打ち上がって終わるような感じがする。 【のっち】 歌詞にも<弾ける>とかあるし、そのイメージわかります。

――皆さんの歌い方も感情が前に出ていますよね。 【かしゆか】 前よりもエフェクトが減ってきたところもあるし、エフェクトの種類も変わってきたから、生歌に近い声になってきているっていうのは自分たちでも感じています。
【のっち】 この曲は歌っていて気持ちよく、音程もちょうどいいんですよ。ツアー中のレコーディングだったので声もすごく出ているし、楽しいな〜と思いながら生き生きしてレコーディングしていましたね。
【かしゆか】 私は少し明るく歌うように心がけました。

――“少し”っていうところが重要なんですね? 【かしゆか】 あんまり明るい気持ちでにこやかに歌うと、声が幼くなりすぎるんですよ。だから今、そこを研究中です(笑)。
【あ〜ちゃん】 私はレコーディングの順番がいつも1番なんです。あまり歌い込んでしまうと熱く感情がのってしまうので、私は覚えてすぐにレコーディングに入っています。

――1番最初に歌うあ〜ちゃんの声が基本ラインになるからね。そして3人の声が重なったときに花が開くように広がっていくという、まるで「Spring of Life」というタイトルみたいですね。 【あ〜ちゃん】 わあ、そんな風に感じて頂けるなんて嬉しいです!このタイトルは、季節の春と人生の春をかけているんですよ。

“弾けるような恋”ってどんな恋?

――歌の内容は、自分から一歩を踏み出して楽しいことを見つけようっていうメッセージなのかな? 【あ〜ちゃん】 忙しさに追われて、いっぱいいっぱいになりそうな毎日だけど、その毎日だって自分がどう楽しむかによって変わってくるっていう、みんなが感じてる気持ちを歌っています。中田(ヤスタカ)さんって観点がおもしろいんですよ。だから、こういう普通の…と言ったら変だけど、こういうことも考えるんだーって。

――(笑)一般人が考えるようなことも考えるんだ!みたいな? 【あ〜ちゃん】 そうそう(笑)。だからビックリとドッキリと、歌えて嬉しい気持ちです。

――という歌詞は、自分たちにも重なるのかな? 【かしゆか】 <自分次第>っていう歌詞は本当にそう思いますね。毎日お仕事のスケジュールが詰まっていて、2日前のこととか覚えてないっていうことがよくあるんですよ。それを終わったら忘れるような出来事じゃなくて、“あれもこれもおもしろかった!”って思うようにするには、自分がその場を楽しむっていう気持ち次第だなって。今は特にツアー中ということもあるし、刺激がいっぱいですね。

――歌詞にある<弾けるような恋>ってどんな恋だと思いますか? 【あ〜ちゃん】 たとえば今日、彼氏と遊ぶ約束をしていても、明日の仕事のことを考えたらその時間さえも十分に楽しめてない自分がいる……っていう経験とか、平日に飲みに行ったら「次の日があるから」っていって、ある程度のところで歯止めを効かせるみたいな経験ってあると思うんです。そういうところで、自分の心のままに「もうっ!楽しいっ!」って今を100%楽しめるのが弾ける恋かな?「仕事をしている自分も恋をしている自分も好き!」って思えるような毎日を送っていけたらいいですよね。

――説得力あるわぁ(笑)。 【のっち】 私、“弾ける”と“恋”の共通点が浮かばない(笑)。…でもやっぱり、ずっと相手のことを考えているんでしょうね。メールが来ただけで胸がキュンとして痛い!みたいな…そういうことかなぁ?
【かしゆか】 恋する気持ちが膨らみすぎて弾けちゃうみたいな感じかな。「氷結」のCMソングだから、弾けるっていうのは炭酸のシュワシュワみたいなイメージかな?って。気持ちが弾けて行動に移したくなるような感じなのかな〜って思いました。
【あ〜ちゃん】 そういう恋に憧れているけど、まだ行動できていない人にも聴いてほしいです。

――背中を思いっきり押してますよね。 【かしゆか】 グイグイ押してますね〜。
【あ〜ちゃん】 押せるような私たちであるように、がんばります!

⇒ 次のページへ【Perfumeとしての妄想を現実に!】

(文:三沢千晶/撮り下ろし写真:原田宗孝/スタイリング:三田真一(KiKi inc.)/
ヘア:島尻優樹(GOLDSHIP)/メイク:大須賀昌子)

RELEASE

Spring of Life【初回生産限定盤】CD+DVD CD購入(Amazon) CD購入(HMV) このCDについて語ろう! Spring of Life
【初回限定盤】

Perfume
2012/04/11[シングル]
価格:\1,500(税込)
ユニバーサルJ
品番:UPCP-9001

Spring of Life【通常盤】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) 着うた®配信 Spring of Life
【通常盤】

Perfume
2012/04/11[シングル]
価格:\1,000(税込)
ユニバーサルJ
品番:UPCP-5001

PROFILE

Perfume
メンバーは、樫野有香(かしゆか)、西脇綾香(あ〜ちゃん)、大本彩乃(のっち)の3人。
2001年、広島県出身で(当時)11〜12才の3人がPerfumeを結成。
2003年8月6日、シングル「スウィートドーナッツ」でインディーズデビュー。以降、2枚のシングルをインディーズにてリリース。
2005年9月21日、シングル「リニアモーターガール」でメジャーデビュー。
2007年9月12日、シングル「ポリリズム」をリリース。7位を獲得。
2009年3月25日、シングル「ワンルーム・ディスコ」をリリース。1位を獲得。
2009年7月8日、アルバム『トライアングル』をリリース。1位を獲得。
2011年5月18日、シングル「レーザービーム/微かなカオリ」をリリース。2位を獲得。
2011年11月2日、シングル「スパイス」をリリース。2位を獲得。
2011年11月30日、アルバム『JPN』をリリース。1位を獲得。
2012年4月11日、シングル「Spring of Life」をリリース。

ARTIST PAGE  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

PICKUP

■アルバム『JPN』インタビュー
 『照れくさい曲が多い!?柔らかめで緩急をつけた“人間らしいアルバム”』(2011/11/30)
■シングル「スパイス」インタビュー
 『初ドラマ主題歌は不思議なダンスのおもしろい曲!?』(2011/11/03)
■シングル「レーザービーム/微かなカオリ」インタビュー
 『対照的な曲で多彩な魅力を表現!これがPerfumeらしさ!!』(2011/05/18)
→その他特集&インタビュー 一覧はこちら

▲このページの最初に戻る