ORICON STYLE

いきものがかり流の楽曲制作とは?!

――タイトル『NEWTRAL』はいろんな意味合いを感じさせる言葉ですね。 【水野】 先に出したシングルが前向きなメッセージを歌っている曲が多かったんだけど、それが押し付けがましくならない言葉はないかなって考えたときに出てきたタイトルが「NEWTRAL」です。実際のニュートラルは“W”の部分が“U”なんだけど、そこを“NEW”にすることで新たな場所に進むっていう気持ちと、動揺せずに凛としてただ立っているっていう両方の状態を表現したかったんです。

――それは、現在のいきものがかりの心境的な立ち位置を表している言葉でもある? 【水野】 立ち位置というか願望ですね。昨年はいろんなことがあって、正直すごく動揺していたけど、こんなときだからこそいつも通りを繰り返すことが尊い気がしたので。

――そんな想いがもっとも象徴的に表現されている曲は? 【水野】 個人的には「会いにいくよ」がまさにその曲。音楽を届ける姿勢や曲を作るときの心持ちについて今、問われるならこんなスタンスでやっていますっていうことを伝えている曲なので。あと、タイトルに引っ張られたわけじゃないけれど、山下が16歳のときに書いた「地球」も今回は象徴的かなと。
【山下】 この曲は、当時付き合っていた子が海外留学するときに書いた曲です。ラブソングのつもりだったんだけど、今回改めて聴いていたら、今の時代を反映している内容になっていて。不思議なもんだなと思いました。
【吉岡】 私もデビュー前から歌ってきて自分の一部のような曲になっていたけれど、新鮮な感じがしました。

――吉岡さんが作詞・作曲の「白いダイアリー」も、男性2人が書いた曲とカラーが違っていて新鮮に感じました。 【吉岡】 これもある意味、ニュートラルにならざるをえなかった曲です。普段歌っているせいか、いざ歌詞を書くとどうしても自分自身のことを歌っている内容になってしまうんですね。でも、それだと人に届く曲にはならないので2人がやっているように自分を一歩置いて、いきものがかりの吉岡聖恵が歌の主人公に曲を提供するような気持ちで書いたんです。

――この曲も含め、いきものがかりはひとりで作詞・作曲を担当していますが、別々に楽曲制作をするパターンはないんですか? 【水野】 デビューした頃に山下が書いた曲に僕が歌詞を付けたことがあるんだけど、ダメだった(笑)。メロディーに言葉を乗せる感覚が違っていて、お互い損をするというか……。
【山下】 2人とも16歳から曲を書いてきて、世界観ができているので、あえてそこを崩してもいいものができないってことがトライしてわかったんですよね。
【吉岡】 だからあとから曲を書き出した私も何となくそのパターンになって。それぞれで作ることがいきものがかりのなかでは、自然なスタイルなんでしょうね。

3人一緒にいることでバランスが取れる

――なるほど〜。ではアルバムの話に戻りますが今回、オープニングをあえてバラード曲の「歩いていこう」にしたのはどんな意図があって? 【水野】 最初は2曲目の「笑ってたいんだ」が、ジャカジャーンっていうオープニング感があっていいんじゃないかって案が出ていたんだけど、いきなりそれじゃ主張が強すぎてニュートラルじゃないなって(笑)。ラストをバラードの「おやすみ」って曲にしたのも同じような意味合いで、その前の「愛言葉」って曲がメッセージ性の強い大きな曲になると意識していたので、最後はそれを浄化するというか、ライブのアンコールみたいなつもりで「おやすみ」にしたんです。

――今回はそういった曲順も含め内容的にはボリューミーですが、展開が早く重くない。でも余韻は深く残るというまさにライブ的な心地よい消化力がありますね。 【山下】 それは僕らも感じていて勢いのある前半から「会いにいくよ」で折り返し地点があって、そのままラストにいくっていう流れを作れたのが良かったのかなと。
【水野】 そのせいか作り終わった後に、今回は僕らも何回も聴いちゃうんですよね。

――ちなみに、いきものがかりは普段の性格もやはりニュートラル? 【吉岡】 わりといつもニュートラルなのは……(と、山下を見る)。
【山下】 ヌカに釘なんじゃないですか(笑)。逆にリーダー(水野)は自分についてよく考えて悩んでいますよ。
【水野】 動揺してますかね?(笑)。いきものがかりのなかで僕はたたき台を作ってものを広げる役で、それを落ち着いて選ぶのが山下だったりするので、自然とそういう立ち位置になるのかも。それで、間にいる吉岡がどっちにも振れるっていう感じなのかと。
【吉岡】 私たちは誰かがニュートラルっていうよりも、一緒にいることでバランスが取れる。結局3人合わさってニュートラルになれるんだと思います。

(文:若松正子)

RELEASE

NEWTRAL【初回生産限定盤】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) このCDについて語ろう! NEWTRAL
【初回生産限定盤】

いきものがかり
2012/02/29[アルバム]
¥3,500(税込)
エピックレコードジャパン
ESCL-3827/8

NEWTRA【通常盤】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) 着うた®配信 NEWTRAL
【通常盤】

いきものがかり
2012/02/29[アルバム]
¥3,059(税込)
エピックレコードジャパン
ESCL-3829

PROFILE

いきものがかり
吉岡聖恵(Vo)、水野良樹(G&Vo)、山下穂尊(G&Har)によるスリーピースバンド。 1999年2月、高校の同級生だった水野と山下によって結成。 水野・山下が小学1年生の時、一緒に“生き物係”をしていたことからバンド名が決まる。同年12月、同級生の妹である吉岡が加入。地元である海老名・厚木を中心にライブ活動を行う。
2006年3月15日、シングル「SAKURA」でメジャーデビュー。『DENPO115』CMソングに起用され大きな反響を呼ぶ。
2007年3月7日、アルバム『桜咲く街物語』をリリース。
2008年2月13日、アルバム『ライフアルバム』をリリー
2008年12月24日、アルバム『My song Your song』をリリース。
2009年12月23日、アルバム『ハジマリノウタ』をリリース。
2010年11月3日、ベストアルバム『いきものばかり〜メンバーズBESTセレクション〜』をリリース。シングル・アルバムを通じて初のミリオンを達成。
2011年7月20日、シングル「笑ってたいんだ/NEW WORLD MUSIC」をリリース。
2011年11月23日、シングル「歩いていこう」をリリース。
2012年1月18日、シングル「いつだって僕らは」をリリース。
2012年2月22日、アルバム「NEWTRAL」をリリース。

ARTIST PAGE  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

BACKNUMBER

■シングル「歩いていこう」インタビュー
 『ドラマ主題歌の新曲は、感涙のミディアムバラード!』(2011/11/22)
■シングル「笑ってたいんだ/NEW WORLD MUSIC」インタビュー
 『制作期間中の心境の変化――葛藤を伴った新曲とは?!』(2011/07/20)
■アルバム『いきものばかり〜メンバーズBESTセレクション〜』インタビュー
 『普遍性や幅広い世界観をたっぷり堪能できる超保存盤!』(2010/11/02 )

▲このページの最初に戻る