ORICON STYLE

今のサウンド、等身大の姿をアルバムに

――2ndアルバム『20[twenty]』は、全体的に躍動感みなぎる作品に仕上がっていますね。切ないバラードソングもあるけれど、すべてを聴き終えたときに、パッと目の前がまばゆい光に包まれているような。 【スンヒョン】 明るい気持ちになれるアルバムだと思います。
【ジェジン】 このアルバムには、今のFTISLANDのサウンドに考え、等身大の姿を詰め込みました。
【ホンギ】 このアルバムを聴けば、FTISLANDがどんなバンドなのか、僕たちが今、どんなことを思って音楽をやっているか、わかってもらえると思います。
【ミンファン】 それ以上でもそれ以下でもない、本当にそのままの僕たちがいます。タイトルの『20[twenty]』は、僕たちの平均年齢が20歳というところからきているんですけど、僕とスンヒョン君は今19歳で、もうすぐ20歳になる、10代最後のアルバムです。そういう意味もあるし、本当にいろんな僕らがこのアルバムでは感じてもらえると思います。
【ジェジン】 今までよりロックっぽい楽曲が増えたと思います。作詞・作曲をするときもロックを意識しながら作っていて、それが今すごく楽しいです。

――みんなが楽しんで音楽に向かいあっている姿が伝わってきますね。では、お気に入りの楽曲を教えてください。【ジェジン】 僕は「PAPER PLANE」です。僕が制作した曲なのですが、今一番好きなUKロックを意識して作りました。紙飛行機を僕たちに例えている歌詞にも注目してください。
【ホンギ】 僕は「WANNA GO」です。弟たちが作った曲ですが、FTISLANDの今の勢いが一番感じられる、ライブでファンと一緒に盛り上がりたい曲です。あ〜早くライブで歌いたい〜!あと、「LIFE」も好きです。僕たちの人生を歌った曲です。

――「LIFE」は、疾走感溢れる「WANNA GO」とは異なり、ドッシリとしたバンドサウンドが味わえるよね。 【ホンギ】 強さがありますね。

――ホンギさんの歌声がより楽曲に強さを増してますよね。 【ホンギ】 (ピースして)歌詞の意味を考えながら歌うと自然と歌声も強くなるんですよね。そうすると曲全体の雰囲気や与える印象も強くなります。もちろん切ない曲を歌うときは、自然と歌声も切なく変わっていきます。

純粋な愛の歌に、なんだかドキドキする……

――感情と歌声が直結していると。また「Distance」での切々と歌い上げるホンギさんの歌声は、聴いていると思わず涙がこぼれてきます。 【ホンギ】 僕は違った意味で涙が出そうでした。キーが高いので、本当に辛くて……この曲はライブでやると倒れそうになります……(苦笑)。

――でもライブで聴く、ホンギさんの迫りくるような情感こもった歌声は、本当に素晴らしくて。 【ジェジン】 ヤバイですね〜。

――確かに「Distance」を筆頭に、FTISLANDの楽曲はキーがとにかく高い印象が。 【ホンギ】 そうなんですよ〜(笑)。
【ジェジン】 だから、僕が作る楽曲はできるだけキーを低くするようにしています(笑)。

――それでも 、男性が歌うには十分高いですけどね。では、スンヒョンさんのお気に入りの曲は? 【スンヒョン】 僕は新曲では「PAPER PLANE」。歌詞の内容もメロディーも本当に好きです。あと、「Someday」は武道館ライブを思い出す1曲です。
【ジェジン】 (この曲の作詞・作曲を担当)ありがとう〜!
【ジョンフン】 僕は「STAY」。この曲で僕は初めて日本語で作詞をしました。

――作詞作業は大変だった? 【ジョンフン】 まず韓国語で書いていって、それを日本語に変換していくという。わからないところは、翻訳機で調べて書きました。

――かなり時間がかかったのでは? 【ジョンフン】 3、4時間ぐらいかな。

――えっそんな早く?それは凄いですね。 【ジョンフン】 曲を作るよりも作詞のほうが早いです。内容は僕たちの年齢ならではの純粋な愛。僕が君を守るから、君はゆっくりしていてねって。
【ホンギ】 なんだかドキドキしますね(笑)。

(文:星野彩乃/撮り下ろし:鈴木健太)

RELEASE

20[twenty]【初回限定盤】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) このCDについて語ろう! 20[twenty]【初回限定盤】
FTISLAND
2012/05/16[アルバム]
¥3,800(税込)
ワーナーミュージック・ジャパン
WPZL-30411/2

20[twenty]【通常盤】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) 着うた®配信
20[twenty]【通常盤】
FTISLAND
2012/05/16[アルバム]
¥3,150(税込)
ワーナーミュージック・ジャパン
WPCL-11092


PROFILE

FTISLAND(エフティーアイランド)
ソン・スンヒョン(G&Vo)、イ・ジェジン(B&Vo)、チェ・ミンファン(Dr)、イ・ホンギ(Vo)、チェ・ジョンフン(G&Key)の5人組。
2007年、現役高校生バンドとして韓国で発足し、『ゴールデンディスク』新人賞を獲得するなど、韓国の各音楽新人賞を総なめにした。
2010年5月19日、シングル「Flower Rock」でワーナーミュージック・ジャパンより日本メジャーデビュー。
2011年5月18日、アルバム『FIVE TREASURE ISLAND』をリリース。
2011年9月28日、アルバム『Best Recommendation For JAPAN -Our Favorite Korean Songs』をリリース。
2011年11月30日、シングル「Distance」をリリース。
2012年4月18日、シングル「NEVERLAND」をリリース。
2012年5月16日、アルバム『20[twenty]』リリース。

ARTIST PAGE  COMMUNITY OFFICIAL SITE

BACKNUMBER

▲このページの最初に戻る