ORICON STYLE

感謝の気持ちを込めて1曲1曲作りました

――待望のアルバムがついに完成しましたね。【ユンホ】 お待たせしました(笑)。正直、僕も待っていたので、久々にアルバムを発売することができて嬉しいです。
【チャンミン】 待っていてくれたみなさんにこのアルバムをプレゼントするつもりで、感謝の気持ちを込めて1曲1曲作りました。

――『TONE』というタイトルに込められた意味は?【ユンホ】 英語でいろんな意味合いがあるのですが、声のトーンだったり、色のトーンだったり……アーティストとして、表現者として、細かいところまで操れるようになれたら、よりステップアップできるんじゃないかと。
【チャンミン】 何よりも2人になって初めて出すアルバムだから、成熟した東方神起をみなさんにお見せすることを目指してずっと制作していたんです。

――そういった意味でのプレッシャーはありましたか? 【ユンホ】 正直、ありました。でも、一番は「Why? (Keep Your Head Down)」のときですね。2人でどんなところをみなさんにお見せしたらいいのか悩んだし、そのための努力も今まで以上にしてきました。
【チャンミン】 2人になって、表現するという部分において、ちょっと足りなくなってきたところもあると思うんです。それを満たすためにも、2人の魅力を活かすためにも、どんな楽曲を制作したらいいのか、ずっと悩んでいました。
【ユンホ】 そこで1人ひとりの一番強い部分を見せればいいんだって。パフォーマンス的に各々の個性が感じられるインパクトのあるものを見せるのはもちろんですが、何よりみなさんに素直な僕らを伝えたかったので、2人が一生懸命頑張っている姿を見せることだけを考えて、「Why? (Keep Your Head Down)」という新たなジャンルの曲にチャレンジしてみました。

――また今作でも、新たなチャレンジをたくさんされてますね。【ユンホ】 ただ新たな面を見せるだけでなく、みなさんが知っている東方神起(の良さ)と新しい東方神起の両方を今回見せることができたんじゃないのかなって思います。東方神起ならではのバラードもあれば、クラブっぽいサウンド、ロック調の楽曲といった新たな作品もあり、聴き手のみなさんと一緒に楽しめる楽曲がたくさん収録されて、個人的にもすごく満足してます。
【チャンミン】 どのような曲調に対しても、僕は常に1曲1曲心を込めて歌いました。
【ユンホ】 東方神起は激しいダンスだけでなく、アカペラとかコーラスも武器だったと思うんです。でも、それを2人だけでカバーするのが本当に難しかったし、苦労しました。1人ひとりの(声の)個性を見つけるために、本当にいろんなパターンを試しながらやっていきました。

――まさに1曲目の「introduction〜magenta〜」は新たな東方神起を感じさせる斬新な楽曲ですね。【チャンミン】 初めてこの曲を聴いたとき、今までの東方神起にはない、童謡っぽい曲だなって思ったんですけど、表現の仕方を一歩間違えてしまったら、本物の童謡になってしまうので(笑)、その部分での心配はありました。でも、とにかくストレートに、ピュアな気持ちで歌いました。
【ユンホ】 1曲目は全体を代表する曲にもなると思うので、ボーカル的なスキルというよりも、僕たちの心を感じられるように、とにかく気持ちを込めて歌いました。
【チャンミン】 この曲があることで、逆にそのあとの曲がもっと活きたと思います。

ファンのみんなに向けた曲も……

――2曲目「B.U.T(BE-AU-TY)」はダンスチューンで。チャンミンが言うように、より楽曲の激しさが際立ってますね。【チャンミン】 東方神起のダンスナンバーっていうと、踊っている本人が息ができなくなるぐらい、本当に激しいんです。
【ユンホ】 アハハハ(大爆笑)。
【チャンミン】 もちろんこの曲も息が苦しくなるんですけど(笑)、歌詞が今までとは違って、女の人を誘う直接的な表現をしているので、激しいだけじゃないクールな東方神起の魅力が出ていると思います。
【ユンホ】 この曲のミュージックビデオ撮影で、僕がいきなりハイキックで登場するんですけど、最初はそれが理解できなかったんです(笑)。アクションシーンは初挑戦で大変な部分もありましたが、それ以上に楽しみながら撮影することができましたね。あと、見どころというか、大人っぽく見せるために、カラーコンタクトレンズを着けているので、そこにもぜひ注目してほしいです。
【チャンミン】 対照的に4曲目の「Duet」は、恋する相手を何があっても守ろうとする男らしさ、愛の表現をしている歌で。同じストレートな言い方でもまったく想いの込め方が違うんです。
【ユンホ】 僕はすごく主人公の気持ちに共感できましたね。何より「Duet」というタイトルからして、僕らの想いが反映されているといいますか。1人ひとりの声の魅力はもちろんですが、2人の声のバランスもこの曲の聴きどころだと思います。あと、声の魅力といえば、今回チャンミンが「B.U.T〜」と「Easy Mind」で初のラップに挑戦しています。想像以上に大人っぽいラップになっていて、チャンミンの新しい転機、武器になったんじゃないかと思います。
【チャンミン】 僕が、特にユンホの声の魅力が素直に出ているなと思ったのは「シアワセ色の花」。自分で納得のいくまで何度も録り直しするぐらい、彼はこの曲に対する想いが強いんです。
【ユンホ】 2人だけで6分40秒という長い曲のバラードをどう表現したらいいのか、今の東方神起の限界に挑む気持ちで、いつも以上に神経を集中させて歌いました。だから、ディレクターからオッケーと言われても、自分的にちょっとでも違うと思ったら、「やり直しさせてください」とお願いしてレコーディングしたんです。

――で、バラードの「シアワセ色の花」からまたガラッと「Easy Mind」では印象が変わっていて。この曲はよりライブで盛り上がりそうですね。【ユンホ】 楽曲も歌詞の内容もすごく好きですね。この曲は今まで待っていてくれたファンに対する感謝の気持ちが込められているんです。
【チャンミン】 嫌なことを忘れて、日頃のストレスを発散して、とにかく楽しくいきましょう!っていう歌詞の内容で。しかも、今までやったことのないバンド系のテンポの早いサウンドで、聴いた瞬間、僕もライブでお客さんと一緒に盛り上がれる曲だなってすぐにイメージできました。
【ユンホ】 あと、「Weep」もライブでファンのみなさんと一緒に歌いたい曲ですね。個人的にライブのエンディングで披露できたらいいなって思っているんですけど。
【チャンミン】 この曲はユンホの口笛が聴きどころです(笑)。
【ユンホ】 いきなりチャンミンが「ユンホは口笛がうまいんです」ってみんなを騙して。本当はすごく下手なのに、チャンミンがそう言うから仕方なく(苦笑)、最後に僕が下手な口笛を入れることになったんです。
【チャンミン】 (笑)。
【ユンホ】 でも、自分で言うものなんですけど、味が出ていると思います(笑)。あと、最後の“ラララ〜”は、本当にライブのエンディングでファンのみなさんと一緒に歌っているような気持ちで、もう一度みなさんの前で東方神起として歌えることを感謝しながら、まっさらな気持ちで歌いました。

次のページへ⇒【2人一緒だったら、成長していくことができると思う】

(文:星野彩乃)

RELEASE

TONE【CD+DVD】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) このCDについて語ろう! TONE【CD+DVD】
東方神起
発売日:2011/09/28
[アルバム]
価格:¥5,040(税込)
エイベックス・トラックス 
品番:AVCK-79034/B

TONE【CD+DVD】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) 着うた®配信 TONE【CD+DVD】
東方神起
発売日:2011/09/28
[アルバム]
価格:¥4,200(税込)
エイベックス・トラックス 
品番:AVCK-79035/B

TONE【CD】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) TONE【CD】
東方神起
発売日:2011/09/28
[アルバム]
価格:¥2,940(税込)
エイベックス・トラックス 
品番:AVCK-79036

PROFILE

東方神起(トウホウシンキ)
ユニット名は“東方の神が起きる!”という意味で、アジア全域から世界にその名を広げられるグループとして名付けられた。
2004年2月、韓国出身のボーカルグループとしてデビュー。「Purple Line」「どうして君を好きになってしまったんだろう?」「呪文−MIROTIC−」などのヒット作をリリース。
2010年4月、東方神起としての活動休止を発表。
2011年1月にチャンミン、ユンホにより活動を再開。
2011年1月26日、シングル「Why?(Keep Your Head Down)」をリリース。
2011年7月20日、シングル「Superstar」をリリース。
2011年9月28日、アルバム『TONE』をリリース。

▲このページの最初に戻る