ORICON STYLE

男らしくてゴリゴリしたサウンドで歌いたい!

「愛をくらえ」
「愛をくらえ」

――新曲「愛をくらえ」は、ツアー『Mind Traveler』のアンコールでも歌われていましたよね。反響はいかがでした? 【志帆】 アンケートを見ると、みんな“カッコイイ”って書いてくれていますね。あと、やけにライブのスタッフ受けがいいんですよ。普段からいろんなバンド演奏をたくさん聴いている方が、“あの曲、何?カッコイイじゃん”って言ってくれたりして。珍しいんですけどね。

――いつ作った曲なんですか? 【志帆】 これはアルバム(『Mind Travel』)が終わってすぐ。そのままの流れで録りました。

――気持ち的には、アルバム制作時とは別のモードで?それともアルバムを作ったときの気持ちを持続させていた感じですか? 【志帆】 いや、アルバムとは切り離して、また次の気分というか。3rdアルバムは柔らかな気持ちで作れたんですけど、その反動なのか、男らしくてゴリゴリしたサウンドで歌ってみたいって自然に思えたんですよ。ものすごくシンプルな編成で、弦とかも入れずに歌ってみたくて。だからギター、ベース、ドラムという編成で録ったんです。多保くんからデモがあがってきた段階ではコーラスやストリングスも入っていたんですけど、それを入れてしまうとやけに華やかに聴こえてしまうので、全部削ぎ落としてもらって。空間はギターで埋めるようにしました。

――バンドサウンドに立ち返った印象ですもんね。 【志帆】 うん。ライブでもディスクの通りに再現できるくらいのシンプルさでやりたくて。バンドサウンドということにこだわりを持ちながらやってみました。

――しかもヘビーで、今までになくダークなトーンの曲ですよね。 【志帆】 映画(『スマグラー おまえの未来を運べ』)の主題歌なんですけど、原作や脚本を読んでダークなイメージを受け取ったので、そうなったってところもあるかな。久々にこういうタイプの曲ができましたね。

真っ直ぐに届けばいいな

Superfly
Superfly

――いつ以来でしょう?【志帆】 いつ以来だろう……。まぁ、ちょっと1stの頃っぽいというか。攻撃的なところがあるっていう意味では「マニフェスト」以来かもしれませんね。なんか、今またそういう感じが必要に思えたんですよ。

――Superflyの活動はすごく充実しているのに、なんで今そういう感じが必要に思えたんですかね? 【志帆】 う〜ん。やっぱりなんにでも疑問を持ったりすることって、音楽を作る上で大事だと思うんですよ。充実してるときだからこそ、余計にそういう気持ちも必要というか。

――世の中の状況とかも関係している?【志帆】 影響はあるでしょうね。前々から感じていることではあるんですけど、例えば多くの人はキレイなものを素直にキレイだとなんで言えないんだろ、とか。感じたことをもっとシンプルに言える世の中になってもいいのに、っていうのはありますよね。あと、チャリティとかのことにしても、善意でやってるのにいちいち変なふうに疑ってかかる人がいたりするじゃないですか?テレビの世界ではコメンテーターの人がいちいち誰かの揚げ足を取っていたりとか。そういう世の中の流れにどうしても苛立ちが込み上げてしまうんですよね。で、私自身はそういう世の中から仮にそっぽを向かれたとしても、何かを言われたりしても、私の思う正義を貫いていきたいというか。そう思うんですよね。

――ダークなトーンが基調になっていながらも、決して後ろ向きではない。最後には希望が感じられる曲になっていますもんね。【志帆】 そうですね。最後はやっぱり希望の感じられる美しいメロディーで歌いたいって、多保くんにも話したんですよ。だから、真っ直ぐに届けばいいな。

(文:内本順一)

RELEASE

愛をくらえ【初回限定盤A】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) このCDについて語ろう! 愛をくらえ
【初回限定盤】
Superfly
発売日:2011/10/12
[シングル]
価格:¥1,890(税込)
ワーナーミュージック・ジャパン
品番:WPZL-30329/30

TONE【CD+DVD】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) 着うた®配信 愛をくらえ
【通常盤】
Superfly
発売日:2011/10/12
[シングル]
価格:¥1,000(税込)
ワーナーミュージック・ジャパン
品番:WPCL-11001

PROFILE

Superfly
1984年2月25日生まれ、愛媛県出身のボーカリスト越智志帆のソロユニット。
2004年、越地元愛媛の大学サークルにて越智志帆(Vo)、多保孝一(G)が中心となりバンド“Superfly”を結成。2007年4月、シングル「ハロー・ハロー」でメジャーデビュー。2007年11月、多保孝一(G)がコンポーザーとしての活動に力を入れるべく、メンバーという表舞台から退く事を発表。志帆の圧倒的なボーカル力が話題となり、ブレイク。
2010年9月1日、シングル「Wildflower & Cover Songs;Complete Best‘TRACK 3’」をリリース。
2010年12月15日、シングル「Eyes On Me」をリリース。
2011年3月9日、シングル「Beep!!/Sunshine Sunshine」をリリース。
2011年6月15日、アルバム『Mind Travel』をリリース。
2011年6月29日、シングル「あぁ」をリリース。
2011年10月12日、シングル「愛をくらえ」をリリース。

ARTIST PAGE  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る