ORICON STYLE

Check 2011年03月09日

プライベートもメンバー同士で!

  • SKE48 松井珠理奈
  • SKE48 高柳明音
  • SKE48 木本花音
――「バンザイVenus」はどんなところが良いと思いますか?
【平松】 今までのSKE48は、カッコよくて爽やかな曲が多かったんですけど、今回はかわいらしさも加わって。SKE48の集大成というか、良いところがいっぱい詰まっています。
【木本】 ガムシャラな感じがSKE48らしいと思いました。
【高田】 とにかくにぎやかで、一回聴くだけで耳に残るし、元気が出て笑顔になれます。
【高柳】 それに、ストーリー性がありますよね。ショッピングモールで好きな子に会って、「一緒に帰ろう」って話しかけるまでの過程が描かれているのが、新しいかな。
【松井珠】 SKE48には片思いの曲が多くて、相手とすれ違ってキュンとするとか、見ているだけで幸せという気持ちがよく綴られていますけど、今回は同じ片思いでも「勢いで告白しちゃえば何とかなるさ!」っていう。その勢い勝負なところが、私たちらしいです。
――普段のSKE48の活動でも勢いで行くことがある?
【松井珠】 ステージはいつも「この後で倒れてもいい!」くらいの気持ちで全身全霊でがんばるし、だから汗の量がハンパじゃないという。あと、トークも言った者勝ち(笑)。言ったらどうなるか気にするより、「スベったれ!」ぐらいに話すメンバーが多いです(笑)。
――高田さんは今回、初の選抜入りですね。
【高田】 名前を呼ばれた瞬間、頭が真っ白になりました。何も考えられず、顔だけボーッと熱くなって。でも、毎回「呼ばれたらいいな」と期待していたので、すごく嬉しいです。
――この曲は舞台がショッピングモールですが、そういう場所になじみはあります?
【松井珠】 メンバーとよく行くのは、MVを撮影した大須商店街。クレープやたこ焼きを食べたり、かわいい服が安く買えたり。東京で言えば、原宿と秋葉原を足して2で割った感じです。
【高柳】 SKE48に入ってからは、名古屋では気づいてくださる方もいて。大須でクレープとか買うと、その場では何も言われず、よく見たら包み紙に「がんばってください」って書いてあったりします。
【松井珠】 あるある!
【高柳】 地元の方に応援してもらってるんだなぁと思うし、その場で話して周りに迷惑がかからないようにする気遣いも優しいなと思います。
【平松】 私は劇場のあるサンシャイン栄からパルコまでが買い物コースで、月に2回ぐらい、しーたん(高田)と行ってます。
【高田】 この前は2日連続で一緒に(笑)。可奈ちゃん(平松)に「この服どう?」とか相談します。私は優柔不断なんですけど、可奈ちゃんは……。
【平松】 即決派(笑)
【高田】 「絶対似合うから大丈夫!」って背中を押してくれて。そういう人がいないと、私は買えないんですよ。
【木本】 私が行くのは、お母さんと地元の商店街になっちゃいますね。まだ中学生なので、あんまり遠くまで行くと迷っちゃうんです(笑)。
【松井珠】 じゃあ今度、中学生同士で一緒に行こう!

勇気を出した告白経験!!

  • SKE48 平松可奈子
  • SKE48 高田志織
――今作は“勇気を出して告白”という歌ですが、こんな気持ちで勇気を出して何かをした経験はありますか?
【松井珠】 お母さんが送り迎えを当たり前のようにしてくれますけど、よく考えたら、自分もお仕事があるのに、私に合わせて苦手な早起きをしてくれたり、ごはんを作ってくれるのは、全然当たり前じゃなくて。感謝の気持ちってなかなか言えないけど、勇気を出して「ありがとう」と言うようにしています。
【木本】 私もお母さんに、メールでは「ありがとう」と伝えられますけど、直接はなかなか言えなくて。SKE48に入れたのも、お母さんが励ましてくれたからだから、言わなきゃと思って。心臓バクバクになりながら「ありがとう」と言いました(笑)。
【平松】 私はAKB48さんと接する機会が少ないんですけど、チームZで大島優子さんとペアのフリになって。わからないところを聞くのに、すごく時間かかりました。思い切って「教えてください」と言ったら、大島さんがわざわざ後から教えに来てくれて、そのときがいちばん勇気を出したと思います。手汗をすごくかいていました(笑)。
【高柳】 この前のチームKII公演のとき、練習でうまくいかなくて、久々にみんなで話し合いをしたんですね。そこで自分が思っていることを正直に言うのは、すごく勇気が要りました。でも私はリーダーだし、「悪く取らないでね」って話したら、みんな「言ってくれてありがとう」って。それからいい形になったので、良かったなと思いました。
【高田】 私は……、この前カゼをひいてしまったんですけど、薬を飲むのが苦手で、1粒ずつしか飲めないんです。5粒飲むには水5杯。だけど20才にもなったことだし、2粒ずつ飲んでみようと挑戦しました(笑)。勇気が要りましたね。
【平松】 おもしろい(笑)。
【高田】 そしたら2回目で、ノドに薬が突っかかって。
【高柳】 私は5粒を1回で飲めます。昔から平気で飲んでいました(笑)。
――ところで、このシングルの発売日前日が珠理奈さんの誕生日でしたね。
【松井珠】 わーい(笑)!
――いつも「大人っぽい」と言われていると思いますが、いくつぐらいから自覚していましたか?
【松井珠】 SKE48に入って言われるまでは、ぜんぜん気づいていませんでした。ただ、ヘンに大人っぽいところがあったから、小さい頃から「みんなと違うね」とは言われていて。先生にタメ口は絶対イヤで、ひとりだけ敬語だったり。学級委員や児童会役員をやっていて、しっかりしていたと思います。
――精神的に大人だったと。
【松井珠】 あと、小学校低学年まで、よくハーフに間違えられていました(笑)。
【高田】 1期オーディションに受かったメンバーの年齢は全然知らなくて、(当時)小学生だと聞いてビックリしました。
【松井珠】 いつも「最初の印象と違う」と言われます。「怖そう」とか「話しかけにくい」と思われて。確かに、私と玲奈ちゃんだったら、玲奈ちゃんのほうが話しかけやすいですよね(笑)。そのぶん、私がメンバーに抱きついたりして甘えているのを見て、皆「ビックリした」って。
――4期生の木本さんは、珠理奈さんをどう思っていました?
【木本】 そんなに怖いとは思っていなかったです。先輩は皆さん優しそうでした。
【松井珠】 うまいこと言いますね(笑)。最近ファンの方に言われるのは、今「大声ダイヤモンド」のMVを観たら、意外に子どもだったと。当時も大人っぽいと言われていましたけど、顔がもう少し丸かったんです。2年で外見も内面も急激に大人っぽくなったのは、自分でも実感してます。それだけいろんなことを乗り越えてきましたし。
――14才になって、今後はどうなりそう?
【松井珠】 “かわいい”より“きれい”と言われるほうが、私は嬉しくて。子どもの頃に大人っぽいと、大人になったら若く見えるとよく言いますよね?私もそうなるはずだと、すごく楽しみです

(文:斉藤貴志/撮り下ろし写真:片山よしお)

RELEASE

バンザイVenus【通常盤typeA】

バンザイVenus【通常盤typeA】
SKE48
発売日:2011/03/09[シングル] 価格:¥1,600(税込)
日本クラウン 品番:CRCP-10261

CDを購入する(Amazon) このCDについて語ろう

バンザイVenus【通常盤typeB】

バンザイVenus【通常盤typeB】
SKE48
発売日:2011/03/09[シングル] 価格:¥1,600(税込)
日本クラウン 品番:CRCP-10262

CDを購入する(Amazon) 着うた配信

PROFILE

  • 東京・秋葉原を拠点にする人気アイドルグループAKB48の全国進出第1弾として、名古屋・栄に進出したアイドルグループ。作詞家でもある秋元康が総合プロデューサーを務める。2008年7月より活動を開始し、メンバーは、チームS、チームKII、研究生から構成される。AKB48メンバーとしても活躍する松井珠理奈、松井玲奈、矢神久美がチームSに所属している。
  • 2009年8月5日、シングル「強き者よ」をリリースし、CDデビュー。5位を獲得する。
  • 2010年3月24日、2ndシングル「青空片想い」をリリース。3位を獲得する。
  • 2010年7月7日、3rdシングル「ごめんね、SUMMER」をリリース。3位を獲得する。
  • 2010年11月17日、シングル「1!2!3!4! ヨロシク!」をリリース。2位を獲得する。
  • 2011年3月9日、シングル「バンザイVenus」をリリース。

▲このページのTOPに戻る

PLAYPLAY