ORICON STYLE

自分たちの新しい開拓面が多かった

山口一郎
山口一郎

江島啓一
江島啓一

――今回は、いつもの山口さんに加え、江島さんも一緒ですね。 【山口一郎】 『DocumentaLy』では、エジー(江島)のバンド内での役割がこれまで以上に大きかったですからね。エジーがかなりレコーディングの進行を担ってくれたんで、僕もより歌詞作りに集中できたし。今回は僕の不在も長く、4人だけで制作する時間も多かったので、不安も多少あったけど。上手くリーダーシップをとって進行してくれて。ホント、感謝しています(笑)。
【江島啓一】 とは言え、“一郎の代わりに俺がリーダーだ!”って意識は全く無かったですよ(笑)。正直、最初は不安もあったけど、4人での作業が長くなるにつれ、意思疎通にも長けてきて。段々と進行もスムーズになっていきましたから。
【山口】 今までは僕の投げたモチーフの受け取り方がみんなバラバラで、あがってくるものがイメージしにくいこともありました。だけど今回は、エジーのおかげでかなり近いものが上がってきたところもあったし。

――色々なタイプの楽曲を揃えつつ、不思議な統一感を有してますもんね、今作は。これには何かコンセプト的なものがあったんですか? 【山口】 当初は漠然と、“自分たちにとってのリアリティを、時間軸に沿って表わしたい”的なものはあったけど、震災を経てその本質も変わってきて。いわゆる“今のこの時代を切り取り、言い表わしたい”へと、意識も移ってきたんです。

――今作を聴き、今までで最も悲しみを帯びていて、深みを感じたのもそれに関係しているような。 【山口】 どうだろう?僕はいつも真っ向勝負で音楽を作っているけれど、その中でも自分でも気づかないうちに作品に(感情などが)滲み出ていた、なんてものがあって。それが今回はより濃く、自然に出たところはあるかな。特に今回はアレンジを先に完成させて、あとから歌詞やメロディーを乗せてみる手法も試してみたし。その辺りも含め、自分たちの新しい開拓面が多かった気はします。
【江島】 やり方や進め方では、今まで無かったものや新しい手法も多かったですからね。おかげでより色々なものを素直に受け入れ、要所要所で柔軟な対応が取れたし。完成間際、急に「ここは打ち込みに変えよう」なんて時も、最初は“えっ、ここまで作ったのに!?”と思いつつ、とりあえずは試してみて。結果、そちらの方がしっくりきたので快く受け入れたところもあったし。

今という時代を、自分なりの表現や言葉で言い表したかった

サカナクション
サカナクション

――個人的には、これまでのシングルや昨今のライブの流れから、全体的に土着的でトライバルな作品を予想をしていたんで、正直驚きました。“こうきたか……”と。 【江島】 作る前は自分たちにもそんなイメージはありましたよ。だけど、進めるうちに前作の延長戦ではなく、“歌の意味をきっちり伝えるもの”、“歌が活きるアレンジ”を心がけていくようになって。

――確かに今回はメッセージ性を擁している曲も多いですもんね。 【山口】 この時代はどんなことがあり、どんな世の中なのか?を自分なりの表現や言葉で言い表したかったですからね。フィクションじゃなく、違和感を含めた“リアルな気持ちの揺れ”を露骨に歌にしたかったというか。なので、僕が感じている時代の違和感みたいなものは表わせたかな。

――あえてそこで答えまでを標榜せず、問題提起に留めているところも特徴的ですね。 【山口】 僕は人に答えを説けるほど完璧な人間じゃないですからね(笑)。あえて“僕はこう思うんだけど、みんなはどう?”に留めました。あとは、とにかく今回は歌詞に新しい発明をもたらしたかった。それを「エンドレス」では実現できたかなと。
【江島】 「エンドレス」も含め、確かに歌詞はもう一段上のレベルにいったかな。それもあり、“これに負けないサウンドを作らねば!”と気合いを入れ直したし。ある意味今作は、サウンドも歌詞もお互いが高め合っていると思います。
【山口】 言葉の伝達は、音楽にとって非常に大切な役割の一つですからね。それをサカナクションらしいサウンドで実践し、一つの新しい提案や提示、発明の第1弾が『DocumentaLy』だったら嬉しいですね。

(文:池田スカオ和宏)

RELEASE

DocumentaLy【初回限定盤A】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) このCDについて語ろう! DocumentaLy
【初回限定盤A】

サカナクション
発売日:2011/09/28
[アルバム]
価格:¥3,500(税込)
ビクターエンタテインメント
品番:VIZL-437

DocumentaLy【初回限定盤B】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) 着うた®配信 DocumentaLy
【初回限定盤B】

サカナクション
発売日:2011/09/28
[アルバム]
価格:¥3,000(税込)
ビクターエンタテインメント
品番:VICL-63785

DocumentaLy【通常盤】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) DocumentaLy
【通常盤】

サカナクション
発売日:2011/09/28
[アルバム]
価格:¥2,800(税込)
ビクターエンタテインメント
品番:VICL-63790

PROFILE

サカナクション
山口一郎(Vo&G)、岩寺基晴(G)、草刈愛美(B)、岡崎英美(Key)、江島啓一(Dr)による男女5人組バンド。 高校の同級生である山口と岩寺が“サカナクション”を結成。テクノ・エレクトロニカを基調としたロックバンドとして、札幌を中心に2005年よりライブ活動を開始。2006年春に江島、岡崎、草刈の3人がメンバーとして加入し、現在の5人となる。サカナクションというバンド名の由来は、“sakana+action=ミュージックシーンの変化を恐れず魚の動きのように軽快に素早くアクションしていく=sakanaction”。
2010年1月、2ndシングル「アルクアラウンド」をリリース。最高位3位を記録。
2010年3月17日、4thアルバム『kikUUiki』をリリース。最高位3位を記録。
2010年8月4日、3rdシングル「アイデンティティ」をリリース。最高位12位を記録。
2011年3月16日、4thシングル「ルーキー」をリリース。最高位6位を記録。
2011年7月20日、5thシングル「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」をリリース。最高位8位を記録。
2011年9月28日、5thアルバム『DocumentaLy』をリリース。

ARTIST PAGE  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る