ORICON STYLE

新曲のイメージは、今までとはガラッと変わりました

鎌苅健太
鎌苅健太

米原幸佑
米原幸佑

井出卓也
井出卓也

――「ハリキリ女神」は100%夏シングル。踊ってますね〜。 【全員】 はははは(照笑)!
【米原幸佑】 そうなんです!楽しすぎて細貝くんなんて腕を回しすぎちゃって、ひとりだけ倍速なんですよ。
【鈴木勝吾】 勢いがあっていいよ(笑)。
【井出卓也】 勝吾さんは1テンポずれてましたけどね!
【鈴木】 味があっていいよ(笑)!

――ポジティブシンキングですね〜。 【鎌苅健太】 (笑)本当に今までとはガラッと変わりました。海で流れていたらピッタリのサマーチューンなんですけど、こういう時代だからこそ元気な曲がいいし、今回はみんなで楽しも!っていう気持ちで作りました。歌詞は女性への応援歌で、女性の人生をカラフルに彩りたいというメッセージを込めようと決めたときに、このタイトルが出てきて。そこから歌・音・ラップができて、そこに向かうみんなのベクトルが、もしかしたら今までで一番強かったかもしれない。

――しかもみなさん自身にとても近い歌なんじゃないかな?って思ったんですけど。 【米原】 そうなんですよ。本当に僕らが一番楽しめる曲でもあるし、それをお客さんにも共有してほしいっていう気持ちがありました。

――サビの振り付けとかわかりやすくて、みんなすぐに覚えて踊れそうですもんね。 【鎌苅】 あの振りは僕らが付けたんです。“こんなんどぉ?”“いいやん!”ってノリで(笑)。
【米原】 PV撮影の前に“踊りを入れたい”ということは監督に伝えていたので、俺らはそれぞれバラバラに踊ればいいって思っていたんですけど、当日、全員で揃えて踊る用のセットがバッチリ組まれていて(笑)。
【細貝】 行ってみてビックリしたよな(笑)。俺なんかすごい必死で、あとで見たら顔が引きつってるもん。
【鎌苅】 でも、“無理して踊ってるくらいがみんなの心を打つんじゃないか?”ってみんなと話してたんですよ。

――レコーディングはどうでしたか? 【米原】 シングル4枚目にして、初めての5人揃ってのレコーディングでした(笑)。
【細貝圭】 ラップの部分を録るときは卓也がずっとブースにいてくれてアドバイスしてくれたよね。
【鈴木】 あれはすごく心強かった。
【井出】 (照笑)いや〜まぁ、こういう元気な曲なんで、みんなで盛り上がれたらいいなと思って!このラップを作るとき、勝吾さんに“ありのままでいいんじゃない?”って言ってもらったことを参考にしながら、作っていきました。
【鈴木】 自分らしさと新しさの中間を表現できているなぁと思いました。メイキングの撮影をしながらのレコーディングだったので、みんな和気あいあいと楽しんでやらせて頂きました。

――新しい発見はあった? 【井出】 1対1のラップ指導のときは、米原さんが本当に英語の発音ができなくて……。
【米原】 できるわ(笑)!
【鎌苅】 あと、想像以上に勝吾の声が高かった。
【井出】 みんなの声質が違っているから、それを活かしていろんな遊び心を入れたよね。

女の子に思わず手を貸してあげたくなるときは……

鈴木勝吾
鈴木勝吾

細貝圭
細貝圭

――ところで歌詞の中で<不器用さがかわいい>と歌っていますけど、みなさんが女の子に思わず手を貸してあげたくなる時は? 【米原】 できないのにがんばってる女の子。
【鎌苅】 できないところに気づいてない感じも好きだけど。
【米原】 ベタですけど、重いモノを持っているときとか、手を貸したくなる。
【井出】 理想ですけど、ワンピースの背中のジッパーを上げられないときに手を貸してあげたいな〜。
【鎌苅】 僕の理想は、オレンジを3個くらい持っていて、1個落として拾おうとしたらもう1個落ちて……っていうのを2〜3回繰り返したら“も〜バカだなぁ。俺がお前の右手になってやるよ”って感じ?
【井出】 ドラマの見すぎ!
【鈴木】 ケンケン(鎌苅)、そういうプチ妄想が好きだよね。
【井出】 勝吾さんは逆に、女性が手を貸したくなる人だと思いますよ。
【鈴木】 あ、でも重いとか関係なく女の子のバッグとか持ってあげたいかも……。
【鎌苅】 それ、完全に恋の奴隷ですよ。だってね、女の子に言いたい。俺が彼女のバッグを持たされている男に見えることが、彼女はイヤじゃないのか?って。
【細貝】 周りにどう見られてもよくない?
【鈴木】 俺もそっち派。
【鎌苅】 ………。
【井出】 ケンケン、負けたな(笑)。
【鎌苅】 いや!でもね……やっぱりふたりが幸せだったらそれでいいですよね(笑顔)。
【全員】 (爆笑)

――そして細貝くんは? 【細貝】 僕は相談に乗りたいです。
【井出】 なるほど。そういう“手を貸す”か……(感心)。
【米原】 そうやって女性の弱みにつけ込んでいくんですよー(笑)。
【細貝】 あはは!いや、悩みを聞いたり、少しでも気持ちが楽になれば……。
【鈴木】 よくあるパターンだな。

――(笑)そして(カップリングの)「Over the gray」は「ハリキリ女神」とは逆に、男性的ですね。 【鎌苅】 応援歌という意味では同じなんですけど対照的というか、色がゼンゼン違いますよね。
【米原】 90年代っぽいよね。俺、こういうの好き。
【鎌苅】 歌いやすかったし、歌っていて気持ちよかった。
【鈴木】 うん、それが聴いていてすごくわかったんだよね。「ハリキリ女神」とのギャップがおもしろいし、ココア男。の二面性が出ているんじゃないかな。
【細貝】 「Over the gray」はガッツリとバンドサウンドで、「ハリキリ女神」は敢えてバンドサウンドじゃなく、みんなでワーッと騒ぐ感じが楽しいかもね。
【鎌苅】 いや〜、楽しい夏にしましょうよ。

(文:三沢千晶)

RELEASE

ハリキリ女神【CD+DVD】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) このCDについて語ろう! ハリキリ女神
【CD+DVD】

ココア男。
2011/08/10[シングル]
¥1,890(税込)
エイベックス・トラックス
AVCD-48106/B

ハリキリ女神【CD+CD-EXTRA】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) 着うた®配信 ハリキリ女神
【CD+CD-EXTRA】

ココア男。
2011/08/10[シングル]
¥1,260(税込)
エイベックス・トラックス
AVCD-48107

ハリキリ女神【CD】mu-moショップ・イベント会場限定盤 ハリキリ女神
【CD】
mu-moショップ・
イベント会場限定盤

ココア男。
2011/08/10[シングル]
¥500(税込)
エイベックス・トラックス
AVC1-48108

PROFILE

ココア男。
鎌苅健太(Vo)、鈴木勝吾(G)、細貝圭(B)、米原幸佑(Dr)、井出卓也(Key&Rap)の5人組。
関西テレビ『イケメンデルの法則〜恋に苦しむハンサムなエンドウ豆たち〜』(2010年3月25日放送終了)からスピンアウトした、人気俳優5人から成るロックバンド。
“究極のモテ男を目指す”という番組コンセプトのもと、「ココア」こそモテ男のマストアイテムであり、それこそが真の「男」である!という結論に達し「ココア男。」と命名。
2010年4月14日、シングル「甘い罠 苦い嘘、、、」でデビュー。
2010年9月15日、シングル「Let me free 〜強引なほど、、、/CROSS MIND」をリリース。
2010年12月1日、ミニアルバム『RICHCOCOA』をリリース。
2011年5月11日、シングル「Soldier/「NO you! NO life! NO...xx?」feat.Me」をリリース。
2011年8月10日、シングル「ハリキリ女神」をリリース。

ARTIST PAGE  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

PICKUP

ココア男。の過去のインタビューはこちら

▲このページの最初に戻る