ORICON STYLE

映像を流しながら曲を聴いて

――「ゼロ」は、生命と生命の交わりとその終わりを深遠な筆致で焼きつける、魂の歌だと思いました。サウンドは全体的に荘厳かつシリアスなムードをたたえているけれど、音、メロディー、言葉の連なりが皮膚感覚に近いものとして迫ってくるような感動があって。『零式』の世界観の核心を想起させながら、その実やはりBUMP OF CHICKEN然とした歌になっている。 【藤原】 ありがとうございます。これは……ホントに自動的にこうなったという感じなんですよね。特別真新しい何かにチャレンジしているわけでもないし……。

――テーマ的にも、藤原さんが、BUMP OF CHICKENが、これまでもずっと描いて鳴らしてきたことですよね。 【藤原】 僕もそう思います。で、『零式』の制作チームのみなさんもそういうものを求めてくれていたと思うので。それゆえにありがたいご依頼だったんですけど。ホントにね、最近は曲を作るぞってギターを持つと、本能的というか、無自覚な作業になってくるので。

――バンド内では藤原さんから上がってきた「ゼロ」の原形をどう受け止めましたか? 【直井】 仕事の帰りに、メンバーで藤くんの家にゲームをしに遊びに行って。ふと藤くんが「『零式』の主題歌ができたよ。聴く?」って言うんですよ。いつもだったら、CDをプレイヤーに入れて、歌詞を渡されて聴くんですけど、「ゼロ」は違って。藤くんが「そうだ、俺は昨日こうやって聴いたんだ」って、DVDをプレイヤーに入れるわけです。そのDVDというのは『零式』のプロモーション映像なんですね。その映像を流しながら曲を聴かせてくれて。

――粋な演出ですねえ。 【直井】 粋ですよね。僕らにとっては、藤くんから上がってきた新曲を聴くのと、『FINAL FANTASY』シリーズの新作をプレイするのも、人生にとって大きな柱のような楽しみで。そのふたつが重なることなんて一生なくても不思議じゃない。曲を聴き終えて、「すごくいい曲だね!」って藤くんに感想を伝えて。

藤原基央と『零式』の世界観が一致した感動

――ソングライターとしての藤原さんが最初に報われる瞬間。 【藤原】 そうですね。メンバーに聴かせるまでは、その曲が自分以外の人にとってどういうものなのかホントにわからないから。だから、今回も最初にメンバーに「いいね」って言われたことで、すごく安心しましたね。
【直井】 イメージ映像を観ながら「ゼロ」を聴いたときに、まるで当然そこに存在しているような歌だったんです。その時点ではBUMPの曲というよりも、藤原基央というシンガー・ソングライターと『零式』の世界観が一致したという感動だったんですけど。すごいなと思った。

――レコーディングで、実際そこに自分の音を重ねるときはどんなことを思いましたか? 【直井】 しばらく演奏できない感じがあったんです。喜びが大きすぎて。でも、ひたすら曲を聴いて、いつものように「これはBUMP OF CHICKENの曲だ」って思えた瞬間から、いつも通りベースを弾くことができて。最終的には原点に立ち返って。あたりまえですけど、自分たちがやるべきことは聴いてくれる人たちに向けて曲を届けるだけだから。レコーディングに入ってからは『零式』のことは忘れていました。フレーズに関しても、プリプロの時点で音が緻密に入っていたので。自然体でプレイすることができましたね。
【升】 僕も最初に曲を聴かせてもらったときの感覚、イメージが大きかったので。それを素直にプレイに落とし込んでいくような感じでしたね。作り方としてはいつもと変わらないです。1曲とちゃんと向き合って、その曲で自分は何をするべきなのかを感じて、ドラムを叩くという。

――いよいよ12月5日から約3年半ぶりの全国ツアーがスタートします。いまはどんな気持ちですか? 【増川】 3年半ぶりの全国ツアーって感慨深いものがありますね。僕らもすごく楽しみにしています。
【直井】 この前、メンバー4人とプロデューサーで集まりまして。曲を決めたりとか、どういうライブにしようかという話し合いをしました。セットリストのアイデアもみんなのなかからいっぱい出すぎて「結局全部じゃん」ってなっています(笑)。
【藤原】 すごく久しぶりのツアーになるんですけど、そのあいだに僕らが何をやっていたかというと曲を作っていたということで。そのすべての曲が、作っているときにお客さんに聴いてもらうことを前提にしていたので。僕らは曲を聴いてくれる人がいるんだという事実に助けられてきたから。お客さんに会える、みなさんの前で演奏できるのをすごく楽しみにしています。

(文:三宅正一)

RELEASE

ゼロ【期間限定盤】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) このCDについて語ろう! ゼロ
【期間限定盤】

BUMP OF CHICKEN
発売日:2011/10/19
[シングル]
価格:¥1,500(税込)
トイズファクトリー
品番:TFCC-89349

ゼロ【通常盤】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) 着うた®配信 ゼロ
【通常盤】

BUMP OF CHICKEN
発売日:2011/10/19
[シングル]
価格:¥1,050(税込)
トイズファクトリー
品番:TFCC-89350

PROFILE

BUMP OF CHICKEN
メンバーは、藤原基央(Vo&G)、増川弘明(G)、直井由文(B)、升秀夫(Dr)の4人。全員が千葉県佐倉市出身で、幼稚園からの幼なじみ。1994年、中3の文化祭でBUMP OF CHICKENを結成。
1999年3月18日、アルバム『FLAME VEIN』をインディーズよりリリース。その圧倒的な楽曲と演奏で大きな話題に。
2000年9月21日、シングル「ダイヤモンド」でメジャーデビュー。
2002年2月20日、アルバム『jupiter』をリリース。初の1位を獲得。
2010年4月14日、シングル「HAPPY」をリリース。1位を獲得。
2010年4月21日、シングル「魔法の料理 〜君から君へ〜」をリリース。1位を獲得。
2010年10月13日、シングル「宇宙飛行士への手紙 / モーターサイクル」をリリース。1位を獲得。
2010年12月15日、アルバム『COSMONAUT』をリリース。1位を獲得。
2011年2月23日、シングル「友達の唄」をリリース。2位を獲得。
2011年5月19日、シングル「Smile」をリリース。3位を獲得。
2011年10月19日、シングル「ゼロ」をリリース。

ARTIST PAGE  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る