ORICON STYLE

人気アナのホンネに迫る! アナ☆スタイル 特別編 Early Morning Special Interview
新生アリモニ、働く女性の気持ちを歌う!
『木10』枠ドラマとコラボしたい!(中野)
Early Morning
生野陽子

――新生Early Morningとしての活動の手ごたえはいかがですか?
【中野美奈子アナ】 手ごたえは全く何も感じてないんです(笑)。何せドッキリというか、『アナ★バン!』のいつもの勢いで気付いたらCD発売という流れになっていました(笑)。

――先輩の高島彩アナからアドバイスはありましたか?
【中野アナ】  『また大変な季節がきたね、でも頑張って』と応援してくれました。彩さんはアリモニを 卒業して少し解放されてる感じ(笑)。最近は深夜の番組も良く観ているみたいで、アナウンサーの視点というより、あの番組での衣装がどうだったとか母親の視点でメールしてくれます。

――加藤アナは今回本格的な作曲に初挑戦。作れと言われて作れてしまうのは凄い!
【加藤綾子アナ】 曲自体を作るとなったのは、私が音大出身ということから始まりまして。何から何まで全てがドッキリでした(笑)。でも音大時代は作曲家の専攻じゃないですし、ポップスは初めてで本当にゼロからでした。かなり追い詰められてまして、最初は泣きそうでした(笑)。
【中野】 言われたときは本当に嫌そうだったものね。でも凄かったよ。曲って作れるんだと思って。あの短期間でこの完成度で作れるというのは、子供のころからの音楽に携わってきた才能だなって思いました。
【生野陽子アナ】 感動しましたよね! ほんとに馴染む曲。しかもそれに歌詞が乗って“等身大”を映し出したみたいな曲だから、いろいろな人たちに共感してもらえたら嬉しいですね。
【加藤アナ】 曲を作る人から言わせると、今回の曲のコード進行はピアノをやっていた人ならではと言われました。難しい曲は作れないので、メロディも音符もすごくシンプルなんです。でも、その代わりみなさんに覚えていただきやすい曲になっていると思います。

――中野アナはソプラノサックス、生野アナはフルート、加藤アナはピアノと3人とも楽器経験があるんですよね? 今後は楽器展開の可能性もある?
【中野アナ】 実は最初にちょっとだけ話が上がったんですけど、すぐに立ち消えました(笑)。
【加藤アナ】 アピールするとすれば、この曲をピアノで弾くとオルゴール系の綺麗な印象になるんです。やわらかい音色を伴奏に、三重奏みたいにやってみたらいいんじゃないかと思いますね!
【中野アナ】 加藤アナの弾いたピアノのメロディーを聞くと、ずうずうしかもしれませんが木10枠のドラマとのコラボ挿入歌でもいけるかもって(笑)。野望は大きくです! でも楽器はちょっと自信ないし無理かなぁ・・・。

――2ndシングルでは槙原敬之さんとのコラボが話題を集めましたが、今後コラボしたいアーティストは?
【中野アナ】 “DREAMS COME TRUE”さん!
【生野アナ】 どうしよう……そんなこと考えたことなかったです。……あ! “安室奈美恵”さん!! ちょっとダンスなんかも取り入れて。
【加藤アナ】 無理ですよ! じゃあそのときは1人で踊ってくださいね(笑)。私は“いきものがかり”さんです。今回の新曲も、“いきものがかり”さんをイメージしながら書いたんですよ!
【中野アナ】 そんなことになったらすごく嬉しいよね! 槙原さんがライブでアリモニの歌を歌ってくれたとき、凄く感動したんです。何かサプライズが起こって“いきものががり”さんが歌ってくれたら感動して泣いてしまいそうです。

――ついにシングルも3枚目となり、今後はライブなどもやってみたいのでは?
【中野アナ】 前に彩さんと『お台場合衆国』で歌ったときに凄く嬉しかったんです。ステージに立っているときも『あぁ、私お客さんの前で歌ってる…』、『彩さんと2人でやってきたんだなぁ』とか、『私、結婚するの、いつ言おうかなぁ』とか(笑)、いろいろな思いが交差して泣けてきたんです。
【加藤アナ】 今はまだ走り続けてる最中なので、完走できたら皆さんにお披露目出来れば……。ある意味自分が客観的に見たときにすごく感動しそうですね。ここまで来れたんだって。

次のページへ 【中野アナはおせっかい!?】


PROFILE
PROFILE

「少しずつ 少しずつ」
Early Morning
2011年07月06日発売
ポニーキャニオン PCCA-03460
価格:1300円
タイアップ: CX系「アナ★バン!」エンディング・テーマ

PROFILE
PROFILE詳細 COMMUNITY
PROFILE詳細 COMMUNITY
PROFILE詳細 COMMUNITY
BACK NUMBER

Vol.20 松尾由美子、島本真衣、久冨慶子
 『仲良し“やじテレ3姉妹”がぶっちゃけトーク!?』(2013年08月16日)

Vol.19 本仮屋リイナ
 『“女優業”発言の真相を激白!』(2013年08月09日)

Vol.18 神谷文乃
 『岡山発 “地域密着型”女子アナ登場!!』(2013年04月17日)

Vol.17 繁田美貴
 『仕事が嫌だと思ったことは一度もありません』(2012年09月26日)

Vol.16 須黒清華
 『自分からも発信できるアナウンサーに』-(2012年09月19日)

Vol.15 松丸友紀×松本秀樹
 『映画化されるなんて、つくづくまさお君はすごい』(2012年06月20日)

Vol.14 秋元玲奈
 『アナウンサーになって性格が変わった新たな自分とたくさん出会っています』(2012年06月06日)

Vol.13 植田萌子&紺野あさ美
 『2年目のもえ×こん 苦楽をともにして深まる絆』(2012年05月23日)

Vol.12 竹内由恵
 『“Mステ”と共に歩んだ4年間』(2012年05月16日)

Vol.11 松丸友紀
 『一人っ子なので、弟妹のような感覚で愛犬と接しています』(2012年05月09日)

Vol.10 田中みな実
 『田中みな実のブリッ子は“素”か“キャラ”か!?』(2011年10月20日)

Vol.9 細貝沙羅&山崎夕貴
 『フジ人気女子アナ 魅惑のウェアで初体験!?』(2011年09月21日)

Vol.8 古谷有美&吉田明世
 『古谷有美アナ&吉田明世アナ TBS期待の新人女子アナが初登場!』(2011年07月06日)

特別編 Early Morning
 『Early Morning 新生アリモニ、働く女性の気持ちを歌う!』(2011年06月29日)

Vol.7 宇賀なつみ
 『宇賀なつみ 人気お天気アナ、来世は男性で決定!?』(2011年02月24日)

Vol.6 細貝沙羅
 『細貝沙羅 生真面目だけど、実はかなりの天然です!?』(2010年12月08日)

Vol.5 加藤真輝子
 『加藤真輝子 テレ朝次期エースアナは外見とは裏腹に“酒豪”です!』(2010年11月24日)

Vol.4 加藤綾子
 『加藤綾子 カトパン、アヤパン退社に思わず号泣!』(2010年11月17日)

Vol.3 枡田絵理奈
 『枡田絵理奈 スポーツ中継にかける熱い思い』(2010年11月02日)

Vol.2 大木優紀
 『大木優紀 『やじマル』メインMCに抜擢! “大木ちゃん”から“大木アナ”へ』(2010年10月27日)

Vol.1 生野陽子
 『偉大な先輩アナから受け継いだ“女子アナ魂”と“生野らしさ”』(2010年09月29日)

▲このページの最初に戻る