ORICON STYLE

Check 2010年12月04日
東京・秋葉原のAKB48、名古屋・栄のSKE48に続き、大阪・難波に誕生したNMB48。ついに2011年元日から劇場公演がスタートすることも決定した。平均年齢14才。先輩2グループに続き、そして、よりフレッシュな旋風に期待が高まる。どんな女の子たちが集まったのか、その素顔をクローズアップ!選抜メンバー6人のインタビューのほか、25人全員の個別インタビューと動画コメントを一挙大公開!!

ダンスと歌が好きでオーディションに

吉田朱里
山本 彩
小笠原茉由

―― NMB48のオーディションは、どんな経緯で受けたんですか?
【吉田朱里】 友だちに勧められました。学校に行っても、塾に行っても、ダンスのレッスンに行っても「あかりちゃん、受けたら?」って。自分でも小さい頃からダンスと歌が大好きで、“これは受けるしかない!”と思いました。
【山本 彩】 お母さんが雑誌でNMB48のオーディション情報を見つけてくれました。私も小学生の頃から歌とダンスを習っていたんですけど、AKB48さんやSKE48さんはアイドルだけでなく、女優さんやモデルさんとしても活躍されているじゃないですか。私もいろいろなことに挑戦したくて。
【小笠原茉由】 私は携帯でAKB48さんのニュースを検索していたら、「大阪・難波を拠点にアイドルグループ誕生」と出ていて。前にAKB48さんのイベントを観に行ったことがあって、会場の盛り上がりとキラキラさに圧倒されたんです。私もあんな風になりたいと思って応募しました。
【渡辺美優紀】 オーディションのことは、担任の先生やクラスの友だちが教えてくれました。小さい頃からアイドルが好きで、それがきっかけでダンスを習い始めて、のめり込んで6年。今までがんばってきたダンスをNMB48で生かしたい!と思ったのが受けた理由です。
【山田菜々】 私も小さい頃から“アイドルになりたい!”という夢だけは諦めきれずにいて。そしたら、親戚から「こういうオーディションがある」とメールが来ました。
【近藤里奈】 私もやっぱり、人前で歌ったり踊ったりすることがずっと好きだったんです。AKB48さんのめっちゃファンで、パソコンで動画を観ていたら、NMB48のオーディションのことが出てきました。お父さんに「自信持たな受からへん」といわれて、ずっと“受かる! 受かる!”と思ってたら、本当に受かりました(笑)。

―― 好きなアイドルもいました?
【小笠原】 渡辺麻友さんが大好きです!私もアニメが好きだから趣味が合うし、すごく可愛いなって(笑)。
【吉田】 私は板野友美さん!ずっと憧れています。可愛いし、オシャレだし。
【山本】 前田敦子さんのオーラがすごいと思います。私もいるだけで人を引き寄せるオーラを出せるようになれたら。
【渡辺】 AKB48さんやSKE48さんは皆さんすごくて、誰がいちばんとか決められません(笑)。先輩として皆さんが目標です
【近藤】 私も全員好きですけど、やっぱり前田敦子さんは憧れます。何をしても目立ちますよね。ドラマ『Q10』でも仕草とか全部可愛いくて。
【山田】 私はSKE48の松井玲奈さんが、雰囲気とか可愛いなって。一度あいさつさせていただいたら、すごく気さくな方で。私もああいう先輩になりたいと思いました。

今も思い出す 鳥肌が立った感動

―― 年明けからは劇場公演もスタートして、本格的な活動が始まりますが、オーディションからこれまでの段階でも、感動的なことや衝撃的なことはあったのでは?
【渡辺】 東京でのお披露目や、SKE48さんのコンサートに出させてもらったときは、緊張で脚の震えがステージでも止まりませんでした。でも、お客さんはAKB48さんやSKE48さんのファンの方なのに、私たちが出た瞬間に歓声をくださって。“温かいな”って鳥肌が立ちました。今も思い出すと感動がよみがえります。
【小笠原】 舞台裏で緊張している私たちを、AKB48さんやSKE48さんが「がんばってね。応援してるから」ってほぐしてくださったのも、すごく嬉しかったです。
【吉田】 私はオーディションの合格発表をいちばん覚えてます。“自分ってこんなに緊張するんや”と思って。お守りを握っていたんですけど、汗でグショグショ(笑)。合格と言われた瞬間、落としそうになりました。
【山本】 この前、東京で作っている制服の衣裳が間に合うか、間に合わないかギリギリだったとき、スタッフさんがわざわざ東京から車で運んでくれて。私たちのために、皆さんが体を張ってくれてることに感動しました。
【山田】 スタッフさんなしでは私たちはやっていけないので。支えてくださっていることへの感謝は、とくに最近すごくあります。
【近藤】 レッスンが長くなると、おにぎりを買ってきてくれたりもするし(笑)。

―― お弁当の時間のNMB48は、どんな感じでしょう?
【小笠原】 ガヤガヤして、うるさいぐらい?
【渡辺】 でも食べてるときは真剣で、シーンとなります。それから、取り合いをするんですよ(笑)。
【吉田】 余ったお弁当をじゃんけんで(笑)。「もう1コいる人?」みたいな。
【渡辺】 みんな「ハーイ!」って(笑)。

―― お弁当の2コめを?食べ盛りなんですね〜。
【小笠原】 手を挙げる子はだいたい決まっていますけど。門脇佳奈子ちゃんはすごいです。常にモグモグしています(笑)。
【渡辺】 私はお菓子をよく食べます(笑)。いろんな種類を、お菓子ポーチに入れて持ち歩いているので。
【吉田】 よく梅のお菓子の交換をしています。あと、私は焼きプリンが好き。
【近藤】 私はレッスン前は必ずコンビニに寄って、じゃがりこを買ってきます!
【小笠原】 NMB48はじゃがりこ率が高いですね。おいしいし、いろいろな味があるし、食感も良い(笑)!
【山本】 でも、この前スタッフさんに「お菓子を食べ過ぎないように!」と言われました(笑)。
【山田】 私はごはんもレッスン前に食べて、夜中には食べないようにしています。松井玲奈さんの細さを目指して(笑)。

(文:斉藤貴志/写真:逢坂 聡)

作詞家でもある秋元康氏が総合プロデューサーを務める、2010年10月9日より活動開始したアイドルグループ。東京・秋葉原のAKB48、名古屋・栄のSKE48に続く、全国進出第2弾として大阪に進出。大阪・難波の劇場を拠点に、歌とダンスとトークから構成される約2時間の公演を目指して、レッスンに励んでいる。コンセプトは、「会いにいけるアイドル」。メンバーは、応募総数7256名の第1期生オーディションから選ばれた研究生25人。

▲このページの最初に戻る