ORICON STYLE

2009年12月02日

BREAKERZ Special Interview

オレたちの思うロックバンドとしての存在の仕方

わかりやすい3人のキャラ!?

――1曲目の「THEME OF FIGHTERZ」から、ゲームのオープニングのような壮大さがありますよね。

【SHINPEI】 「NEXT LEVEL」につながる曲であることと、『FIGHTERZ』というアルバムのコンセプトもあったから、頭の中は『レッドクリフ』で戦いに行く人とか勇者たちの応援歌みたいなのが思い浮かんでいて・・・。そうしたらこういう感じにできちゃいました。

――3人とも曲を作るけど、キャラがわかりやすいですね。

【DAIGO】 わかりやすくなってきた(笑)。

――AKIHIDEくんは切ない曲担当だね。

【DAIGO】 あと凝ったやつね(笑)。
【AKIHIDE】 様式美とか・・・。なぜか自然とそうなりますね。

――DAIGOくんは「ぼくら」みたいにフォークな匂いのものも作れる。ポップだし。

【DAIGO】 そうすね。ポピュラリティーとかキャッチーなものが好きだし、大サビを作るのも好きだったりするし。

――SHINPEIくんはその2人にないところをちゃんと出している。

【SHINPEI】 オレはワイワイヤッホー系みたいな(笑)。2人の隙間を縫ってやっていきたいなぁと。

やり続けることの先にあるBREAKERZらしさ

――レコーディングはどうでしたか?

【AKIHIDE】 今回のレコーディングは時間的にタイトにはなったけど、そのなかで、これまで以上に妥協をしたくなくて。完成までいったけど、新しいアイディアが浮かんだからもう1回やってみようとか。まず否定をしないで試すっていうのがけっこうあって、作業時間を増やして、ギリギリまで良いものを作ろうというみんなの執念みたいなのがあったんですよ。

――試したということは、新しい武器も手に入ったと思う?

【AKIHIDE】 とくにDAIGOくんの歌詞の面での表現方法が突っ込んでいて、攻めてるなと。これは新しい武器になると思う。
【DAIGO】 それは、武道館っていうひとつのデカい夢を叶えて、ここから先、自分が表現したいことを考えたときに、より攻めてもいいかなぁと思って。1万人も観に来てくれて、それだけの仲間がいるわけだから、オレ自身、いろんな表現や言葉、テーマでチャレンジしてもいいかなって思って、羽ばたけた部分はありますよね。

――バンドとしても脂がのっている感じがすごく伝わりますよね。

【DAIGO】 必然的に、バンド自体もそうなっていますよね。バンドを組んだ初めのころは、個人個人がガンガン主張したいとか、ロックを打ち出したいってところもあったけど、いい意味で、BREAKERZ流のロックみたいなものを自分たちも少しずつ感じてきています。「ぼくら」みたいな曲も1stではできなかっただろうし・・・、「これはBREAKERZじゃねぇ」とかになっていたと思うんですよね。でも今だからこそ、こういうのもいいよねって思える。それは1曲1曲、作ってきた経緯があるからこそ、たどり着いた部分。ロックっていろんな定義があると思うけど、その人たちの生き様だったり、そういう部分が見えることが一番デカイと思うんです。BREAKERZはBREAKERZでしか歩んでいけない道があるから、そういう意味で突き進んで、やり続けることによってその先にBREAKERZらしさがあるのかなって。それがオレたちの思っているロックバンドとしての存在の仕方だと思っています。

(文:大橋美貴子)

RELEASE

FIGHTERZ【初回限定盤A】/BREAKERZ

FIGHTERZ【初回限定盤A】
BREAKERZ

発売日:2009/12/02 [アルバム] 価格:\3,990(税込)
ZAIN RECORDS 品番: ZACL-9036

CDを購入する(Amazon)このCDについて語ろう

FIGHTERZ【初回限定盤B】/BREAKERZ

FIGHTERZ【初回限定盤B】
BREAKERZ

発売日:2009/12/02 [アルバム] 価格:\3,990(税込)
ZAIN RECORDS 品番: ZACL-9037

CDを購入する(Amazon)

FIGHTERZ【通常盤】/BREAKERZ

FIGHTERZ【通常盤】
BREAKERZ

発売日:2009/12/02 [アルバム] 価格:\2,800(税込)
ZAIN RECORDS 品番: ZACL-9038

CDを購入する(Amazon)着うた配信

PROFILE

メンバーは、DAIGO(Vo、Cho)、AKIHIDE(G、Cho)、SHINPEI(G、Cho)の3名。
2007年4月、ソロプロジェクト『DAIGO☆STARDUST』を封印したDAIGOにより結成。
2007年7月25日、アルバム『BREAKERZ』でデビュー。
2008年11月26日、アルバム『BIG BANG!』をリリース。8位を獲得。
2009年2月18日、シングル「GRAND FINALE」をリリース。6位を獲得。
2009年4月8日、シングル「Everlasting Luv/BAMBINO〜バンビーノ〜」をリリース。2位を獲得。
2009年7月15日、シングル「光」をリリース。6位を獲得。
2009年11月4日、シングル「LOVE FIGHTER〜恋のバトル〜」をリリース。
2009年12月2日、アルバム『FIGHTERZ』をリリース。

  • OFFICIAL SITE
  • ARTIST PAGE
  • ARTIST COMMUNITY

【過去の特集&インタビュー】

■ライブレポート
  『デビュー2周年で悲願の初武道館ライブ!』(2009/07/29)
■シングル「世界は踊る/灼熱」
  『音楽への情熱が伝わる熱いロックナンバーが完成!』(2008/09/24)
■アルバム『CRASH&BUILD』インタビュー
  『5ヶ月という早さで2ndアルバムをリリースした彼らの挑戦とは!?』(2007/12/19)

⇒その他特集&インタビュー 一覧はこちら