ORICON STYLE

2008年11月05日
今年は“アジカン、やってるな”イヤー(笑)

――こんなにストレートなパワーポップ・アルバムって・・・。
【後藤正文(V&G)】 初めてですね。

――ですよね。「藤沢ルーザー」「鵠沼サーフ」などはもともと、シングルのカップリングでしたが。
【後藤】 そうですね。「このシリーズがいつか、1枚のアルバムになったらおもしろいな」なんて言ってたんですけど、早めにカタチにしたほうがいいって思っちゃって。曲がどんどん書けてるっていうのもあるし、今年はもう、2枚(アルバム『ワールド ワールド ワールド』、ミニアルバム『未だ見ぬ明日に』)出してるじゃないですか。そこでもう1枚リリースすれば、“アジカン、やってるな”イヤーに相応しいかなって(笑)。

――確かに今年は動いてますよね。『NANO-MUGEN FES.2008』もあったし。
【伊地知潔(Dr)】 「今年はリリースも多いし、忙しいでしょ?」って言われるんだけど、実はそういう感じはしてなくて。『ファンクラブ』(2006年リリースの3rdアルバム)からの2年間のほうが忙しかった気がするんですよね。ずっとスタジオに入って曲を作っていたし。
【後藤】 カンヅメになることが多かったよね。精神的なダメージも食らってたし、みんな暗い子だった気がする、今から思うと。最近のほうが明らかにテンション高いですからね。

――どうしてでしょうね?
【後藤】 よくわからんないけど、辛い作業をちゃんとやってきたっていうのはあるのかもしれないですね。新しいことをやっているかどうかよりも、“自分が持っているもので、どれだけポップなものができるか”っていうところに興味があったし。レコーディングも楽しかったですよ、それほど言い争いもなく(笑)。
【喜多建介(G)】 確かにスムーズでしたね。ギターのダビングにしても、普段だったら何度もやりたくなるタイプなんですよ、僕は。でも今回はそこまで凝らないようにしていて。
【後藤】 同じポップでも、方向性が違うというか。西海岸みたいな感じというか――まあ、僕らはもうちょっとジメっとしてるけど――とにかくヌケのいい感じでやりたかったから。

次のテーマは、いかに深刻にならず、新しいものを作っていけるか

――4人で音を出す、それ自体を楽しむというか。もしかしたら、バンド結成当初の感覚にも近いんじゃないですか?
【山田貴洋(B)】 大学生のころは、何か狙いを定めてやっていたわけじゃないですからね。そのころの雰囲気は少しあったかなって、個人的には思ったりもしました。
【後藤】 まあ、初期衝動はもうないですけどね(笑)。結成当初も、とりつかれたようにやっていたし。ライブのあと、マジメに反省会とかしてたんですよ。「建介も、もうちょっとステージで動いたほうがいいんじゃないか」とか。

――初々しいですねえ(笑)。このあとも、気持ちよく制作に取り組めそうですか?
【後藤】 それが次のテーマですね。いかに深刻にならず、新しいものを作っていけるかっていう。そこまで考え込まないで、“アジカン、新しい感じになってるな”って思ってもらえるような音楽がやれたらいいですね。

――期待してます。そして年末・年始はツアーですね!
【後藤】 はい。特に年末のツアーは、自分たちのなかで代表曲と思っている曲をどんどんやろうと思っていて。“2008年、アジカンはよく働いた”っていう、締めくくりにできたらなって。演奏時間も長くなりそうですね。
【伊地知】 走り込みして、体力をつけておきます(笑)。

(文:森朋之)
RELEASE
サーフ ブンガク カマクラ

サーフ ブンガク カマクラ
ASIAN KUNG-FU GENERATION
発売日:2008/11/05[アルバム]\3,059(税込)
キューンレコード KSCL-1310

PROFILE

後藤正文(Vo&G)、喜多建介(G&Vo)、山田貴洋(B&Vo)、伊地知潔(Dr)の4人組。
1996年、大学の音楽サークルにてASIAN KUNG-FU GENERATIONを結成。
2002年11月25日、ミニアルバム『崩壊アンプリファー』をリリース。
2003年11月19日、1stフルアルバム『君繋ファイブエム』をリリース。初登場5位を獲得。
2004年夏、全国各地のフェスに出演し、更に人気を高める。
2004年10月20日、アルバム『ソルファ』をリリース。2週連続1位を獲得。
2006年3月15日、アルバム『ファンクラブ』をリリース。
2006年7月5日、新曲「十二進法の夕景」を収録したコンピレーションアルバム『ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION 2006』をリリース。
2006年10月25日、アルバム『フィードバックファイル』をリリース。
2006年11月29日、シングル「或る街の群青」をリリース。
2007年11月7日、シングル「アフターダーク」をリリース。
2008年2月6日、シングル「転がる岩、君に朝が降る」をリリース。
2008年3月5日、アルバム『ワールド ワールド ワールド』をリリース。
2008年3月26日、DVD『映像作品集4巻』をリリース。
2008年6月11日、アルバム『未だ見ぬ明日に』をリリース。
2008年11月5日、アルバム『サーフ ブンガク カマクラ』をリリース。

石野卓球プロデュースでテクノに初挑戦