ORICON STYLE

2008年08月20日
Every Little Thing Special Interview 人気ドラマ『シバトラ』の主題歌!今の自分たちを表現した新曲に込めた思いとは?!
あたらしい日々 ArtistPage Official Site
今の自分たちを表現できた新曲

――まずは「あたらしい日々」のことから。ELTらしいポジティブ感に溢れた曲ですね。
【持田】 ドラマ『シバトラ』(CX系)の主題歌のお話をいただいてから制作に入ったんです。先方のスタッフからも「希望とか勇気が感じられる曲をお願いします」と言われていたので、聴いてくれる人の背中を押してあげられるようなものになったらいいなって。
【伊藤】 春のツアーが終わってすぐに制作に入ったから、気持ちを切り替えるはちょっと大変だったんですけどね。
【持田】 そう、3日くらいはダラダラしちゃいました。「(歌詞が)書けな〜い」とか言って(笑)。でも、ツアーを終えて、次に向おうとしている私たちのことも上手く反映できたと思います。
【伊藤】 ドラマの初回をスタジオで見ていたんですけど、ドラマを見ている人にもリンクできるし、今の自分たちも表現できてて。そのバランスはすごくいいと思います。


――<深い深い海の底 光を見失うことだって あるんだ>というフレーズもあって、それが楽曲全体のリアリティにつながっていると思いました。そういう状況のとき、おふたりはどう対処するんですか?
【持田】 私は性格上、すごく考えてしまうんですよ。そこで見えてくるものも、きっとあると思うので。

【伊藤】 近道とか解決策っていうのはないですよね。たとえば楽曲の制作に入っているときって、それがどんなにハッピーな曲だとしても、すごく悩んでしまうこともあって。でも、その時その時を一生懸命やるしかないっていう・・・そうやって日々、成長するんじゃないですか。
【持田】 ・・・うん。いいこと言う。

今年も気合を入れて走ってます

――そのテーマは「黄金の月」にも共通してるかも。<泣きそうになった 日もあったけど 歓びの歌は 聞えていたんだ>っていう。
【持田】 アスリートの方を応援する、っていうテーマがあったんですよ。一般の方から応援メッセージを募集して、それを読ませてもらったうえで歌詞を書いて。何かね、メッセージを読んでいるうちに、自分もがんばろうって気持ちになったんですよ。それを伝達するというか、歌詞として言葉にするっていう感じでした。

――これは作曲も持田さんですね。
【持田】 歌メロだけのデモをもとにして、東京事変の亀田誠治さんと一緒に作りました。ぜひ一緒にやりたかったし、イメージ以上の曲になったと思います。亀田さん、スタジオの中にいてもすごく目立つんですよ。私たちはわりと静かなほうなんだけど、亀田さんはずっと動いてる(笑)。
【伊藤】 ジャズベ(フェンダー社のジャズ・ベース)でグリグリ来る感じも久しぶりだったし、すごく楽しかったですね。ワンテイク録るたびに、汗だくになってたんですよ。そういうフィジカルな雰囲気は、サウンドにも出てるんじゃないかな。

――夏のイベントでも、ガッツリ盛り上がりそうですよね。9月17日にはライブDVD『Every Little Thing Concert Tour 2008“Door”』もリリースされるし、今年もノンストップで走ってますねえ。
【持田】 ねえ?みんな、タフですよね・・・。

――そんな、他人事みたいに(笑)。
【持田】 でも、“いっくん”なんて私より10才上なのに、大変だろうなって。・・・ごめんね、こんなこと言って(笑)。
【伊藤】 (笑)。大丈夫ですよ。ここはがんばるぞ!って気合を入れれば、乗り切れるもんです。

(文:森朋之)
RELEASE
あたらしい日々/黄金の月【初回限定盤DVD付】

あたらしい日々/黄金の月【初回限定盤DVD付】
Every Little Thing
発売日:2008/08/27[シングル]\1,680(税込)
エイベックス・トラックス AVCD-31463/B

あたらしい日々/黄金の月【通常盤】

あたらしい日々/黄金の月【通常盤】
Every Little Thing
発売日:2008/08/27[シングル]\1,050(税込)
エイベックス・トラックス AVCD-31464

CDを購入する(Amazon)
PROFILE

持田香織(Vo)、伊藤一朗(G)の2人組。
1996年8月7日、シングル「Feel My Heart」でデビュー。
1997年4月9日、1stアルバム『everlasting』をリリース。自身初の1位を獲得し、売り上げは200万枚を超える大ヒットを記録。以降、『eternity』『Many Pieces』『Every Best Single+3』『commonplace』で1位を獲得。
1997年12月31日、TBS系『第39回輝く!日本レコード大賞』で、優秀作品賞を受賞(受賞曲「Dear My Friend」)。
1998年2月11日、シングル「Time goes by」をリリース。シングルで初のミリオンセールスを記録。
1998年12月31日、TBS系『第40回輝く!日本レコード大賞』で、ベストアルバム賞を受賞(受賞作品は『Time to Destination』)。
2006年6月14日、シングル「ハイファイ メッセージ」をリリース。
2006年8月9日、アルバム『Crispy Park』をリリース。
2006年8月30日、シングル「スイミー」をリリース。
今年で、デビュー10周年を迎える。
2007年2月14日、アルバム『14 message〜every ballad songs 2〜』をリリース。
2007年8月8日、シングル「キラメキアワー」とDVD『Every Little Thing 10th Anniversary Special Live at Nippon Budokan』を同時リリース。
2007年10月31日、シングル「恋をしている/冬がはじまるよ feat.槇原敬之」をリリース。
2008年2月13日、シングル「サクラビト」をリリース。
2008年3月5日、アルバム『Door』をリリース。
2008年8月27日、シングル「あたらしい日々/黄金の月」をリリース。

石野卓球プロデュースでテクノに初挑戦