ORICON STYLE

2008年05月07日
Aqua Timez SPECIAL INTERVIEW
人気ドラマ『ごくせん』の主題歌!絆をテーマにした会心のアップチューン!!
疾走感とか明るさだけじゃなく、いろいろな表情を出せた
Aqua Timezの写真

──現在は5月30日まで続く『evergreen tour 2008』の真っ只中なわけですが。この新曲「虹」も、もう披露しているんですか?
【太志】 はい。リリース前から演っているから、まだ聴いたことがないはずなんだけれど、でも皆さん盛り上がってくれていますね。クラップの音に合わせて手を叩いてくれたりして、すごく会場全体がひとつになるっていうか。今までは僕らが煽って、お客さんを引っ張っていく感じだったんですけど、この「虹」はお客さんのほうが僕らの背中を押してくれるような印象があって。自然に一体感が生まれる曲なんだっていうことを演奏してみて知りました。

──4つ打ちビートの高揚感とバンドのパワフルな演奏が見事に組み合わさっているから自然にカラダが揺れるんでしょうね。
【TASSHI】 ここまでモロな4つ打ちって実は初めてなんですよ。4つ打ちって魅力的なビートなんですけど、でも中途半端な気持ちで手を出すと薄っぺらい曲になってしまう危険もあると思うんです。だから最初は少しだけ迷ったんですけど、でも太志が持ってきたサビに最も合うビートだったので、この方向で進めることにして。結果的には疾走感とか明るさだけじゃなく、いろいろな表情を出せたので、こうして4つ打ちに挑戦してよかったなって思っています。
【OKP‐STAR】 1曲を通して、ずっとキックが鳴ってるわけなんですけども。とはいってもAメロは打ち込みのキックの音だけだったり、そこにサビになると生のバスドラが加わったり、みたいな感じで緩急を付けることができて。そういうところは僕たちらしい仕上がりだなって言えると思います。
【大介】 ただ爽快に突き抜けるだけの曲にはしたくないっていう想いもあって。だから最初は難航しましたね。でも苦労しただけあって突き抜ける感じがありつつ、どっしりとした重みも表現できたので満足してます。やっぱり自分たちはロックが好きなんだ、ということも再確認できました。
【mayuko】 今までのAqua Timezのアップテンポの曲とは少し違うテイストなんですよ。だから私も最初は迷いました。迷いながらもアレンジをしていくなかで、だんだんメンバーそれぞれのフレーズがかたまっていって。そうしているうちにどんどん楽しく感じられるようになったんです。ライブで演奏していても、そういう楽しさっていうのはとても感じますし。お客さんも楽しんでくれていることが伝わってきますし。結果よかったなって思っています。

迷いながらでは歌えない歌詞だから、しっかり覚悟を決めて歌った

──言葉では簡単に“4つ打ちと生演奏の融合”なんて言うけど、そこには様々な試行錯誤があるんですね。で、そんなサウンドに乗せて放たれる歌詞が、また力強い!
【太志】 とにかく迷わずに・・・というか少しでも迷っていたら歌えないような言葉をたくさん書きました。最初から、いきなり<大丈夫だよ>って歌っていますからね。今までは順序立てて説明して、最後に<大丈夫だよ>だったんです。でも、今回は1行目から<大丈夫だよ>って言い切っている。これまでのAqua Timezの曲には、なかったことですよね。

──サビで繰り返される、その<大丈夫だよ>というフレーズは、ある意味では誤解を招く恐れのある言葉でもありますよね?
【太志】 そうですね。軽く聴こえたり無責任に響く危険も、すごくありますよね。でも、そういう誤解も承知のうえで使ったんです。

──危険を冒してまで<大丈夫だよ>と歌いたかった理由は?
【太志】 この言葉に自分が助けられてきたから、というのが一番大きな理由ですね。僕は友達とかが「大丈夫だよ」って言ってくれたことで救われた経験があって。それと同じように、この曲を聴いた人が誰かに「大丈夫だよ」って言うことで、その誰かが救われるかもしれない。そんなふうに広がっていったらいいな、と思います。

──太志さんのボーカルも、そういったサウンドや歌詞に負けないくらい力強い。
【太志】 迷いながらでは歌えない歌詞ですからね。だから、しっかり覚悟を決めて歌いました。

(文:大野貴史)
RELEASE


Aqua Timez
発売日:2008/05/08[シングル] 価格:\1,050(税込)
エピックレコードジャパン 品番:ESCL-3064

PROFILE

太志(Vo)、大介(G)、OKP-STAR(B)、mayuko(Key)、TASSHI(Dr)の5人組。
2003年に結成し、東京を中心にライブ活動を行う。
2005年8月24日、1stミニアルバム『空いっぱいに奏でる祈り』をリリース。同アルバム収録曲「等身大のラブソング」に注目が集まり、発売から約半年後、1位を獲得する。
2006年4月5日、ミニアルバム『七色の落書き』をリリース。
2006年7月5日、シングル「決意の朝に」(映画『ブレイブストーリー』主題歌)をリリース。
2006年11月22日、シングル「千の夜をこえて」(映画『劇場版 BLEACH MEMORIES OF NOBODY』)をリリース。
2006年12月6日、アルバム『風をあつめて』をリリース
2007年5月9日、シングル「しおり」をリリース。
2007年8月1日、シングル「ALONES」をリリース。
2007年10月31日、シングル「小さな掌」をリリース。
2007年11月21日、アルバム『ダレカの地上絵』をリリース。
2008年5月8日、シングル「虹」をリリース。