ORICON STYLE

2008年04月02日
スペシャルCMはこちら

あっという間の10年でした

――なんと10周年なんですね。
【aiko】
 早いですね。あっという間でした。デビューしたときは、10年後の自分が想像つかなかったし、どうなっているのか予想もできなかったんですよ。でも、振り返ってみたら、デビューしたのがこの前のような感じで(笑)。テレビ番組とかに出させていただいたときに、「今日の女性出演者のなかでは最年長ですね」って言われて、あ、結構時間が経ったのかしら?って、やっと思うんです(笑)。

――なんたって、今回でアルバムも、もう8枚目ですから(笑)。それにしても『秘密』は、本当に深みと味わいのある作品ですよね。思わず聴き入っちゃいましたよ。
【aiko】
 本当ですか?嬉しい。ありがとうございます。今回も作りたいと思っているかたちのアルバムができました。ただ、それは目標を決めて作るということではなくて、好きな曲、聴いてもらいたい曲、やりたい曲を選んでレコーディングする形なので、レコーディング中は、どういうアルバムになるか初めから見えているわけではないんです。特に今回は楽曲ごとにストーリーが完結している感じだったので、どうやってつなげよう?って思っていました。

――そう。今回は1曲1曲が濃いというか、それぞれの曲の色が鮮やかですよね。それは、やっぱり1曲1曲に対するaikoさんの想いが深いからでしょうか?
【aiko】
 そうなのかなぁと思うくらいで、私も何で今回こういう、また違った感じの曲が出来上がったのはわからないんですよ(笑)。でも、たぶん年を重ねたことだったり、昔はNOだと思っいてたことが、今はNOじゃないなって思えるようになっていたので、それが言葉に表れてきているのかな?って。だから、なんか自分ではこのアルバムに入っている1曲1曲は、私の心の底で、もう固まりになっているような気持ちをカリカリって剥いだり、人に言いたくないとか言えない陰な部分を曲にした感じがしたんですよ。それを表現するのは“秘密”っていう言葉だなって思ったので、このタイトルにしたんです。

曲の中にも秘密が隠されている

――アルバムの中に入っている「秘密」っていう曲から取ったわけじゃないんですか?
【aiko】
 そうなんです。曲の「秘密」は1年前くらいにレコーディングしてあったんですけど、特に今回のアルバムに入れるということは決まっていなかったんです。でも、アルバムを作っている中盤くらいから、ディレクターとの間で「『秘密』じゃない?」っていう話はありました。結果的に「秘密」も入れることができてよかったと思っています。

――確かに。この曲がアルバムの中盤をグッと締める感じがしますもんね。
【aiko】
 そう。ここからまた展開があるように、この場所に「秘密」を入れたので、そう言っていただけると嬉しいです。

――ああ、でもタイトルのいわれをそう説明されると、すごく納得します。いろんな“秘密”を、それぞれの曲でちょっとずつ出してる感じがしますもん。
【aiko】
 いくつになっても秘密はあって、誰しもが持つものですからね。もしかしたら一生言わない秘密もあるかもしれないですけど、少なくとも私は、こうやって自分が思ったことや感じたことを1個の曲にして残したり伝えていくことができる。それは、すごい幸せやなって思います。

(文:高橋栄理子)

Release

秘密【初回限定仕様盤】 秘密
aiko
発売日:2008/04/02[アルバム] 価格:\3,059(税込)
ポニーキャニオン 品番:PCCA-02666
CD購入(Amazon)
このCDについて語ろう!
【初回限定仕様盤】
秘密【通常仕様盤】
【通常仕様盤】
[収録曲]
01.You & Me both
02.二人
03.学校
04.キョウモハレ
05.横顔
06.秘密
07.ハルとアキ
08.星電話
09.恋道
10.星のない世界
11.シアワセ
12.ウミウサギ
13.約束

Profile

過去のインタビュー