ORICON STYLE

2007年09月19日

AAA

彼らの成長、今とこれからが見える最新作!

 
 

■PLAY MOVIE

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

   

■SPECIAL INTERVIEW
 『ATTACK』『ALL』とリリースし、三部作の最後となる『AROUND』が完成。これまでの成長と彼らの“今”を伝える部分もより濃厚なこの作品について、宇野実彩子、西島隆弘、日高光啓の3人に聞いた。

このアルバムは、自分たちの色が出ている

――3枚目のアルバム『AROUND』が完成しましたね。
【日高】 ここまでの3枚って、シングルありきのアルバム作りだったんですよ。だからシングル以外の曲は、シングルでやっていない曲をやろうって感じで作っていったんです。
【西島】 だからこの作品は結構あっという間にできました。

――そんなスムーズなレコーディングのなかで印象深かったのは?
【西島】 あえて言うならば「出逢いのチカラII」。『ATTACK』に収録されたものの続編って形でレコーディングをしたんですが、この曲をレコーディングしたときは、今作『AROUND』ができるまでの2年間で続編ができるくらいの時間が経っていて、作品も増えたんだなぁという思いが自分のなかに湧いてきました。
【宇野】 この曲の最後のフェイクのところは新たに2人で考えたんです。これまでアルバムを作ってきて、初期の頃は自分たち主導で作った作品は少ないんですけど、今回はどの曲も自分たちの意見をどんどん出して、フェイクやハモりを増やしたり、そういう作業をたくさんしました。そんな違いは歴然と出ているかなって。自分たちの色が出ています。

離れていてもメンバーみんなつながっている

――みんなも成長して、3枚目だからこそできたことだよね。
【西島】 成長って自分たちは気づかないんですよ。でも今年のa-nationで、僕らがステージに立ったときにタオルが回っている数がすごく多かった。周りの環境が変わって、ライブに来るお客さんが増えたり、チケットがソールドアウトになったり、そういう結果から“頑張ってきたのかな?”っていうのは少しわかって。それで、今年に入って「Getチュー!」からシングルがスタートして、いろいろやっていくなかで、このアルバムができたことで“成長したのかな?”って実感が湧きましたね。
【日高】 面白い具合に1枚目の処女作ならではのいびつさ、美しさから丸くなっていくのがわかると思うんです。アルバム3枚はオムニバスみたいにバラバラもいいところなんですが、通して聴いたらひとつの形になっているなぁと。

――「AROUD」で三部作最後ということは、気持的に一区切り?
【宇野】 この3枚で自己紹介って感じなんですよ。今度はそこから飛び出して、違うステップに、っていう感じですね。
【日高】 アルバムって1枚目が一番伝えたいことが言えているとかよく言うじゃないですか。でもAAAは3枚出してようやくレールを敷いた感じなんで、その1枚目すら出せていないんじゃないかと。やっとAAAが生まれましたって感じなんです。
【宇野】 そうだね。「最後のコトバ」のレコーディングではメンバーのスケジュールが合わなくて個別でレコーディングしたんですが、それでも呼吸が合っていて。やっとそんなグループになれたかなと思いました。
【日高】 離れていてもみんなつながっている(笑)。次の道も自ずとできている気がするので、次の一歩も考え込まないで踏み出せそうだし。
【西島】 いい意味で道はいっぱいある。3枚かけていっぱい道を作ってきたから、もう次の道もたくさん見えています。僕らも楽しみです。

(文:大橋美貴子)

 

■RELEASE

 

AROUND【CD+DVD】
AAA
2007/09/19[アルバム]
\3,800(税込)
エイベックス・トラックス
AVCD-23348/B


AROUND【CD】
AAA
2007/09/19[アルバム]
\3,059(税込)
エイベックス・トラックス
AVCD-23349


Red Soul【CD+DVD】
AAA
2007/09/19[シングル]
\1,890(税込)
エイベックス・トラックス
AVCD-31278/B

   
 

■PROFILE

西島隆弘、浦田直也、宇野実彩子、日高光啓、與真司郎、末吉秀太、伊藤千晃の7人組。
2005年9月14日、シングル「BLOOD on FIRE」でデビュー。初登場9位を獲得。
2005年12月31日、第47回『輝く!日本レコード大賞』で最優秀新人賞を受賞。
2006年1月1日、1stアルバム『ATTACK』をリリース。
2006年7月19日、男性メンバーのみで構成された“ソウルエッジボーイ”と女性メンバーのみで構成された“キモノジェットガール”で、両A面シングル「ソウルエッジボーイ/キモノジェットガール」をリリース。
2006年9月13日、ミニアルバム『ALL/2』、ライブDVD『2nd ATTACK at Zepp Tokyo on 29th of June 2006』を同時リリース。同日、デビュー1周年を記念したライブ『AAA 1st Anniversary Live 060913 〜3rd ATTACK〜』を日本武道館にて行う。
2007年1月1日、2ndアルバム『ALL』をリリース。
2007年2月7日、カバーアルバム『CCC〜CHALLENGE COVER COLLECTION〜』をリリース。
2007年3月10日、アルバム「alohAAA!」、AAA DEN-O formとしてシングル「Climax Jump」、FUKUOKA SoftBank HAWKS with AAAとしてシングル「いざゆけ若鷹軍団2007」、DVD『Channel@×AAA』を同時リリース。
2007年9月19日、アルバム『AROUND』シングル「Red Soul」を同時リリース。

 

【過去の特集】
■シングル「Get チュー!/SHEの事実」インタビュー
 『新しいモードがダイレクトに伝わる最新シングル!!』(2007/04/18)
■アルバム『ATTACK』インタビュー
 『新世代のノンジャンルパフォーマンス集団初登場!』(2005/12/28)