ORICON STYLE

2007年08月22日
中島美嘉 SPECIAL INTERVIEW
イジメに関わるすべての人に向けたメッセージソング
1. コメント映像
PLAY
2. PV「LIFE」
配信終了
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
 中島美嘉の新曲「LIFE」は、人気コミックを原作にしたCX系TVドラマ『ライフ』の主題歌としてオンエア中の話題のナンバー。社会問題となっているイジメを題材に、被害者と加害者、それに関わるすべての人に向けたメッセージソングだ。

デビューして初めて前髪を切った

――今回は、まずジャケット写真を見てびっくり。髪型も変わったしインパクトがありますね。

【中島美嘉】 前回までけっこうナチュラルなビジュアルだったので、今回はパキッとしたいなと思って。髪は、自分のテンションを上げたいのもあって、デビューして以来初めて前髪を切りました。それに、ジャケットがここまでアップの写真はこれが初めてですね。プロデューサーと“インパクトがほしいから何かアイディアが必要だね”と話して。インパクトを出すなら、思い切り引くか寄るかのどっちかだし、シンプルにインパクトを出すならこうだろう!って。

――イジメをテーマにしたドラマの主題歌という点でもインパクトは大きいですね。

【中島】 ドラマも見ましたけど、すごく面白かったですね。今回のお話があって、原作コミックを読ませていただいたらすごく面白くて、ドラマもそれと同じくらいに面白かったです。見応えもあったし。こういう作品には、なかなか出会えないと思いますね。

――ドラマ『ライフ』の主題歌に決まったというお話を最初に聞いたときはどう思いましたか?
【中島】 きっと、取材でイジメについていっぱい聞かれるんだろうなと思いましたね(笑)。それで、私がいつもお話しているのは、それをイジメととらえるか、ケンカととらえるかの違いがあると思うっていうことですね。私の場合、たとえ何か言われても言い返すか、相手にしないっていう感じで。‥そういうタイプだったのでケンカで終わっていましたね。でも、そうできない人だったとしたら、そこからイジメに発展してしまうんだろうなって。だから、ちょっとした勇気があれば良いのにとは思うんですけど。でも、きっと難しい問題でしょうね。あとは、だれか自分を理解してくれる人が側にいてくれるかどうか、ということかなと思います。

良いものは良いと素直に言える人でありたい!

――イジメの被害者と加害者の両者に対して、ひとつの曲でメッセージを伝えるのは、きっと簡単ではなかったですよね。
【中島】 
そうですね。だから、あまり考えすぎないようにしようと思ったんです。中高生くらいの年代って、大人から何を言われても素直に聞き入れないところがあると思うんですよ。きっと、大人たちに自分たちの気持ちなんかわからないと思ったり・・・。だから、いつものように真剣に取り組む、そういう姿勢でいいんじゃないかと思ってやりました。大変だったのは、メロディーが急に高くなったり低くなったりするので、そこが難しかったですね。あとは、レコーディングがツアー中だったので、ノドの調子を整えるのに時間がかかりました。

――今回の作詞は、高柳恋さんとヒロイズムさんの共作。最初にこの詞を読んで感じたこと、グッときた部分はありましたか?
【中島】 良い詞だなって思いました。イジメをやっているとわかっている加害者の気持ち、イジメられてつらいという被害者の気持ち、どちらも入っているんですよね。あと、私は2番の歌詞<ねえ>からのくだりが好きですね。<綺麗なものを「きれい」と言えたらいいのに>というフレーズがあって、これは偶然にも私がいつも思っていることと同じなんです。例えばこの音楽の世界でいうと、いろんな人がいて、好きな人もいれば嫌いな人もいる。でも、そういうことを抜きにして、良い歌を歌っている人に対しては、良いと言いたい。良いものは良いって素直に言える人でありたいんです。

――歌詞に<生きるために 生きていくの>とありますが。生きるって何でしょう?
【中島】 うーん、何でしょうね。わからないです(笑)。確かにすごく不思議に思うことがありますよね、今のこの現実がすべて夢なんじゃないかって。でも、せっかく生きているんだから、前向きに楽しく生きたいとは思いますね。
(文:榑林史章)
RELEASE

LIFE
中島美嘉
2007/08/22[シングル]
\1,223(税込)
ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
AICL-1852
CDを購入する(Amazon)
CX系ドラマ『ライフ』主題歌
カネボウ化粧品『KATE』CMソング
PRESENT

中島美嘉のサイン入りポラを2名様に、タンブラーを1名様に抽選でプレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ
PROFILE
1983年2月19日生まれ、鹿児島県出身。
2001年10月、全国ネットドラマ『傷だらけのラブソング』のヒロインに大抜擢。
2001年11月7日、同ドラマ主題歌「STARS」でデビュー。
2002年8月28日、1stアルバム『TRUE』をリリース。ミリオンヒットとなる。
2003年11月6日、アルバム『LOVE』をリリース。150万枚を超える大ヒットとなる。
2005年3月9日、アルバム『MUSIC』をリリース。初登場1位を獲得。
2005年8月31日、NANA starring MIKA NAKASHIMAとしてシングル「GLAMOROUS SKY」をリリース。2週連続1位を獲得。“NANA”が社会現象となる。
2005年12月7日、初のベストアルバム『BEST』をリリース。ミリオンヒットを記録。
2006年6月7日、初のチャリティーシングル「ALL HANDS TOGETHER」をリリース。
2006年11月29日、NANA starring MIKA NAKASHIMAとしてシングル「一色」をリリース。
2006年12月13日、NANA starring MIKA NAKASHIMAとしてアルバム『THE END』をリリース。
2007年2月21日、シングル「見えない星」をリリース。
2007年3月14日、アルバム『YES』をリリース。
2007年8月22日、シングル「LIFE」をリリース。。
オフィシャルサイト
【過去の特集】
■アルバム『YES』インタビュー
  『豪華アーティストが多数参加したアルバムについて語る!』(2007/03/14)
■シングル「見えない星」インタビュー
  『新曲は、久しぶりのバラードソング!!』(2007/02/21)
■NANA starring MIKA NAKASHIMAアルバム『THE END』インタビュー
 『NANAとして最初で最後のフルアルバムに迫る!』(2006/12/13)
■NANA starring MIKA NAKASHIMAシングル「一色」インタビュー
 『個性を出して歌うことを意識した映画『NANA2』主題歌!』(2006/11/29)
■シングル「MY SUGAR CAT」インタビュー
 『好きな人の前では変わる!?キュートでフェミニンな新曲を語る!』(2006/07/26)
■シングル「ALL HANDS TOGETHER」インタビュー
 『初のチャリティ・シングルとなったソウルフルな新曲とは?』(2006/05/31)
■シングル「CRY NO MORE」インタビュー
 『自分なりの色を感じて聴いてもらえたら嬉しい』(2006/02/22)
■アルバム『BEST』インタビュー
 『これが私の「AMAZING GRACE」です』(2005/12/07)