ORICON STYLE

2007年08月08日
宇多田ヒカル Special Interview
“エヴァ”のテーマソングを作ろうと思って完成させた曲
Play Movie 1. PV「Kiss & Cry」
配信終了
2. PV「Beautiful World」
配信終了
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』テーマソング「Beautiful World」と日清カップヌードルTVCM FREEDOMシリーズの新テーマソング「Kiss & Cry」を収録した最新シングルを8月29日にリリースする。それに先駆け「Kiss & Cry」のPVを大公開!話題の新曲をいち早くチェックしよう!!

どうすれば宇多田ヒカルらしい作品になるのかなんて意識しない

宇多田ヒカルの写真1  宇多田ヒカルの2007年第2弾シングル「Beautiful World/Kiss & Cry」は、彼女にとって11thシングル「SAKURAドロップス/Letters」以来、約5年ぶりの両A面シングルになる。

「「Beautiful World」(『エヴァンゲリオン新劇場版:序』テーマソング)は、いつ頃作ったのか時間的な感覚がわからなくて忘れちゃったんだけど、(前奏の部分の)最初のところまでは作っていた曲だったの。で、(タイアップの)話がきたときにアップテンポなものをっていう要望もあったから、あれがピッタリじゃん!って思って、そこから完成させた曲だったんだよね」

 その最初に作った部分にある<It's only love>という言葉は、エヴァンゲリオンのテーマソング依頼がくる前にあったにも関わらず、エヴァンゲリオンの核にあるテーマと重なり合っていたのだから、彼女にテーマソングの依頼が来たのは赤い糸に引き寄せられるように、何かの縁があったとしか思えない。ただ、もともと“エヴァ・ファン”でもある彼女にとって「Beautiful World」は、“エヴァ”のことをよく知っているから、影響されないわけがないっていう意味で、宇多田ヒカルの新曲というよりは、アニソンぽいのかなっていう意識もあるようだ。けれども、この曲はやはり宇多田ヒカルから生まれた新しい曲という事実にまちがいはない。

「まぁ、この曲に限らず何をどうすれば宇多田ヒカルらしい作品になるとか、宇多田ヒカルっぽい歌いまわしになるのかって意識をしていないし、私らしくないっていうのもよくわかんない。ただ、この曲に関しては“エヴァ”のテーマソングを作ろうと思って完成させたっていう曲。だから、(映画を)観るまでは達成感がないんだよね」

子供の頃からフィギュアスケートが好きだった

 多くの根強いファンを持つ、圧倒的な存在感がある『エヴァンゲリオン』と宇多田ヒカルとの出会い。この「Beautiful World」は、その出会いが大きなきっかけとなって宇多田ヒカルにしか作れないテーマソングが生まれたと同時に、宇多田ヒカルにとっても大好きな『エヴァンゲリオン』を意識して作ったという制作過程は新しい経験になったのだろう。

 「Kiss & Cry」は、アルバム『ULTRA BLUE』に収録されていた「This Is Love」に引きつづき、日清カップヌードル FREEDOMシリーズのTVCM新テーマソングになっているあの曲だ。

「これも時間の感覚がぜんぜんわかんなくていつ作ったか覚えてないんだけど(苦笑)、「Flavor of Life」を作ったあとだと思う。なんかノリのいい曲を作りたくて、ただそれだけで作り出したの。“Kiss & Cry”っていうのはフィギュアスケートを好きな人じゃないとあまり知らないかもしれないんだけれど、選手が演技を終えたあとに採点を待っている場所のことなんだよね。私は子供の頃からフィギュアスケートが好きだったから(あの場所の名称を)知ってたいけど、日本の(TVの)放送でも言ってたよ。キャッチーで語呂がいいよね」

 選手たちが競技の採点がでた瞬間に声を上げて泣き出したり、喜びを体いっぱいに表現したり、キスや抱ようをしたり。「そんな感情の爆発を人目もはばからずにできる状況っていいよなって思って、そういう歌を作りたかったんだ」と作った「Kiss & Cry」は、自分の感情を思いっきり正直に吐き出そうよ!と、言ってくれているような歌になった。

「でもね、笑い飛ばして頑張れとかあきらめないでっていう歌詞があっても、それを応援ソングとしてとらえるかどうかは聴いてくれた人の自由じゃない?ま、応援ソングって言ってもね、何が応援ソングで何が応援ソングじゃないかっていうものの差が、私はよくわかんないんだけどさ」
(文:松浦靖恵)
Release
Beautiful World/Kiss & Cry
宇多田ヒカル
2007/08/29[シングル]
\1,260(税込)
EMIミュージック・ジャパン
TOCT-40120
CDを購入する(Amazon)
着うた(R)配信
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』テーマソング
日清カップヌードルTVCM FREEDOMシリーズ新テーマソング

Profile
1983年1月19日、ニューヨーク生まれ。
1998年12月9日、シングル「Automatic/time will tell」でデビュー。FM局を中心に火が付き一躍話題になり、発売7週目で2位を獲得。
1999年2月17日、シングル「Movin' on without you」をリリース。
1999年3月10日、1stアルバム『First Love』をリリース。2週連続1位を獲得。また800万枚という驚異的なセールスを記録し、この年の『第32回日本レコードセールス大賞』を受賞。
2004年4月、シングル「誰かの願いが叶うころ」(4月21日)、アルバム『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1』(3月31日)と合わせて、初の2週連続シングル・アルバム同時1位獲得。
2004年10月5日、“Utada”としてアルバム『EXODUS(エキソドス)』でIsland Recordsより全米デビュー。
2005年9月28日、シングル「Be My Last」をリリース。初登場1位を獲得。
2005年12月14日、シングル「Passion」をリリース。
2006年2月22日、シングル「Keep Tryin'」をリリース。
2006年6月14日、シングル「ULTRA BLUE」をリリース。
2006年9月27日、DVD『UTADA HIKARU SINGLE CLIP COLLECTION VOL.4』をリリース。
2006年11月22日、シングル「ぼくはくま」をリリース。
2007年2月28日、シングル「Flavor Of Life」をリリース。
2007年8月29日、シングル「Beautiful World/Kiss & Cry」をリリース。
オフィシャルサイト