ORICON STYLE

2007年01月10日
BoA  Special Interview
ありのまま今のBoAが詰まった最新アルバム!!
1. コメント映像 PLAY
2. PV「Winter Love」 配信終了
PLAY MOVIE
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
20才を迎えたBoAが、ありのままのナチュラルな自分を、よりフェミニンに表現したアルバム『MADE IN TWENTY(20)』。いつになっても、やっぱり“ただ歌っていることが好きなだけ”という気持ちはずっと10代の頃から変わらないようです。

リラックスして聴いてもらえるアルバムにしたい

――2006年はいろんな形のライブを体験しましたね。オーディエンスを近くに感じる機会も多かったんじゃないですか?
【BoA】 『ap bank fes'06』には出演すること自体がすごく嬉しかったし、新しい経験でしたね。でもやっぱり『BoA THE LIVE』が一番印象的ではあります。ライブハウスは初めてでしたが、近い距離で皆さんにお会いできて、もっと仲よくなれた感じがしたし、ファンとにもっと分かり合えた感じがして、“ライブハウスってこんなに楽しいんだ!”ってことを知りました。

――アルバムはそんな経験の中で作っていったんですよね。出来上がってみて、いかがですか?
【BoA】 今のありのままの自分が表現できていると思いましたね。曲を聴いて歌詞の世界観を感じたまま無理せずに歌えたので、よりナチュラルなアルバムになったと思います。

――やわらかさがありますよね。ちょっと大人になった分のセクシーさと・・・。
【BoA】 え、それ、嬉しいですね(笑)。

――全体的に優しい雰囲気のアルバムだと思いましたよ。
【BoA】 リラックスして聴いてもらえるアルバムにしたいという気持ちがあったので、それに対する完成度は高いんじゃないかな。

――歌の内容がロストラブソングだったり、以前はあまりなかったテーマが増えましたね。
【BoA】 やっと歌えるようになりました(笑)。まぁ、前から失恋の悲しい感じの歌は、個人的に好きだったんですよ。だからずっと歌ってみたいとは思っていたんですけど、10代の頃はまだ説得力があまりなかったんですよね。20才になった今、歌うことが出来てちょうどよかったんだと思います。12月にクリスマスライブをやったときに久しぶりに「JUWEL SONG」を歌ったんですけど、みなさんから以前よりも今のBoAに似合ってると聞いて、やっぱり歌う人の年齢も関係あるんだなぁって。

――その中でもBoAちゃんも作詞・作曲に参加した「no more make me sick」は、曲の雰囲気も歌詞も新しい。
【BoA】 こういうミディアムテンポでリズムがあってコーラス中心で動く曲は、個人的に好きで、初めてプロツールスで作ってみたんです。いい経験でしたね。歌詞はストレートにズバリと言ってる感じでいきたいなと思ってたんです。

――“これ以上私を悩ませないで!”みたいな感じですね。
【BoA】 洋楽の訳詞みたいな感じでしょ?私の中では、この曲で1度ブレイクしてほしいという気持ちでアルバムの真ん中に入れたんですよ。

20才へと踏み出す私へのメッセージ

――ブレイクしてますね。次の「Revolution-CODE 1986-1105 Feat. RAH-D」からまたカッコいいムードになりますからね。この1986というのはBoAちゃんの生まれた年ですね?
【BoA】 そうなんです。カッコいいタイトルでしょ?歌詞をもらったときに、20才へと踏み出す私へのメッセージかな?と思ったんですよ。それで“歌いたい”って気持ちが大きくなったんです。

――歌詞にもありますが、生まれ変わりました?
【BoA】 まだタマゴの中にいる感じです(笑)。

――新しい経験しました?
【BoA】 ライブの打ち上げで、生ビールを注文してみました(笑)。なんか、やっちゃいけないことをしているような罪悪感みたいなワクワク感がありました。

――(笑)。
【BoA】 でもね、ウチの両親は“まだ10代じゃなかったっけ?”と言ってましたね(笑)。子供は幾つになっても子供という、親の感覚みたいですよ。私も親の前では自然とワガママになっちゃうしね。

――「OUR LOVE〜to my parents〜」は、ご両親へ感謝の気持ちのメッセージですね。
【BoA】 デビュー前は両親のありがたさがわからなくて、離れて初めて気がついたんです。デビューしてからずっと思っていたことではあるんですよ。いつか親に対する気持ちを伝えられる年になったら歌ってみたいって。今度、韓国語に訳して聴かせてあげたいです。

――歌をプレゼントできるって素敵ですよね。
【BoA】 そうですねぇ・・・(照)。

――あれ?恥ずかしい?
【BoA】 はい(笑)!

――いつか好きな人ができたら、歌で気持ちを伝えるとか。
【BoA】 それはないですかね(笑)!

――BoAらしい答え、ありがとうございました(笑)。
(文:三沢千晶)
Release
MADE IN TWENTY(20)【DVD+CD】
BoA
2007/01/17[アルバム]
\3,990(税込)
エイベックス・トラックス
AVCD-23153/B
CDを購入する
MADE IN TWENTY(20)【CD】
BoA
2007/01/17[アルバム]
\3,059(税込)
エイベックス・トラックス
AVCD-23154
CDを購入する
Present
BoAのサイン入りポラを抽選で2名様にプレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ
Profile
2001年5月30日、シングル「ID; Peace B」でデビュー。
2002年3月13日、アルバム『LISTEN TO MY HEART』をリリース。初の1位を獲得。
2003年8月27日、アルバム『Next World』をリリース。
2004年1月15日、アルバム『LOVE&HONESTY』をリリース。1位を獲得。
2005年2月2日、初のベストアルバム『BEST OF SOUL』『BEST OF SOUL-PERFECT EDITION-』をリリース。1位を獲得。
2006年2月15日、アルバム『OUTGROW』をリリース。
2006年4月5日、シングル「七色の明日 〜brand new beat〜/Your Color」をリリース。
2006年8月9日、シングル「KEY OF HEART/DOTCH」をリリース。
2006年11月1日、シングル「Winter Love」をリリース。
2007年1月17日、アルバム『MADE IN TWENTY(20)』をリリース。
オフィシャルサイト
【過去の特集】
■シングル「抱きしめる」インタビュー
『スーパーダンスチューンで華麗なダンスを披露!』(2005/11/22)
■シングル「make a secret」インタビュー
『自分の魂を入れなきゃっていう意識が、強くなってきた』(2005/08/31)