ORICON STYLE

2006年01月25日
第二期東京事変、成熟のサウンド 新作『大人(アダルト)』発売

 見てはいけない、しかし、どうしても見てみたい大人の世界が展開される東京事変のセカンド・アルバム『大人(アダルト)』がここに完成!メンバー・チェンジを経て、体制が一新されたバンドの中心で、椎名林檎は何を考え、作品制作に臨んだのか?出来上がった傑作アルバムを前に彼女が大いに語る。

前回は“教育チャンネル”、今回は“アダルト・チャンネル”

 前任ギタリスト/キーボーディストの脱退、そして、浮雲と伊澤一葉という新ギタリスト、新キーボーディストの加入という激震を経て、第2期を迎えた5人組バンド、東京事変。昨年11月に新体制のお披露目シングル「修羅場」をリリースした彼らが、いよいよニュー・アルバム『大人(アダルト)』を発表する。意味深なアルバム・タイトルが付けられた作品について、ソングライターの椎名林檎は語る。
「前回は“教育チャンネル”でしたけど、今回は“アダルト・チャンネル”。脱ぐことを頑張ったというか、より恥ずかしいポーズを取りました、みたいな感じ。だから、見ちゃいけないものですよ。ホテルのペイ・チャンネル、子供の手が届かない、それを見るには勇気もいるものですよね。今回はタイトル通り、耳の肥えた人に届くものであることが、はっきりと1曲目から分からなければいけないし、聴き進むにつれて、それが深まっていかなければいけないっていう。それは言葉もそういうものをちゃんと書いたつもりだし、音もリンクしていなければいけないし、それはビジュアルにも言えることです」
成熟したバンドの姿を伝えるというテーマが掲げられた本作は、1曲目の「秘密」からして、ダイナミックなバンド・サウンドは転調し、スウィングするピアノが楽曲を一気に洗練させてゆく。
「ファーストは甘やかされて作って、セカンドは怒られて作った、みたいな。ただ、前回と今回では、全く違うバンドですよね。あと、前回の時は新しいリスナーの方が多かったらしいんですけど、それまで聴いてくださっていた方に対しても意外とキャッチーな作品じゃなかったというか、賛否を分けやすいものかどうかっていう点において、いまいち分かりづらいものだったんだろうな、と。そのことは、作っている時には分からなかったことなんですけど、今はそう思うんです」

先にヘア・ヌードを撮っちゃった、みたいな、ね(笑)

 そんな反省の言葉を口にしてしまえる程に、このアルバムでの彼らは輪郭のはっきりしたポップな作風へと針を振り切っている。と、同時に本作の11曲は今まで伏せられていた椎名林檎、そしてバンドの秘密を明らかにすることに。
「詞世界はいつも脱いでいるつもりなんですけど、ミュージシャンって自分の音楽体験を知られたがらないし、私も恥ずかしいから、ついおちゃらけてしまうっていう。ただし、以前リリースした、カバー集『唄ひ手冥利』で、脱いでいる方ではあると思うんですけど、あのアルバムで選んだ曲たちが好きな私の部分って、オリジナルにはあまり投影されてないような気がしていて。そういう部分をおちゃらけず、真顔でやったのは、このアルバムが初めてじゃないかしら」
前作以上に、緻密に編み上げられたバンド・アンサンブルは、ロック、ジャズ、ソウル/ファンク、ボサノバ、歌謡曲といった彼女のルーツ音楽を明らかにしながら、それらを2006年仕様に新しく響かせている。古きに学び、新しきを知ったアルバムは、彼らが持てる全てを注ぎ込んだ傑作アルバムだ。
「これ以上、私的な部分を投影していくことは難しいと思うんです。ここまではなかなか出来ないだろうし、今まで知り得ていること、感じ得たことを統括しちゃった感じがしてて、それを発表したら、もう、最後というか、自分を苦しめることになるな、と。常に前作を超えなければならないので、このアルバムは後にリリースすれば良かったとすら思います。先にヘア・ヌードを撮っちゃった、みたいな、ね(笑)」

(文:小野田雄)

COMMENT&PV
PLAY MOVIE

1. コメント映像

PLAY

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

RELEASE

大人(アダルト) 【初回生産限定盤】
東京事変
2006/01/25[アルバム]
東芝EMI
\3,800(税込)
TOCT-25884
CDを購入する

大人(アダルト) 【通常盤】
東京事変
2006/01/25[アルバム]
\3,059(税込)
TOCT-25885
CDを購入する

【楽曲情報】
01. 秘密
02. 喧嘩上等
03. 化粧直し
04. スーパースター
05. 修羅場
06. 雪国

07. 歌舞伎
08. ブラックアウト
09. 黄昏泣き
10. 透明人間
11. 手紙
LIVE INFORMATION
【東京事変 DOMESTIC! Virgin LINE】
日 程
会 場
開場 / 開演
お問合せ
2月19日(日) 日本武道館 18:00 / 19:00 SOGO 03-3405-9999
2月21日(火) 大阪城ホール 18:00 / 19:00 夢番地大阪 06-6341-3525

初全国ツアー【東京事変 "DOMESTIC!" Just can't help it.】
日 程
会 場
開場 / 開演
お問合せ
4月7日(金) 鎌倉芸術館大ホール 18:00 / 19:00 SOGO 03-3405-9999
4月9日(日) 北海道厚生年金会館 17:30 / 18:30 WESS 011-614-9999
4月13日(木) 大宮ソニックシティ大ホール 18:00 / 19:00 SOGO 03-3405-9999
4月14日(金) 新潟県民会館 18:00 / 19:00 FOB新潟 025-229-5000
4月18日(火) 仙台サンプラザホール 18:00 / 19:00 GIP 022-222-9999
4月19日(水) 盛岡市民文化ホール 18:00 / 19:00 GIP 022-222-9999
4月24日(月)、25日(火) 福岡サンパレス 18:00 / 19:00 BEA 092-712-4221
4月27日(木) 倉敷市民会館 18:00 / 19:00 夢番地岡山 086-231-3531
4月29日(土・祝) 広島厚生年金会館 17:30 / 18:30 夢番地広島 082-249-3571
4月30日(日) 京都会館第一ホール 18:00 / 19:00 夢番地大阪 06-6341-3525
5月8日(月) 富山オーバード・ホール 18:00 / 19:00 FOB企画 076-232-2424
5月10日(水)、11日(木) 名古屋センチュリーホール 18:00 / 19:00 サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
5月16日(火) 静岡市民文化会館 18:00 / 19:00 サンデーフォーク静岡 054-284-9999
5月18日(木) 松山市民会館 18:00 / 19:00 デューク松山 089-947-3535
5月20日(土) 大阪・フェスティバルホール 18:00 / 19:00 夢番地大阪 06-6341-3525
5月21日(日) 大阪・フェスティバルホール 17:30 / 18:30 夢番地大阪 06-6341-3525
5月25日(木)、26日(金) NHKホール 18:00 / 19:00 SOGO 03-3405-9999
5月30日(火) 沖縄コンベンション劇場 18:00 / 19:00 PM AGENCY 098-898-1331
PROFILE

2003年結成。当初のメンバーは、椎名林檎(シイナリンゴ/声弦)、刄田綴色(ハタトシキ/太鼓)、亀田誠治(カメダセイジ/四弦)、H是都M(エイチ ゼット エム/鍵盤)、晝海幹音(ヒラマミキオ/六弦)の5名。同年の椎名林檎実演ツアー『雙六エクスタシー』で初お披露目。
2004年5月、本格的活動を表明。
2004年9月8日、シングル「群青日和」でデビューし初登場2位を獲得。続いてリリースされた2ndシングル「遭難」、1stアルバム『教育』も初登場2位を獲得。
2004年12月8日、DVD『tokyo incidents vol.1』をリリース。初登場5位を獲得。
2005年7月、晝海幹音とH是都Mが脱退。
2005年7月13日にDVD『Dynamite in』を、8月17日にDVD『Dynamite out』をリリース。共に初登場2位を獲得。
2005年9月、新メンバー発表。椎名林檎(Vo)、亀田誠治(B)、刄田綴色(Dr)、浮雲(G)、伊澤一葉(key)の5名で第2期東京事変始動。
2005年11月2日、シングル「修羅場」をリリース。初登場5位を獲得。
2006年1月25日、ニューアルバム『大人(アダルト)』をリリース。オフィシャルサイト

・過去の特集  東京事変『新生事変の幕開けは、女の闘いが人気のドラマ主題歌!』(11/02)