ORICON STYLE

2009年09月30日
独占公開!『THE GAME〜Boy’s Film Show〜』メイキング&イベント舞台裏
三浦春馬、佐藤健、神木隆之介らアミューズの若手イケメン俳優総勢39人が競演する、超豪華オリジナル・ショートフィルムの上映イベント『THE GAME〜Boy’sFilm Show〜』が、東京・中野サンプラザと渋谷C.C.レモンホールで開催された。そのなかでは、舞台裏を含むこのイベントの模様と、ショートフィルムを収録したDVDの発売も発表され、佐藤らが登場したトークショーは盛大な盛り上がりをみせた!!
and more
観客を楽しませるエンターテインメント

 多数の応募者のなかから、抽選によるプレミアチケットを手にした人だけが参加できるというHOTなイベント『THE GAME〜Boy’sFilm Show〜』。取材した初日の19時の回は、小学生から年配者まで、右も左も上も下も見渡す限り、女子で埋め尽くされていた。総勢約2000名、満員御礼の会場は上映前から熱気でムンムン。上映前に楽屋で待機する俳優たちからのメッセージが流されると、待ちかねたように黄色い歓声が上がった!

 三浦&佐藤が銀座の街を駆け回るオープニングのほか、5編のショートフィルムからなる本イベント。男だらけのクラスに女子転校生がやってくる!? というウワサから、妄想と興奮に包まれた男子高校生36人の青春群像劇『オセロ』や、男のなかの男を競う、男子高校生たちの頂点決戦が繰り広げられる『キュンファイDEATHマッチ』など、イケメンたちの贅沢な競演に、客席からは「カッコいい〜!」「健〜」などの嬌声が飛び交う。ファンのハートをわし掴みにする仕掛けが随所に用意されたこのイベントには“まず観客を楽しませる”というエンターテインメントの極意が息づいている。

 上映後は「アフターGAME」と銘打ち、10人の俳優たちが観客席側の両扉から次々と登場。観客と握手を交わしながら、舞台に上がるサプライズな演出に、オーディエンスの興奮は最高潮に達した。

 そして、まずは10人の挨拶&映画の制作秘話トークからスタート。そこで佐藤が6作品全てに出演していることが明かされるが、「わかった人〜?」との問いかけには威勢良く手が挙がる(さすが!)。また『オセロ』での役作りについて訊かれた神木は、「実は“エナミカズキ”という名前だったんですよ。そこからヒントを得ました。わかった人〜?」と会場に問いかけ、一斉に手が挙がる様子に「こういうイベントは初めてで緊張していたんですけど・・・楽しいっ!」と満面の笑顔で、会場の女子を悩殺した。

「みなさん、愛しています!」(佐藤健)

 その後、俳優たちと一緒にゲーム・コーナーへ突入。まずは柳澤貴彦がダンスマスターとなっての「みんなとぼくらは一心同体LIVE」ゲーム。ラジオ体操や“変なおじさん”ダンスをはじめ、佐藤が出演するCM『LOTTE Fit's』ダンスまで、ステージと客席が一体になって踊る。さらにウェーブが会場を包み込み、元気良くジャンプでフィニッシュ。続く「トリビア○×クイズ」では、俳優たちのプライベートに関するマニアックな珍問&難問にオーディエンスが挑戦。10問目まで見事に勝ち残った7人には、イベントに出席した俳優10人との握手と、10人分のサイン入り!超レアなクリアファイルが贈られた。

 クライマックスは、ショートフィルム『人生のゲーム』の劇中で賀来賢人と桜田通が歌っている「明日への旅人」を、阪本奨悟のギターにのせて、みんなで合唱。「ホントに君は目がキラキラしていてズルいよね(笑)」と佐藤に絡まれながら、演奏を終えた阪本にも温かな拍手が。最後は再び10人の挨拶で締められた。

 冒頭で「(舞台の大阪公演のために本イベントに出席できなかった)春馬の穴を埋めたい」とコメントした佐藤は、自身が演じた役柄“強引スギル”のセリフを引用し「みなさん、愛しています!」とウィンク(感激のあまり、目がウルウルしている女子も多数!)。公演終了時刻ギリギリまでステージを走り回り、ファンとの別れを惜しむ、さわやかイケメンたちのもてなし(神木&阪本の「大好きだよーっ!」という去り際の絶叫にシビれた)、いや愛情にたっぷり満たされたのだろう。公演終了後、帰途につく女子たちの笑顔は実にかわいらしかった♪

(文:方丈そら)

『THE GAME 〜Boy’s Film Show〜』
12月20日発売 ローソンとアスマートでの限定発売商品
豪華スペシャルDVD-BOX 7,140円(税込)【ローソンにて10月12日まで予約受付中】
通常版 5,040円(税込)
発売・販売元:アミューズソフトエンタテインメント
公式サイト:http://www.amuse-s-e.co.jp/the_game/
(C)2009Amuse/Atmovie

▲このページの最初に戻る